« 2007、J1第8節、VS浦和@カシマ① | トップページ | 2007、J1第9節、VSFC東京@味の素スタジアム »

2007年5月 3日 (木)

2007、J1第8節、VS浦和@カシマ②

今度は、鹿島の応援にスポットをあてて少し書いてみようと思います。

まず、紙吹雪ですが、自分は紙吹雪を楽しみにしている人間です。

特に、ゴール後の紙吹雪は爽快な気分になります。

ただ、やはり今回の大量作戦は失敗だったんでしょうね。

他のblogで、計画した側のにとのコメントも見ました。

開始直前に変わった風向きのせいで、予想外の展開になったと。

本来、紙吹雪の大半はサイドスタンドからバックスタンド側に流れていくそうです。

確かに、大量の紙吹雪が、風に乗ってバックスタンド側の際に流れていくのを見ました。

誰もこのような迷惑行為になってしまうとは思って無かったってことですね。

自分の記憶だと、去年の鹿島最終戦、名古屋との天皇杯のときから大量紙吹雪は企画されていたように思います。

ただ天皇杯は雨で、07シーズンも浦和戦までに鹿島開催がナビ含めて5試合、そのうち天気がよかったのは大宮戦のみで、

他の4試合は全て雨でした。燃える浦和戦まで延期になってしまっていた、というのも事態が収集が着かなくなった一因では無いでしょうか。

自分は、何度も鹿島で紙吹雪を見ています。トイレットペーパーが投げられるのみ見ています。

確かになくてもいいものなのは事実ですが、選手に迷惑をかけず、秩序が守られれば、賛成です。

今回の一件で、実行側も色々考えることが出来たと思います。

是非、今回の一件によって、好転することを祈っています。

さて、肝心の応援ですが、なんかいつもよりちぐはぐだったような気がします。

浦和の応援ばかりが聞こえ、いざ自分が声を出そうにも、微妙なずれがあり、どの声にあわせればいいのかも分からず。

浦和の応援に対抗することが主たる目的になってしまい、いつもの応援が出来てなかった気がします。

スタジアムの雰囲気がなんかレッズのホームになりかかってたような感じでした。

レッズを意識するのは分かりますが、もう少し、ホームチームらしくどっしりかまえてればなって思うんですが、

やはりIN FIGHTの内部から言えば、全然違った見解があるんでしょう。

ちなみに、MAX VOLUME Ⅱを歌い終わったとき、「なんでいつもは2番も歌うのに、今日は歌わないの?」といってる方を見ました。

なんか、07シーズンは、ホームではほとんど1番のみで、アウェイのときのほうがフルコーラスで歌ってる気がするんですが、

どうでしょう?そうだとしたらなぜなんでしょうかね?明らかに2番はホーム時用なんですけど。

さて、明日(今日)はFC東京戦。もちろん味スタ行きますよ!

なんか鹿島がスタメンをいじるのでは?というニュアンスの記事がありましたね。

マルキの相方が田代?興梠?ついにダニーロが外れる?ファボンの復帰は?

GKが曽ヶ端ではなく杉山との噂?などなど、いつもと少し違った鹿島が見れそうです。

東京もなかなか調子が上がってませんが、ここのところ、とりあえず守備は安定しているそうで、

似たもの同士、ロースコアな展開になりそうです。

しかし!ここで大量得点でホーム横浜戦への弾みを!田代の復活弾で、柳ショックの払拭を!と期待しております。

明日は鹿島側の2階席は開放されないそうなので、是非みんなで、1階席に赤いゾーンを作りましょう。

|

« 2007、J1第8節、VS浦和@カシマ① | トップページ | 2007、J1第9節、VSFC東京@味の素スタジアム »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。blog読ませていただきましたが
一つだけ言わせていただきます。

>他のblogで、計画した側のにとのコメントも見ました。
>開始直前に変わった風向きのせいで、予想外の展開になったと。

これはでっちあげの言い訳です。選手入場前にフライングでいくらかの紙ふぶきが巻かれましたそのほとんどは風に乗りピッチの方へ、これは私が自分の目で確認しましたし、映像としても残っています。

この時点で中止にするべきだったと思います。
確実に企画者の判断ミスだと言い切ってよいと思います。

投稿: kaco | 2007年5月 3日 (木) 05時13分

kacoさん、コメントありがとうございます。
この件に関して、思うことは色々あると思います。
言い訳はいくらでも後からつけれますが、それが言い訳なのか、事実なのかは、当の本人にしか判断できません。
私の見た、計画者の言葉では、風向きを見て、自分の分はやめたが、既に配り終えた分の収集はつけれなかった、
という内容でした。多分同じものを読んでいるのだと思います。
結果は既にみなが知るところであり、それはどうこう言っても変わらない事実です。
でも、これを教訓にして、次に生かせればそれでいいのではないでしょうか?
企画者の判断ミスは間違いありませんし、当事者もそれは認めています。
過ぎたことに重きを置くのではなく、次に生かす方法を考えることに重きを置きましょう。
重要なのは言い分ではなく、次に生かされるかどうかです。

投稿: たろろん | 2007年5月 4日 (金) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/6285796

この記事へのトラックバック一覧です: 2007、J1第8節、VS浦和@カシマ②:

« 2007、J1第8節、VS浦和@カシマ① | トップページ | 2007、J1第9節、VSFC東京@味の素スタジアム »