« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月25日 (月)

2007、J1第17節、VS名古屋@カシマ、レポ

雨の中、当然行ってまいりました、カシマへ。

日立台には「日立台では負けません」のゲーフラが。

それを見事に打ち破ってあげたわけですが、今度は逆にこちらが打ち破られないよな?と少し不安になりながらも、

いやいや、そんなはずはない、鹿島は勝つ!と信じ観戦に。

前半は一体なんだったんでしょう?ここ数試合、前半はグダグタ気味の試合が多いのはなででしょうか?

今年は比較的立ち上がりのいい試合が多かったと思うんですが、6月以降は入り方悪いですね。

増田も試合から消えるし、マルキもなぜか孤立気味。あまり良い予感はしないまま前半終了。

しかし!後半立ち上がりから広島戦の時のように、急にカシマペースに。

後半開始4分間でシュート4本。急に得点のにおいが。

青木は立て続けにいい場面を作りましたね。マンオブ泰人のコーナーでは久々にシュートといってましたが、

結構観客席一直線シュートを見てる気がするのは気のせい?

最初の切り返しのほうは、意外と技術があるなと思わせてくれました。あれを決めて欲しかった。

そして時間は流れ、柏戦の再現のようなシーンが、後半20分に。

前半消えてた増田が、非常に大きな仕事をしてくれました。

楢崎とポストの間に丁度ボール1個分のスペース、ここ以外にないというコースで見事ゴール!

これまた観戦位置の問題で、ゴールを確認するのが一瞬遅れました。

しかし、せっかく決めたんだから、もっと喜びましょうよ。なんか控えめすぎますよ。

噂では聞いてましたが、本当に凄いシャイなんですね。

増田のゴール興奮冷めぬまま、CKから岩政がわずかに合わせられず、こぼれたボールが野沢に渡り、

再び岩政の頭に。岩政の意図は分かりませんでしたが、こぼれたボールはマルキの元に。

そして不思議なことに、名古屋DFは誰もチェックにいかず。まあ中を固めにいったんでしょうが、

これを見逃さなかったマルキが技ありループ気味シュート。2-0で勝利を大きく寄せました。

が、リプレイも終わらぬ時間で、途中出場したばかりの杉本に仕事をされ、あっさり2-1に。

ヨンセンの動きがうまかったんでしょうが、曽ヶ端の守備にも問題があったような。

そこからの20分は名古屋ペース。何度も決定的なシュートを打たれますが、1点目のミス?を帳消しにするような、

曽ヶ端のスーパーセーブにより、めでたく名古屋戦カシマ21連勝となりました。

「カシマじゃ名古屋に負けません!」ってゲーフラ作ってもよさそうですね。

今日は後半勝っていたこともあり、柏戦とは逆に、交代は全て守り側でしたね。

そうそう、久々、4月14日以来のファボン復帰という、明るい材料も。

ただ、終了間際、曽ヶ端セーブ → こぼれ球篤人クリアのシュートは、若干ファボンが棒立ちだったような。

でも、ファボンの存在は大きいと思うので、期待してますよ。

きっと監督も大岩とファボンの起用には色々考えてると思うんですが、今日の出場で、

次の東京戦はファボンスタメンがあるかもしれませんね。

さて、今日で1周目終了。2ステージ制であれば、これで1stステージ終了。

前半5試合はもたつきながらも、その後の12試合は8勝3分け1敗となかなかの結果。

ガンバとの勝ち点差8は決して簡単ではないけど、十分チャンスはある!

川崎はガンバと13点差なので、さすがに優勝争いからは脱落でしょう。

G大阪に6失点と意気消沈してるであろう東京を、広島戦のような大量得点で粉砕し、

しっかり3位をキープして後半戦への反撃体勢を整えよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

強い鹿島が帰ってきた!

マルキのゴール!そのままKick Offすることなくタイムアップ!

勝てそうで勝ちきれない試合が続いて鹿島、この勝利は大きい!

マルキ復帰後2試合連続弾!すばらしい。

後半、短い時間で試合をした佐々木、よくやった。

テレビ観戦だったけど、大絶叫。いやあ、気持ちいい。

これで暫定ではなく、完全な3位に浮上。ガンバとも勝ち点差8。

今日万が一負けていても、順位は8位。混戦なりにも、しっかり下位グループをしっかり引き離してます。

日立台無失点全勝の記録はぶち破った。次は名古屋に鹿島で無配記録の更新だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

2007、J1第15節、VS広島@カシマ

まさか、まさかの大量得点!いやあ、いいもんみしてもらいました。

1点目の本山と、2点目のマルキのゴールは、ゴールの瞬間を確認できず(見逃しではなく、観戦位置の問題。)

周りが喜ぶのを見てゴールを確認。3点目の岩政ゴールも、野沢の直接と勘違い。

4点目の、The田代ヘディングはばっちり大興奮。

5点目の興梠ゴールは勿論見逃すはずなし。

前半のあまりの連携の悪さに、中後不在・石神の経験不足を嘆いたもんですが、

後半のあの変わりようは一体・・・・。

わずか15分のハーフタイムで、メンバー変えずにゲームをがらりと変えた監督、あんた凄いよ。

5-1で大量得点なんかになると、試合中にもかかわらず、「オブラディオブラダ」が聞こえてくるんですね。

暫定、しかも勝ちが1つ負けに変わってるだけで11位まで後退してる可能性のある(G大阪以外は)大混戦の中、

なんと順位はいつの間にかに3位。いやあ凄い。

開幕時の不振時、今年は一度もランク上位(J's Goalなら3位、Yahooスポーツなら5位)に鹿島の名前が載らないのか?

との不安も極々僅かではあるけど、疑念を抱いた日々が懐かしい。

しかし!目標はあくまで年間タイトル。順位がいくら上がろうと、G大阪との勝ち点差が一時詰まったものの、

再びじわじわ離れてる今は、3位に喜んではいけません。気を取り直して、いざ柏戦へ。

余談ですが、岩政のゴール時、一度アナウンスが大岩といってしまいました。

その後、ゴール者を英語でも言うんですが、間違えた部分まで再現してましたね。あれは意図的?

「ただいまの得点は大岩、失礼しました、岩政です」

「Oiwa,sorry、Iwamasa」みたいな感じ。実際はフルネームで、背番号付ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

2007、J1第14節、VS大分@石油ドーム、テレビ観戦

う~ん、あまり書きたくない。ショックが大きい。

興梠の初ゴール、勝てないのは、彼がそういう星の元に生まれてるからなのか?

新井場、あのドリブルミスが今日の全てか。もったいない。

アウェイで引き分けは評価できないわけではないが、あと30秒なのに・・・・。

後半残り少ない時間で、勝ってるのにあれだけ人数かけて攻撃する必要あるのだろうか・・・。

やはり今のFWは力不足ですね。田代がいながら、柳復帰が待ち遠しくなる日が来るとは。

中後もついに怪我か?やっぱり呪われてるのかな。

はっきり言って、今日の試合はつまらなかった。前半両チームでシュート4本って。

なんか見所の無い試合って感じでした。

はあ、書いててショック倍増につき、今回はこれまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »