« 大勝!川崎戦。俺たちは強い!! | トップページ | 2007、J1第26節、VS新潟@カシマ »

2007年9月 4日 (火)

2007、J1第24節、VS川崎@カシマ、レポ

いまさらですが、観戦記を。

先日既に書いていますが、正直水曜のショックが心配でした。

しかし、そんな心配は無用な試合展開。

最近、ちょっと中後が安定しないプレーっぷりが気になってましたが、今回は青木がスタメン。

今シーズン、青木のボランチとしての働きは、誰もが認めていただけに、中後よりは期待してました。

すいません、試合はずっとみてましたが、青木がマンマークしていたことには気づきませんでした。

そして、試合ですが、序盤に岩政がスーパークリア!が!こぼれ球がジュニーニョにプレゼント。

そこはさすが得点王、恵みは断ってくれて一難去りました。

その後、野沢のスーパーFK!あれはどんなキーパーも反応無理でしょう。

開幕戦のジーコの姿を見た人も多いはず。

その後、小笠原がこれまたビューティフルなボレー炸裂。

あんな難しい球をしっかり決めるのはさすがと、試合中は思ってましたよ。

さて、ここで審判の話。今年、これだけしっかり毎試合見てると、本当に審判のレベルには「?」です。

同じことを書いてる人もいましたが、審判がしっかり試合をコントロールしてくれてれば、

ファボンの怪我はなかったと思います。

で後半。一度相手に流れが行くと、なかなか戻せないのが今年のカシマの悪いパターン。

これまた微妙な判定から川崎のすばやいリスタート、ジュニーニョの個人技で1点差に。

その後さらに耐える時間の長いこと長いこと。

いままでのカシマであれば、この波状攻撃を悪いなりに耐え切って、なんとか逃げ切るというのがパターン。

それを見越してか?川崎は我那覇を入れて勝負に来ました。

が、監督としての力量はオズの方が数段上らしく、

野沢→中後で先に中盤を落ち着かせており、(危ないパスミスであわや同点弾献上はなかったことに)

交代で相手が前掛になったとこには柳→興梠でスピードで裏が取れる布陣に変更。

これがドンピシャで、3点目は興梠のパスカットから、

4点目はカウンターから、興梠のスピードについていけない川崎山脈が、しっかり裏を抜かれてという形。

まあ3点目で川崎守備陣の集中力を断ち切ったのが大きかったんでしょう。

その後はさらに青木に5点目チャンスまで訪れました。

最近、結果上は川崎に完敗中でしたが、新興チームにはまだまだ負けないことをしっかり示した試合でした。

サポーターも望んでいた、守りきる試合のみではなく、取るときは取る!という完璧な試合でした。

中休みでラストスパートへの体勢をしっかり整えましょう。

最後に写真を数点。

Dsc00155_r Dsc00157_r

川崎から駆けつけた方々と、曽ヶ端。

Dsc00161_r Dsc00162_r

ファボンの穴をしっかり埋めて早速コーチング大岩。今日も頼もしかったマルキ。

Dsc00164_r Dsc00167_r

オガのFK。試合後、判定にちょっと首をかしげるアピールする曽ヶ。

Dsc00171_r

喜びの画。

|

« 大勝!川崎戦。俺たちは強い!! | トップページ | 2007、J1第26節、VS新潟@カシマ »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/7808906

この記事へのトラックバック一覧です: 2007、J1第24節、VS川崎@カシマ、レポ:

« 大勝!川崎戦。俺たちは強い!! | トップページ | 2007、J1第26節、VS新潟@カシマ »