« 強い鹿島が帰ってきた! | トップページ | 2007、J1第18節、VSFC東京M@カシマ »

2007年6月25日 (月)

2007、J1第17節、VS名古屋@カシマ、レポ

雨の中、当然行ってまいりました、カシマへ。

日立台には「日立台では負けません」のゲーフラが。

それを見事に打ち破ってあげたわけですが、今度は逆にこちらが打ち破られないよな?と少し不安になりながらも、

いやいや、そんなはずはない、鹿島は勝つ!と信じ観戦に。

前半は一体なんだったんでしょう?ここ数試合、前半はグダグタ気味の試合が多いのはなででしょうか?

今年は比較的立ち上がりのいい試合が多かったと思うんですが、6月以降は入り方悪いですね。

増田も試合から消えるし、マルキもなぜか孤立気味。あまり良い予感はしないまま前半終了。

しかし!後半立ち上がりから広島戦の時のように、急にカシマペースに。

後半開始4分間でシュート4本。急に得点のにおいが。

青木は立て続けにいい場面を作りましたね。マンオブ泰人のコーナーでは久々にシュートといってましたが、

結構観客席一直線シュートを見てる気がするのは気のせい?

最初の切り返しのほうは、意外と技術があるなと思わせてくれました。あれを決めて欲しかった。

そして時間は流れ、柏戦の再現のようなシーンが、後半20分に。

前半消えてた増田が、非常に大きな仕事をしてくれました。

楢崎とポストの間に丁度ボール1個分のスペース、ここ以外にないというコースで見事ゴール!

これまた観戦位置の問題で、ゴールを確認するのが一瞬遅れました。

しかし、せっかく決めたんだから、もっと喜びましょうよ。なんか控えめすぎますよ。

噂では聞いてましたが、本当に凄いシャイなんですね。

増田のゴール興奮冷めぬまま、CKから岩政がわずかに合わせられず、こぼれたボールが野沢に渡り、

再び岩政の頭に。岩政の意図は分かりませんでしたが、こぼれたボールはマルキの元に。

そして不思議なことに、名古屋DFは誰もチェックにいかず。まあ中を固めにいったんでしょうが、

これを見逃さなかったマルキが技ありループ気味シュート。2-0で勝利を大きく寄せました。

が、リプレイも終わらぬ時間で、途中出場したばかりの杉本に仕事をされ、あっさり2-1に。

ヨンセンの動きがうまかったんでしょうが、曽ヶ端の守備にも問題があったような。

そこからの20分は名古屋ペース。何度も決定的なシュートを打たれますが、1点目のミス?を帳消しにするような、

曽ヶ端のスーパーセーブにより、めでたく名古屋戦カシマ21連勝となりました。

「カシマじゃ名古屋に負けません!」ってゲーフラ作ってもよさそうですね。

今日は後半勝っていたこともあり、柏戦とは逆に、交代は全て守り側でしたね。

そうそう、久々、4月14日以来のファボン復帰という、明るい材料も。

ただ、終了間際、曽ヶ端セーブ → こぼれ球篤人クリアのシュートは、若干ファボンが棒立ちだったような。

でも、ファボンの存在は大きいと思うので、期待してますよ。

きっと監督も大岩とファボンの起用には色々考えてると思うんですが、今日の出場で、

次の東京戦はファボンスタメンがあるかもしれませんね。

さて、今日で1周目終了。2ステージ制であれば、これで1stステージ終了。

前半5試合はもたつきながらも、その後の12試合は8勝3分け1敗となかなかの結果。

ガンバとの勝ち点差8は決して簡単ではないけど、十分チャンスはある!

川崎はガンバと13点差なので、さすがに優勝争いからは脱落でしょう。

G大阪に6失点と意気消沈してるであろう東京を、広島戦のような大量得点で粉砕し、

しっかり3位をキープして後半戦への反撃体勢を整えよう!

|

« 強い鹿島が帰ってきた! | トップページ | 2007、J1第18節、VSFC東京M@カシマ »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/6913071

この記事へのトラックバック一覧です: 2007、J1第17節、VS名古屋@カシマ、レポ:

« 強い鹿島が帰ってきた! | トップページ | 2007、J1第18節、VSFC東京M@カシマ »