« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

2007、J1第8節、VS浦和@カシマ①

まだあまり多くを書き気にはならないので、一応①としました。②があるかは分かりませんが。

昨日の試合、試合そのものは、「あーあー、負けてしまったか」です。

正直、柳沢がいればなあってシーンが多々ありましたね。

彼一人に責任を押し付けるのは酷ですが、コウロキが2回あった決定機を外したのが全てでしょうか。

やはり、スコアは0-1の惜敗ですが、この差が今の鹿島と浦和の決定的な差なんでしょうね。

横浜FC戦、清水戦とダニーロの好転の兆しを言い続けました。

しかし、昨日の試合では、どこにいたのか全然分かりません。試合から消えてましたね。

連勝していた間の内容、昨日の負けてけど試合内容は、開幕時より、2か月でだいぶよくなったと思います。

でも、やはりチーム全体として、何かが足りないです。

1回、3-0とか、何かきっかけをつかめれば、何か変われると思うんですけど。

去年も、ナビスコ前後の、弱い時期、天皇杯で格下チーム相手に4-0で勝ってから全てが変わりました。

チーム全体が何かに取り付かれているような、今の鹿島。

はやく大きなきっかけを手にして欲しいです。

昨日の試合内容そのもには別に文句はありません。でも、もう1/4が終わろうとしています。

今のJでは浦和・G大阪・川崎が3強なのは間違いないでしょう。

もう負けは許されません、前半残り10節、少しでも差を詰めて、後半への巻き返しの体勢を整えましょう。

もちろん次の味スタも行きます!常勝へのきっかけを探しに。

紙吹雪の件はまたの機会に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

2007、J1第7節、VS清水@日本平、レポ

初めて行った、日本平。パルちゃんが何をしてくれるのか楽しみにしながら。

スポンサーの紹介では、色々なポーズしてました、そのスポンサーにあわせて。

ふと気づくと、ピッチにスタンドマイクが3本。

もしや?と思いきや、やはりあの曲のショーでした。

Dsc00991

さて、試合のほうですが、前半はほとんど清水ペース。

決定的なチャンスを幾度も作られるが、最近絶好調の曽ヶ端の好セーブと、

相手の決定力不足に助けられ、なんとか無失点に。

その後、待望の瞬間がやってくるわけです。

あえてここから書きますが、ダニーロ→野沢と渡り、うまい飛び出しを見せた柳が、

これまた絶妙なトラップを見せ、先制点をたたき出しました。

前回の横浜戦辺りからダニーロが少なくとも悪いプレーをすることが減ったと感じていたんですが、

この試合も、最低限の仕事はしたのではないでしょうか?

しかも、守備はきついといわれるダニーロですが、この試合に関しては何度も献身的な守備を見せてくれたように思います。

さて、試合はその後市川のアンラッキーな同点弾が決まりましたが、前半は1-1で終了。

そういえば、ハーフタイムクイズ。今日の相手は「○○トリニータ」ってどんな間違いよ?

選手の呼び間違えは、難しい漢字は許せるけど、(岩崎とかは論外ですが)

チーム名間違いは前代未聞だろ。

さて後半は、前半とは変わり、清水も疲れたのか、鹿島ペース。

後半開始直後、マルキから柳への完璧なコンビネーションが見せた追加点を、

幾度も迎えたセットプレーもしっかり守りきり、2-1でめでたく勝利しました。

前半は芝の影響か、曽ヶ端・青木を中心に、すべってピンチを迎えるシーンが何度かありましたが、

後半はそれもありませんでした。正直、この清水に勝てたのは、自信になると思います。

野沢もこの試合で60分まで出場時間を延ばしたので、浦和戦は90分近く出れるでしょう。

このままの勢いで、是非浦和も撃破して欲しいところです!。

さて、本来これは土曜の夜に書いているものなので、柳の全治3ヶ月の骨折、

岩政の鼻骨折全治6週間には別の機会で触れる予定です。

ちなみに、これは柳が2点目を決めた直後なんですが、得点ははっきりとは読めないですね。

Dsc00992

----------------

しかおフラグ探しています。詳細はhttp://antlers-kashima.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_1ee1.htmlを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

3連勝!勢い継続、いざ浦和へ!

試合のレポは今晩にでも書きます。

ちょっと乗ってきたとはいえ、最近負けないとはいえ、まだ清水戦はきついかな?というのが観戦前の本音。

そんなことはおかまいなしに、当然清水まで行くわけですが。

試合開始前のパルちゃんショーは、マイク3本でまさか?とおもいきや、予想はビンゴ!

何だったかというと、答えは夜のレポの中で。

先週の横浜FCのスタメン紹介の間違いっぷりはひどかったですが、昨日のハーフタイムクイズの間違いはもっとひどかったですね。

さて、けが人ですが、自分の想像範囲内の情報を。

・柳沢・・・びっこひいてましたが、試合後の会見は元気そう。関さんの骨は大丈夫そうというちょっと安心できるコメントが。

最近はチームのエースとして、みんな大絶賛。ここでの離脱は困ります。軽症で、再度鹿島の浦和戦でゴールを。

・田代・・・浦和戦には合流出来そうとの話が。これで柳の不測の事態も問題なしか?

・ファボン・・・昨日もチームには帯同していたそうです。オフィシャルにも情報が出ないところを見ると、軽症でしょう。

・岩政・・・現地観戦では何も分からず。BSの放送をチェックしたところ、頭から落ちているので、軽い脳震盪ではないでしょうか?

ちょっと目がうつろでしたが、担架には自分で乗っています。問題ないと思います。

FW・・・マルキーニョス、柳沢、田代、興梠がいる!

DF・・・岩政、ファボン、大岩、青木がいる!

と、メンバー的にはポジティブに考えます。さあ、次は浦和戦。勝てば勝ち点差はたったの3!

出だしこそ遅れましたが、態勢は整ったぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

探しています、しかおフラッグ。

最近スタジアムで、切に旗を振りたいと願うようになりました。

で、今はもう手に入らない、2つのフラッグを探しています。

譲っていただける方、入手可能な方法をご存知の方は、是非教えてください。

よろしくお願いします。

まず、こちらのフラッグ。

Dsc00982

クラブハウスに行くと、1つだけ飾ってあるのですが、もちろん完売のため、購入は出来ず。

もし発売されていたのがいつだったのかとかの情報でもいいので、是非お願いします。

そしてもうひとつがこちら。

Dsc00983

昔ながらのフラッグで、中にしかおが。下には画像では隠れてますが、サッシメーカーのスポンサーが。

今までスタジアムに行くと、必ず1本だけみかけたので、スポンサーからもらった人が持ってるのかなと。

しかも、同一人物を毎回見てるのかと思ったんですが、日産には少なくとも6本確認できました。

こちらについても譲っていただける方、入手方法についての情報を持っているか方いましたら、

是非情報をよろしくおねがいします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

ファンタジーサッカー、第6節結果報告

第5節の結果報告、第6節のメンバーを更新しなかったので、全部一気に。

第6節結果

システム4-5-1

GK 曽ヶ端(鹿島) 11fp

DF 内田(鹿島) 10fp

  ファボン(鹿島、C) 8fp×2

  大井(磐田) 8fp

  竹内(名古屋) 5fp

MF 中後(鹿島) 4fp

  山岸(千葉) 6fp

  ポンテ(浦和) 5fp

  安田(G大阪) 4fp

  金(名古屋) 5fp

FW  ウェズレイ(広島) 15fp

Total 91fp   節順位 7971/99590 トップリーグ 4319/7736  年間  14553/101203  でした。

結構トップリーグ内の順位も上がってきましたが、まだ残留ラインには33fpの開きがあります。

2節の間で、縮まったのはせいぜい5fp。いやあ、本当に残留は厳しいです。

鹿島が上昇気流に乗れば、自分も、なんて思ってます。

一応、第5節の結果も報告しておきます。

システムは3-5-2

GK 曽ヶ端(鹿島) 9fp

DF 内田(鹿島) 7fp

  児玉(清水) 7fp

  蔵川(柏) 10fp

MF 枝村(清水) 9fp

  中後(鹿島) 6fp

  山根(柏) 5fp

  兵働(清水) 9fp

  大谷(柏) 10fp

FW マルキーニョス(鹿島) 3fp

   菅沼(柏、C) 4×2fp

Total 838fp   節順位 147373/97980 トップリーグ 5043/7739  年間  20326  でした。

3チームのみで構成、全チームが無失点であったため、DF系は高得点でしたが、FWが外れてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

2007、J1第6節、VS横浜FC@日産、レポ

Dsc00980

行ってきました、日産スタジアム。勿論リーグ初勝利を見届けるために。

サブの発表。そう、チーム合流が伝えられていた、われらが野沢の名前がついに出ました。

Dsc00978

さて、試合ですが、あれ?これいままでの鹿島?という試合内容に思えました。

横浜FCも3連敗中で、決して強豪ではありませんが、それを差し引いても、見ててフラストレーションは溜まらず。

とにかくゴールのにおいがしない試合が続いていたのですが、今日はちゃんとするじゃないですか。

ナビスコの名古屋戦もTV観戦でしたが、結果論的になんとか2点入った感じ。

ところが、今日はマルキにいつもの決定力があれば、4,5点は入ってるような内容。

前線で相手のDFを振り切るパスワークが何度も続いてました。

柳が本山のスルーに抜け出てシュートを打つってのも、ゴールが決まったのは3回目。

あのコンビが今まで皆無に等しかったのに、今日はいい感じでした。

その前の岩「崎」のバー直撃ミドルも、そんなこと出来るんだって感じでした。

マルキの持ちすぎが気になることもありませんでした。

家帰ってTVも見ましたが、金田のダニーロ批判相当でしたね。

でも、今日の試合、ダニーロ悪かったですか?確かに、トップ下に求められる、突破の怖さはないです。

無難なプレーを選択していたのも事実です。でも、決して足は引っ張ってないと思うんですけど。

野沢が先発に復帰して、そのコンビとか見てみたいと思うんですけど、こんな自分はあまちゃんですか?

Dsc00979

ハーフタイムでアップ中の野沢のはずです。

で、後半は前半とは変わり、横浜に押される場面も増えましたが、カズのフリーになった場面以外は、

DFもしっかり対応できていたのではないでしょうか?

Dsc00977

後半30分、ついにその時が来ました、野沢の開幕戦。

見せ場はありませんでしたが、鹿島ファンにとって、ピッチに立ってくれただけで今日は十分です。

そういえば、最近お決まりのパターン、柳→「ころき」の交代が今日もありました。

神戸戦のときのように、ペナルティーエリア内に突進するいい場面がありました。

これも前回同様、しっかりボールに行ったDFの勝ちですが、彼のドリブルはいい!

鹿島がもう少し調子よければ、ナビスコカップでスタメン出場もあったと思うんですけど、残念。

もう少し長い時間みたいですね。

さて、今日の結論ですが、

・相手が弱めとはいえ、強いときの鹿島を思い出せる、華麗なパスワークが今年の試合の中ではベスト。

・リーグ2試合連続完封は、これまた相手に恵まれたとはいえ、Good。

・柳の気迫はさすがキャプテン。得点、動き、マルキへの3回以上演出した決定機はGood。

・そしてやはり今期初勝利&野沢復帰は◎!!。

今日の試合は、文句はありません、ナビと連勝したので、少しは勢いがつくでしょうか。

次節は好調清水。その後に控えるはあの浦和レッズ。真価が問われますね。

G大阪にも土が着き、名古屋はリーグ2連敗、ナビも含めると3連敗。

混戦必死のJ1リーグ、巻き返すには十分時間はありますぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月 8日 (日)

2007、J1第5節、VS大宮@カシマ

レポするきになれないので、しません。

大宮、相手も相当重症なようで、後半、曽け端がナイスセーブしたあのシーン以外、

失点の香りはありませんでした。

鹿島は柳沢にしろ、マルキーニョスにしろ、増田にしろ、フリーで打ったヘディング、

これだけで3点は取れたはずなのに、枠に行ったシュートは0です。

13本打っても、4本しか枠に行かなければ点にはなりません。

何が悪いのかすらもう分かりません。

まだ追いつけない勝ち点差ではありません、それは事実。

でも、今のままの鹿島では、もっと点差が開くのもまた事実。

監督解任とか言う人もいますが、別に監督だけが悪いわけではないと思います。

ダニーロが悪いという人もいます。試合を見てて、ダニーロが必ずしも悪とは思えないシーンでも、

またダニーロだよって雰囲気あります。冷静に見たとき、本当にそれはダニーロだけのミスですか?

何かチームがちぐはぐしてるせいで、応援してるほうも、なにかに責任を押し付けようとしてません?

何か一つが悪いわけじゃないです、全部が悪いんです。

カシマでは勝てない名古屋、蓋を開けてみたらJ1では通用しないザル守備の横浜FCと

挽回するには十分なチャンスが与えられてます。もう一度、栄光を。

名古屋はナビスコは捨ててる感もあるので、勝機は十分あります。

応援はやめません、「勇気と自信を持って!」アントラーズ、大好きです。

好きだからブーイングもします。でも、最後は応援に報いてください。

早々と今年のタイトルチャンスは11月からってのはイヤです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

ファンタジーサッカー、第5節スタメン

今から鹿島に向かうので、簡略。

鹿島:曽ヶ端、内田、中後、マルキーニョス

清水:児玉、枝村、兵働

柏:蔵川、山根、大谷、菅沼(C)

サブ:横浜FCより小村、小野、和田

以上です。凄い偏りました。他のカードは接戦かなと。

鹿島、頼むよ、初勝利!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

ファンタジーサッカー、第4節結果報告

結果の前に軽く一言。

多くの方がblogで悲観的なことを書いています。自分も同じ気持ちです。

懲りずに今週も2時間かけて鹿島に行きます。

これ以上サポーターを悲しませないでください。

やるだけやった敗戦ならいいです。気の無いプレーはやめてください。

お金と時間を使った価値があったと思わせてください。お願いします。

大宮戦、前売り10000枚しか売れてません。みなさん、スタジアムで彼らを鼓舞しましょうよ。

さて、結果です。失敗は横浜Mで入れ続けてきた田中・山瀬をはずしてしまったこと。

あとは新潟で勝てないのを知らずに、川崎から2人入れてしまったこと。

これを逆にしてれば100超えたのに。あ、でも横浜Mを入れる勇気は無かったかな。

結果です。システムは4-5-1

GK 曽ヶ端(鹿島) 7fp

DF 内田(鹿島) 5fp

  シジクレイ(大阪) 8fp

  蔵川(柏) 11fp

  竹内(名古屋) 8fp

MF本田(名古屋、C) 9fp×2

  山根(柏) 6fp

  橋本(大阪) 5fp

  マギヌン(川崎) 1fp

  村上(川崎) 3fp

FW 菅沼(柏) 14fp

Total 88fp   節順位 10570/86180 トップリーグ 5646/7739  年間  25224/97101  でした。

トップリーグ残留が2500位と考えると、現在fp287は、325fpに38fp足りません。

前回は46fp足なかったので、8fpだけ詰めた計算になります。

今回はなかなかの好結果だと思ったんですが、トップリーグはさすがに厳しいですね。

もう少しなんとか詰めましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

2007、J1第4節、VS神戸@ホムスタ、レポ

Dsc00960

行ってまいりました、神戸まで。今年初のリーグ勝利を見届けるために。

ゴール裏は比較的サポ少な目でしたね。さすがに関西まで来ると、減るのでしょうか?

まあフクアリの倍以上のキャパがあるのも、そう思う一因でしょうか。

Dsc00961

スタメンはまあいつもどおりですね。ただ、この後、審判の発表時、鹿島ファンとしては

当然嫌な予感が、田代の足を川崎のGKがつかんでいたあのシーンと一緒に浮かんでくるわけですが。

Dsc00962

そしていざピッチへ。

神戸の感想ですが、ワールドカップで2試合ここで見ているんですが、昨日はなんか見難く感じました。

ピッチが近いのはいいことなんですが、角度の無い部分で見ていたせいか、ホーム側のゴール前まで行くと、

遠近感がつかめないんですよね。ダニーロのボレーも、よく分からずにサイドへ出てました。

遠征で、今日の夕方帰宅のため、多くの方が既にblogを書いていており、それを大まかに一通り読んで見ました。

まあ、みなさんの感想はだいたい似ていますね、だって自分だって同じ事思ってますもん。

今回は箇条書きで書いてみます。

・ダニーロのボレー、柳がいい浮き玉を出しましたね。よく考えると、まだゴールこそありませんが、

 ダニーロは1試合に1回は決まってもいいようなシチュエーションのシュートがあります。

 あとは結果が出れば流れが変わるのではないでしょうか。

 ずっと見ていると、やはり時たま見せる、華麗な足技はさすがと思えます。

 しかし、プロとは思えないパスミス・空振りが多いのもまた事実。ダニーロを使い続けるのは厳しいという意見も多いです。

 自分もそう思いたくなることが多々ありますが、フィットすれば相当怖いとい思いがあるので、もう少し我慢したいと思います。

・曽我端はなかなかいいセーブを見せてました。前半の決定機を足で防いだのはいいですね。

 あのバウンドがそのままゴールにはいりそうなときはちょっとヒヤッとしました。

 PKは手のひらが50cm上なら弾けてましたね。次も頼むぜ、守護神。

・そしていくら見てみ、どのチャンネルの解説聞いても、あのPKは違う!

 やはり岡田の名前で思った嫌な予感は的中。笛なったとき、神戸ファンだって喜ばなかった。

 すなわち、誰一人として、新井場のファールとは思っていないって事。

 自分はよく分かりませんでしたが、この後、比較的鹿島よりのお詫びジャッジに変わったそうな。

 その結果生まれたのがファボンのミラクルFK!あの瞬間は絶叫しました。

 NHKの放送を見ると、中後の側によって、ファボンが「俺がける」ってアピってますね。

 これでまた鹿島の武器が一つ増えました。あの距離でファボンが蹴れるってことは、

 敵からすれば気をつけないといけないポイントが増えること、いいことです。

Dsc00963

後半開始。この段階では、2点くらい入らないかなあって期待していたわけですが。

・後半は神戸のチャンスらしいチャンスは1.2回だけで、ほぼ鹿島ペース。

・しかし、相変わらずパスが回り、期待できそうな展開どまりで、ゴールの予感がしない。

・本山は2度続けてビッグチャンスをホームランに。せめて枠にお願いします。

・何故か左サイドにいた篤人がゴールまで一人で行ったのはナイス。

 シュートまで行くのもいいけど、あそこはパスでもよかったのかも。

・興梠のドリブルはすばらしい。今後に大いに期待できます。しかも試合終了後のコメント、君を好きになりました。

 与えられた時間が短くとも、その中で結果を出すことが求められている、それを理解しているすばらしさ。

 そのハングリー精神が、チームのレベルアップには必要。君を益々応援したくなりました。

・問題のPKもらえたんじゃないか?のシーン。DFはしっかりボールに行ってるし、興梠の足には当たってません。

 あれをPKとるほうが、審判としてのレベルが疑われるのでは?と思います。

 でも、鹿島戦では彼を2度と主審にしないで欲しいという思いは変わらず。

こんな感じです。これからはリーグ未勝利のチーム2連戦、カシマでは負けしか知らない名古屋戦と、

3連勝が求められる3連戦です。是非リーグ初勝利&2節残してナビスコDグループ首位に!

ナビスコは2位で予選突破すると、もれなくACLチームとの戦いなので、是非首位突破を。

野沢はボールを使った練習再開しているそうです。鹿島の春がいよいよ始まる!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »