« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

くよくよしている暇はない!明日は鹿島で川崎戦!

去年2試合生で0-4という試合を見ましたが、水曜日はそれに匹敵する大敗。

しかし、時間はしっかり流れ、明日はもう川崎戦。

これが終われば鹿島が無縁(除く内田)な代表Weekに入るため、明日は後半戦前半の最終戦。

相手はG大阪を蹴落としながらも、安定感のない試合が続く川崎戦。

http://www.toto-dream.com/dc/SK0130.do?gameid=01222

あら、これを見ると川崎戦4連敗中ですのね?ナビ予選アウェイは確かに負けた気しましたが、

それ以外は審判のせいもあるような・・・・。

しかし、そんな言い訳はもちろんしてはいけません。

開幕戦、スタートダッシュに失敗した借りをしっかり返さねばなりません。

岩政が「まだ優勝争いチームではなかった」とコメントしており、それに対して立腹されている方もおりましたが、

いいんですよ、少なくとも8月29日の鹿島は優勝を狙うチームではなかったということです。

これを境に、新たな経験を得て、それを弾みに9月以降優勝を狙うチームであればいいんです。

だって、まだ諦める点差じゃないですもん。

大敗した後、わざわざサポーターに頭を下げる監督を、サポの力で男にしてやりましょう。

4連勝後の敗戦を、自分にも責任があるなんて堂々と言える監督、なかなかいませんよ。

totoの投票率を見る限りでは、世間は鹿島有利と見ています。

しっかり川崎を叩いて気持ちよく小中断 → 一度しっかりリフレッシュし、2度目の3冠へ!!

緑のフィールドを真っ赤な歌声で染めるため、いざ鹿島へ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月30日 (木)

2007、J1第23節、VSG大阪@金沢、テレビ観戦

5点差で勝てば2位浮上!そんな淡い期待は、返り討ちにあいました。

う~ん、ここ2試合、勝つに勝ったけど、内容が伴わないなあと思っていた、不安が・・・。

パスミスから綺麗なカウンター、防ぎきれず失点というシーンが、前半のうちに何度繰り返されたことか。

しかも、失点時、BSの解説者にも指摘されていたように、寄せが甘く、守備としてはお粗末でした。

まあ結果は結果、仕方ありませんので、次に気持ちは切り替えましょう。

マルキの奮闘、本山の前半初めの流れを作ろうとするミドル連発、

長時間見てても何かを期待させてくれるようになったダニーロなど、

悪い中にも光るものがいくつか。特にダニーロが仕事できることが証明されたのが一番かな。

しかし、G大阪との勝ち点差11から5試合で6まで縮まったのは事実。

浦和もACL等でまだ崩れる可能性は十分で、厳しいのは間違いないけど、

挑戦者の気持ちで一戦必勝取りこぼしは許されないのも変わらないけど、

まだ優勝を諦める必要はなし。ここからまた連勝街道で2チームにしっかりプレッシャーを。

G大阪には10月の2連戦でしっかり3月分の借りまで返してやりましょう。

土曜日、一度チームを建て直し、最近苦手と化しつつある川崎をしっかり叩きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

とりあえず4連勝。

ナビの準決勝の相手が(抽選時は)最も当たりたくないと思っていたG大阪に決まり、

そのことを書こうと思いながら時間だけが過ぎ、結局横浜FC戦になってしまいました。

さて、今回は苦言?から。

今日は非常にフラストレーションの溜まる試合でした。

リーグ戦は約2ヶ月ぶりの生観戦でしたが、う~ん、といった感じ。

大宮戦もそうでしたが、相手が弱いと相手に合わせてしまうのでしょうかね?

今日はまずパスミスがとにかく多すぎです。何度危ない形でインターセプトされたことか。

正直、今日のボランチは2人そろってダメダメです。

試合中、何度増田下げろ!青木を出せ!と思ったことか。

増田は途中出場で、前目の仕事をさせると、いい仕事をしてくれるんですけど、

スタメンのチャンスだと、ほとんど何もできないのはなぜでしょうか。

中後も今日は全く安定感なし。2人がそんなんでは本山が後ろに下がっちゃうんですよ。

ファボンも空中戦は強いんですが、足元が今日は・・・・。

まあいいです。一番重要なのは勝ち点3。それだけはしっかり果たしてくれたので、よしですね。

相手が強いときにいいサッカーでしっかり勝てばいいのです。

想像以上にG大阪が失速したので、なんと、次節でG大阪とは勝ち点並びます。

もう2強とは言わせないぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

2007、J1第21節、VS大宮@熊谷、テレビ観戦

引き分けも頭をよぎったロスタイム、劇的決勝弾で逆転勝利!

厳しい日中の暑さに耐え、雷鳴轟く中夕立にも負けず応援し続けた現地組は、強烈に「勝ち組」です。

今日のレフリーのジャッジはしっかり一定していたように見えましたので、小笠原の退場は致し方ないかなと。

前半・後半ともチャンスが数多くあり、5-1でもおかしくない試合内容に思えましたが、

しかし、今はとにかく上位追撃のためにも勝ち点3が全てなので、まあよしとしましょう。

大宮さんですが、残念ながら降格争いを最後まで繰り広げてしまいそうですね。

10-11と数的優位になったにも関わらず、なぜあそこまでディフェンシブになってしまうんでしょうかね。

デニスマルケスはいい選手だと思いますが、チームとして機能するには時間がかかりそうです。

増田は、今シーズン試合の中で消えるシーンが多々見受けられるんですが、

その割にはゴールという結果はしっかり残してくれてます。頼もしいやら、もう少しやら。

でも、今日のヒーローは間違いなく増田です。反町に後悔させてやってください。

マルキにも3節ぶりのゴールが生まれ、足場も固まってきた感じですね。

次の水曜日こそ代表戦であきますが、その後は横浜FC・G大阪・川崎とまた1週間で3試合あります。

横浜FCはG大阪に大健闘しましたが、まぐれは2度も続かないってところをしっかり教えておきましょう。

今シーズン初勝利をあげた縁起のいいチームでもありますからね。

小笠原の代役は誰になりますかね?青木?増田?ダニーロ?選択肢が多いのはいいことですね。

さあしっかり疲れを一旦とって、勝負の3連戦に備えましょう。

ちなみに、明日は運命のナビ抽選。どこになりますやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

J21節と日本代表追加発表

まず、前回の記事で書き忘れた一言。

結果は3-1でしたが、千葉と鹿島の最も決定的な差は、「GK 曽ヶ端」です。

アントラーズのサイトでも彼のお陰で勝ったという感じでトップページを飾っていました。

さて、21節のうち、7試合が終わりました。

まさかの試合がありましたね。そう、G大阪が取りこぼしました!

一人少ない横浜FC相手に、勝ちきれず、まさかのドロー。

首位が浦和に変わり、1試合鹿島のほうが少ない段階で勝ち点差は10。

明日には7に縮まるので、残り13試合で7。直接対決もあるので、十分射程圏内ですね。

さて、先ほど日本代表の追加発表がありました。

昨日の段階で「何ヶ月も見てきたものが、1・2試合で変わることはない」とのコメントが。

これで小笠原は選ばれないなと思いましたが、案の定選外でした。

所詮そんなもんですな。千葉からの選出0は評価しますけど。

明日はどうやら日本一暑い町へは参戦できなさそうです。

参戦される方は体調に気をつけながら暑い応援をよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

2007、J1第20節、VS千葉@カシマ、テレビ観戦

e2では生放送が無いため、本日はNHKでの生観戦。

2画面にしてe2の大阪対浦和戦も音声なしで流してました。

前半、まさかのファボンのオウンゴールに、一瞬嫌な予感がしましたが、

前半のうちに新井場のシーズン初ゴール、小笠原の復帰初ゴールと、

縁起のいいゴールが続いて前半終了。

後半も頼むぞと思いきや、一転水野がフリーになる時間帯が多く、千葉ペースに。

そんななか、後半田代の際どいクリアがまたもやオウンゴールか?というシーンがあり、

ちょっとはらはらどきどきな展開。そんな中、野沢の連続ゴール!と思いきや、判定はオフサイド。

ただ、このオフサイドは100%誤審であり、実際はオフサイドはありませんでした。

しかし、優勝を狙うチームは、そんな不運も跳ね返す実力が必要で、

終了間際、勝負を決める判定が。内田がついに今シーズン初PK奪取。

野沢がピッチを後にしたあの場面、満男がしっかりキーパーの逆をつき、

目出度く3-1での勝利となりました。

横でちらちら見えてた天王山は、確かにいいゲームで、両方強いなと認めざるをえない内容でした。

しかし、駒も結果もついてきた鹿島が、直接対決を残すチームとの差が14試合で8は射程圏。

数字的にも新潟を含めて4チームに絞られた感のある今シーズン。

あと2つしっかり勝って頂上決戦と行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

代表発表とナビ抽選日決定

今日、カメルーン戦の代表が発表されました。

しかし、ほとんどが守りの選手な上に、12名のみの発表。

案の定小笠原の名前はなし。千葉戦・大宮戦が追試のようです。

残りは6枠だそうですが、相変わらずの発表方法に、気分はやっぱりなえました。

もう鹿島ファンとしては、とりあえず期待しません。ご自由に千葉中心の選手選考をどうぞ。

さて、昨日書いた、まだ決まらないナビの対戦相手ですが、抽選日時が決まりました。

http://www.jsgoal.jp/news/00052000/00052933.html

http://www.j-league.or.jp/release/000/00001935.html

どちらも全く同じ内容です。J’Sの方が転載してるだけなので当たり前ですけど。

出席者は鹿島・柳沢、横浜FM・坂田、川崎・寺田、G大阪・實好だそうな。

ってことは、この4人は一足早く、代表漏れでよろしいですか?

まあ選ばれそうな雰囲気は誰一人にもないですけどね。

さて、明日はいよいよ千葉戦です。連勝スタートで一気に反攻の足がかりを作りましょう。

1位と2位の直接対決があるので、差を縮めるチャンス!

浦和は嫌いですが、明日だけは最低勝ち点1を取るよう期待しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

小笠原復帰?とナビ準決勝の相手は?とスタジアムツアー

今日になり、複数(スポニチと報知かな?)のメディアが小笠原代表復帰を報道。

今のオシムジャパンは、千葉の選手を中心に、入れ替えが必要なのは事実。

小笠原に白羽の矢が立ったのも鹿ファンとしては嬉しい限り。

しかし、22日の試合に呼ばれてしまうと、小笠原は3週連続週2の試合をこなすことになる。

この時期、それはあまり嬉しくない。代表発表は明日らしい。

呼ばれてもよし、呼ばれなくてもよしという複雑な心境ですが、発表を待ちたいと思います。

野沢とか、岩政が呼ばれることはないのだろうか。今回U-22世代の召集は無いそうです。

で、次の話題。今シーズン最初の10冠目トライアル、ナビスコカップ。

いつになったら抽選があるのでしょうか?どの青チームとの戦いになりますでしょうか。

当初、8月上旬といわれていましたが、いまだに抽選ありません。

個人的ベストはガンバ以外と試合で、水曜日がアウェイ開催。これなら2試合とも見に行きます。

最後にスタジアムツアー。毎試合行われているスタジアムツアーですが、参加したときの写真をアップします。

Dsc01216

Dsc01217

まずVIP席に通され、そのベランダから見える風景2枚です。

この丁度向かい側(バックスタンド)にSUIT BOX席があります。15人で18万円也。

この景色で試合が見たい場合はどうぞ。年間100万円払えば毎試合この風景ですけどね。

Dsc01218

Dsc01219

次はロッカールームへ移動。このとき、入り口に値札付新品シャツがありました。

これは後で考えると、選手が練習前に投げ込んでいるTシャツだったのかもと思えます。

気づいた方も多いと思いますが、フェイスガードもこうやって準備されているようです。

触るのは自由ということで、子供たちが顔につけて写真を取っていました。

しかし、選手の気持ちになると、このフェイスガードに関しては「触れないでください」って

言っても良かったのではないでしょうかね。

Dsc01220

Dsc01221

次はロッカールーム内のホワイトボードです。色々作戦を伝授した後があります。

上の写真は下の写真の一部をアップでとったものです。

なんでアップで撮ったかというと、「fabao」と書いてあったからです。どこかは探してください。

Dsc01222

選手がアップしてる場所です。テレビ等でお馴染みでしょうか。

Dsc01223

ピッチサイドにも立つこと出来ます。コート内に入ることも不可能ではありません。

Dsc01224

見上げるとこんな感じ。選手が最初にキッズ達と写真を取るときはこう見えてます。

Dsc01225

これはメインスタンド座席下にある、試合後の監督記者会見室です。

Dsc01226

Dsc01228

Dsc01229

そして最後は選手到着を声援で出迎えるのコーナーで終了。

声をかければ手を振ってくれる選手や、すたすた中にいってしまう選手などまちまちです。

監督は爽やかな笑顔を見せてくれました。

Dsc01230

最後に、いつも選手が乗ってるバスを、後ろから取ってみました。しかおのアップです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

2007、J1第19節、VS甲府@小瀬、テレビ観戦

苦手な後半戦、なんとか勝利でスタートすることが出来ました。

前半のうちに、もう1,2点欲しかったですね。

しかし、今日の試合は、なんと言っても審判。ひどい。

タイムアップの笛と同時に聞こえてきたのは「オブラディオブラダではなく、

「審判審判へたくそ」でした。そりゃそうだよな。

ただ、柳の2枚目のイエローは、致し方ないかなとも思う。

1枚目の異議で貰ったのが完全に余計でしたね。

他にも不可解なイエローは多数。ロスタイム寸前、左サイドでマルキにタックルしたやつ、

あれこそ完全にイエローだろ。

ま、審判の愚痴を言っても始まらないので、いいです。

それより、あの審判相手で、後半は攻め込まれながらもしっかり守りきって勝った事を喜びましょう。

そりゃもう1,2点とって試合をもっと楽に運べるのが最善ですが、最重要は勝ち点3。

得失点差は二の次で、いまはまだ考えるところじゃないですからね。

柳の次節出場停止は痛いけど、田代がいるから「そんなの関係ねえ」。

ってわけで連勝街道突き進みましょう。次は千葉戦。

3位の鹿島からは代表0。しかし、14位に低迷する千葉からは5人も。

これがいかに矛盾してることなのか、しっかり証明してやりましょうや。

(ま、アジアカップに鹿島からは誰も行かなかったことは、

チームにとってマイナスにはなってませんけどね~。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ後半戦開幕!

いよいよリーグ戦再開。

引退試合やらファン感やらで、記事ネタはあったにもかかわらず、久々の更新に・・・・。

アップしようと思った写真も多数あり、少しずつこの間にアップするはずだったのに。

まあ、いつかきっとアップしよう。

さて、いよいよ今日、小瀬で後半戦のチャージが始まります。

首位ガンバとの勝ち点差は11。諦めたらおしまい。

小笠原の復帰、ダニーロの復調と、選手層は2強と引けを取らないというのは、誰もが認めるところ。

後半戦は甲府・千葉・大宮・横浜FCと、このうち1~3チームは来年対戦出来ないであろうチーム。

G大阪との直接対決前に差を縮めるためにも、プレッシャーをかけるためにも、必勝の4連戦です。

苦手な夏を乗り切るには、カード的には恵まれてます。

「カシマ、レオ、アントラーズ、奇跡を起こせ!」  奇跡ではない、必然だ!!

残念ながら今日と千葉戦はテレビ観戦。

(今シーズンリーグ戦のホームゲームは千葉戦が唯一のテレビ観戦予定)

テレビの前でマルキのゴールに酔いしれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »