« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月28日 (日)

2007、J1第30節、VS大分@カシマ

台風直撃は分かっていたので、カメラは持参せず。

気合入れて駐車場からポンチョ着るも、スタジアム着いたときは下半身びっしょり。

そして、スタジアムについて真っ先に思ったこと。

「人少なっ」。前売りで14000枚弱売れてたんですけど、天気が天気なので仕方ないですね。

さて、試合ですが、雨がひどすぎて、グランド中央部分はボール止まりまくり。

インターセプトからサイドへパス!のはずが、ボールが止まってしまい、逆にカウンターに。

そんなシーンが試合中多数。そんななか、途中から大分はロングシュートが増えましたね。

確かに今日のコンディションではセットプレーかミドル・ロングシュートじゃないと

点ははいらなそうですね。

さて、1点目ですが、やっぱりFKから。小笠原の絶妙FKに岩政がよく合わせ、GKは

文字通りお手上げでした。そのままポストに激突していた岩政の気持ちが伝わるゴールでした。

後半の2点目、相手がカットするも、ドリブルできず、その隙を見逃さなかった本山がカット。

綺麗にパスが繋がり、野沢がフリー!かと思いきや、田代がカット。

そのまま振りぬいたシュートは、運良くゴールに。

家帰って見たMOYでは岩政が「触んなよ」って思ったと言ってましたね。

鹿島ファンとしてはこの「田代」ゴールで、今日の勝ちを確信。

そして問題の?3点目。サポも誰のゴールか分からず、

「オーオーオー オーオーオー アントラーズ」で誤魔化し。

スタジアム発表で「田代」となり、ゴール裏からは田代コールが。

試合後の小笠原コメントでは最初は触っていないといっていたのに、触ったと言い出したとあり、

MOYでは岩政はノーコメントと言ってました。スローを見ても、田代が触ったようには・・・。

まあオウンゴール扱いよりは田代ゴールのほうが凄く嬉しいので、田代ゴールのままで。

Jリーグが訂正しないことを祈ります。

4試合前、勝ち点46にたどり着いた4位柏が、3位48の鹿島を意識して?今後の目標を

TOP3に変更といってから、柏は4連敗も5位でキープ、鹿島は4連勝するも差縮まらずの3位ですが、

4試合も残して鹿島の年間4位以上が決定しました。(柏の4位以下も決定)

まあ目標はあくまで奇跡の逆転Vなので、4位とか3位を狙ってるわけではないのでどうでもいいんですけどね。

つい1ヶ月前までは浦和の前に横浜FM・柏と好調チームと戦わなくてはいけないと思ったんですが、

1ヶ月の間に浦和前には取りこぼしの許されない調子の上がらない2チームとの対戦に変わりました。

少なくとも33節を消化試合としないためにも、浦和には明日を含めた3試合で、

1勝以内に抑えて貰わないといけない他力本願ですが、可能性は0ではありません。

少なくとも鹿島は得失点差も上乗せする大勝で、自分たちのできることはしました。

あとは名古屋や川崎を応援するのみです。

G大阪は取りこぼしたので、ついに差は1。もうJリーグ2強時代とは言わせないぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

明日の大分戦と,小ネタ2つ。

季節外れの台風で、明日は天気が荒れそうな予想。

台風の進路から考えると、明日の試合でもっとも影響を受けそうなのは鹿島。

しかし、そんなことはどうでもいいわけで、雨のシカスタで応援するのみ。

今年、鹿島が未勝利のチームは大分・横浜FM・浦和の3チームのみ。

前半戦の、悪夢のロスタイムを払拭するためにも、まだ諦めていない軌跡の大逆転のためにも、絶対負けられません。

ご存知の通り、シャムスカはリーグ戦で鹿島に負け知らずです。

しかし、先週、勝ちを知らないエコパで勝つことを覚えました。

今の鹿島にそんなジンクスは関係ありません。この時期、優勝と残留争いのチームは

多ければ多いほど盛り上がります。リーグ活性化の為にも鹿島○、大分●でいきましょう。

では、ここからは小ネタ2つを。

①小笠原、海外移籍を封印。

報知に載りましたね。正直載った意味が分かりません。

彼は鹿島で再びタイトルを取りたいといってくれたはずです。

契約を来年度いっぱいまで延長したはずです。誰も彼が海外移籍を希望してるとは思ってません。

一体なんでこんな記事が出たんでしょうかね?まあ来年も鹿島で頑張ってくれる約束は嬉しい限りですが。

②オリベイラ監督に続投要請。

これは鹿島ファンが望んでいることですね。少し前からこの手の情報はよく出てましたけど。

去年、アウトゥオリが去った際、正直残念だと思いました。

オリベイラが来た時、毎年2チームずつ指揮している監督に、途中で辞めないか不安を抱きました。

しかし、今は彼が着てくれて本当に良かったと思っています。

去年も、アウトゥオリ続投へ、的な記事が多数出ましたが、結局は退任となりました。

今回も正式な発表がないうちは安心できませんが、ちゃんと契約更新してくれそうな気はします。

是非複数年契約で、しっかりオリベイラのチームを作ってください。ベテランと若手が融合した、常勝チームへと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

2007、J1第29節、VS磐田@エコパ、テレビ観戦

いまさらですが、ちょっと磐田戦について書きます。

帰宅したのが22時頃、それから即テレビ観戦。それまで情報はシャットアウト。

なので、西にやられたと思った瞬間や、マルキ・柳沢(1回目)のフリーのシーンは

リアルタイム観戦と同様にドキドキ。

さて、試合ですが、前半は得点に結びついてもよさそうなシーンは1度ずつ位。

穏やかな前半でした。最近はホームは多得点、アウェイは(鹿島は)ロースコアが続き、

エコパでは通算6分け2敗と相性の悪さもあって、正直0-0を予想しました。

が、マルキーニョスのなかなかみれないヘッドで先制すると、相手が落ち着く前に岩政が追加点。

終了間際に不運?な1点を奪われる、少し嫌な展開も、最後は柳がしっかり決めて、

3-1の快勝。エコパで初勝利&アウェイで久々のスカッとした勝利でした。

では、得点について、それぞれ感想を。

・マルキーニョス、今シーズン初ヘッド!

これがG大阪戦で出てれば、と思うんですが、それは言わない約束ですね。

珍しいとは思ってましたが、このゴールまでの10得点、全て右足のシュートでした。

10得点以上上げてる選手で、利き足からしか得点していなかったのはマルキだけでした。

チョジェジンに至っては右足・左足・ヘッド全て4得点ずつの12点です。

考えようによってはマルキは不器用なFWということでしょうか?

・岩政の最後までしっかりボールを見ていた追加点。

最初のポストに当たったシュートは誰?と思ったら、どうやら相手DFのようです。

皆さん気づいたと思いますが、このシーンの見ものは大岩。

一旦喜ぶも、ポストに跳ね返って一瞬あせる。で、ボールに喰らいつこうと思ったときには、

本人曰く「跳ね返りを狙っていた」岩政がしっかり押し込み、岩政と抱擁しに。

大岩も詰めてれば得点チャンスでした。これが決まってなかったら、大岩もあせってたでしょうね。

・柳沢が今シーズン5得点目。

1度目のチャンスはゴール右にそれていきましたが、2回目はしっかり決めました。

今シーズンは興梠・田代・柳沢となかなかのレベルで争いを繰り広げています。

田代にしろ柳沢にしろ、もう少し高いレベルで争って欲しいのが本音ですが。

しかし、結果を残せるFW3人がスタメンを争っているのは心強いです。

もっと切磋琢磨し、マルキーニョスの絶対的地位を脅かしてください。

そして、アラウージョの争奪戦に鹿島も加わっていたという報道が一部で夏にありましたが、

是非FWの補強なんか不要、鹿島には俺たちがいる!って存在になってください。

他の方のBlogにも書いてあって、自分もそうだと納得したことがあります。

みんな、柳沢にはがっかりしやすくて、田代がいい、興梠がいい、といいがちです。

でも、やっぱり柳が得点を決めると、他の誰が決めるより嬉しいんですよね。

結局、柳沢がみんな好きなんですね。営業的にもフロントが必要と判断する理由ですかね。

さて、今回のゴールで柳沢は通算80得点!。

アルシンドの79得点を抜いたことになります。

J通算100得点越えはまだ4人しかいなく、もちろん鹿島在籍経験者は0です。

柳沢が鹿島からの第1号になれるでしょうか?

ちなみに、同1チームで100得点達成は偉大なゴン中山だけです。

残り5試合、万が一次節大分に取りこぼすようだと、数字の上でも優勝の可能性0となる場合があります。

しかし、俺たちは信じている、逆転優勝を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

今日の鹿島3大ニュースと、明日のエコパ。

今日あった、鹿島関係の大きな?ニュースをまず3つ。

・オフィシャルに大岩引退報道の正式見解が。

すでに本人が否定したとの記事がありましたが、今日正式にオフィシャル発表がありました。

記事を書いた本人は直接大岩と話をしていないそうな。お粗末な新聞記者ですねえ。

クラブとしてもきちんと抗議したようですが、取材禁止等の厳罰でも良かったのではないでしょうか。

まあ関西系のスポーツ新聞なので、どうでもいいですけどね。

・ファボン来期も残留へ。

これはいいニュースだと思います。しかし、代理人の話では2年契約みたいで。

当初の発表では今回の天皇杯決勝までなんですけど、大リーグとかでありがちな

「2年目は鹿島が優先権を持つ2年契約」だったんでしょうか。

まあブラジルに帰る理由がないといって鹿島でのリハビリを選んだファボン。

早く怪我を治してまた豪快なFKをみせてください。天皇杯で待ってるぜ~。

・興梠、肉離れで全治2週間。

これはスポニチの紙面からです。調子が良かっただけに残念。

2週だからきっとすぐ戻ってきてくれますよね。

さて、明日は鹿島が相性の悪いスタジアム、エコパです。

高原移籍以降、鹿島は磐田には一度も負けていません。

ということは、高原移籍後、鹿島VS磐田@エコパは全試合引き分けってことです。

この悪いジンクスを払拭して、奇跡の逆転優勝へ、歩を進めましょう。

ここ2年、浦和はフクアリで完封負けが続いています。鹿島が先に試合を終えますので、

少しでもプレッシャーをかけましょう。

明日は仕事場の行事のため、今年2度目の生観戦できないリーグ戦です。

大雨で行事が流れれば、エコパにいるかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

テレビ放送内容が変更になってました。

気がつけば、アクセス数が10000超えました。見てくれた方、ありがとうございます。

まあ、ほとんどの方がIN FIGHTのサイトか、J.B.Antennaから来た方ですが。

自分がよそ様のサイトを巡回するときもIN FIGHTのサイトで更新された方なので、そういうもんですね。

さて、巷では某スポーツ紙の飛ばし?と思われる、大岩引退報道なんかがありました。

これはきっと違うと信じたいです。スタメンではないかもしれないけど、チームには絶対必要なベテラン。

もう少し鹿島のために力を貸してください。報道自体が間違いだと信じていますが。

さて、表題の件ですが、オフィシャルにいくつかの鹿島関係放送予定が。

で、しかおファミリーのリフティングが見たくて、録画をしました。

が、内容が変更になったようで、そんなコーナーは全くありませんでした。

60分のうち、40分はナビスコの詳細。残念ながら、見たい気持ちにはなれません。

もう少し時間がたったら見るかもしれませんが。そんなわけで来週こそはリフティングが見れますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

ナビスコ終了。

前半のうちに2得点、いい夢を見せてもらったんですが。

4月早々、予選リーグ半分終了段階で1勝2敗、早くもナビスコ終了か?と思われたところから、

しっかり立て直し、残り予選3連勝で首位突破!準々決勝も0-1の逆境からしっかり勝ちあがり。

今日に至るまで10個目の☆をしっかり射程圏に留めていたんですが、残念ながら取り逃がしとなりました。

悔やむのは、シーズン終了後、1月1日の夕方5時以降にしてもらいましょう。

G大阪が鹿島から見れば越えられない壁ではないことはしっかり証明した。

そう、鹿島は間違いなく力のあるチーム。今日の試合を反省はしよう。

それはまだ諦めていないリーグ戦と天皇杯、可能性のあるタイトルのために。

下は向かない、そんな暇はない。次の試合はすぐそこだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

ナビスコ前半終了

大阪から今帰宅。新井場のハンドは現地では確認できるはずもなく。

VTR見て、まあ納得。肉離れのダニーロ、お早い復帰ですね。興梠への鬼クロスはおしかった。

現地観戦の方は分かると思いますが、ゴール裏固まってみんなで応援しようぜ!の精神の元、

ぎゅうぎゅう詰めの中で応援していたため、写真は試合前に2枚とったのみ。気が向けばアップしますが。

さて、結果は0-1の惜敗。守備的に行った試合なので、超最低限の結果は得たのではないでしょうか。

13日は、1失点すると3得点が必要なのは皆が知るところ。

しかし、今はガンバも決して本調子ではない。2点差の勝利は十分射程圏。

相手の力量は違うが、準々決勝と同じ条件になっただけ。

国立の扉は自分でこじ開ければいいだけさ!さあ行こう国立へ!

扉が開く瞬間を、カシマでしっかり見届けてやる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

2007、J1第28節、VS V神戸@カシマ

スタメン発表見てえ?マルキ欠場?と思ったら、ナビスコのために無理しなかっただけだそうで。それなら安心。

しかし、最近結果を出し始めた興梠と、2得点はしたけど・・・の田代。ちょっと不安でキックオフ。

前半戦は0だった開始15分の失点が、ガンバ戦以降この試合で3点目。

ちょっと開始のバタバタが気になりますね。しかも、その点の前にも決めきれないチャンスがいくつもあっただけに、

こういうときは嫌な展開になりがち。かと思ったら、興梠覚醒?

1点目、あんな強引に一人で出来てしまうんですねえ。

2点目はDFのクリアミスですが、しっかり詰めてるところがいい。

後半、フリーでハットトリックかと思いきや、「有三さんにも決めて欲しかった」とセンタリング。

ボールは田代より後ろに流れてしまい、ダメかと思いきや、Beautifulオーバーヘッド炸裂。

いやあ、今日は興梠Dayでしたね。オフサイドになってしまったゴールは非常に残念でした。

家でVTR見たら、興梠はオフサイドではありませんでしたね。ただ、右サイドにいた野沢?はオフサイドポジション。

攻撃に直接は絡んでませんが、まあ野沢がオフサイドを取られたなら納得しますよ。

(VTRで誰が取られたかまでは確認しませんでした。)

最後に1点取られてしまったのはいただけませんが、若きFW陣の活躍が見れて、いい試合でした。

マルキがFW陣の中では頭一つ抜けてて、田代・興梠・柳沢でもう1枠の先発を争う形ですね。

ただ、この中での序列、柳沢がどんどん下がっているのが事実。頑張れキャプテン。

他に

・7月に比べて、石神にフラストレーション溜まらず。いいシュートも2回くらいありました。

・青木から素晴らしい右サイド新井場への展開数度。これは今日の作戦でも合ったらしい。

・後半、比較的終わり際の岩政が痛んだシーンが少し心配。最後は走ってたから、ナビは大丈夫か。

・最後、小笠原にイエローを出した主審はGJ!レッド&PKにならなくてよかった。

・全体的に決定的チャンスは多数。3点では物足りない試合。

・小沢さんはやっぱり安定感あり。ナビは誰がキーパー?去年のナビ・ガンバに勝った立役者は小沢さん。

・バレーは途中交代。出来ればナビは欠場でお願いします。(肉離れではなさそう)

・そういえば、興梠はMF登録。FWコンバートはオズワルド采配?

試合後は恒例?の興梠バックスタンド乱入。しかし、興梠のチャントが分からない。

コーロキ ??? オッオッオッ。シンゾウ?行くぞ?ゴール?

調べてみましたが「コーロキ コーロッキ オッオッオッ」だそうな。

自分で歌ってみましたけど、どう歌ってもあいません。なので、これからもぼかして歌います(笑)。

今週は水曜も土曜も生観戦しますよ!休み、しっかりもらって来ました。

万博のゴール裏で歌おうぜ、マルキーニョス~、オーオーオー田代~、オッオッオッ コーロキ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

広島戦、雑感(試合以外の)

まず、昨日広島で撮ってきた数少ない写真を。

Dsc00374_r

久々のスタメンで、入念にアップする?小澤さん。この後、90分に渡る活躍は皆の知るところ。

Dsc00378_r

スタメン発表。広島にはオーロラビジョンが無いのか、かずっと思ってました。

試合終了後、一部の歓声が上がったので、振り返ってみたら、鹿島側のほうがしっかり映像に対応していました。

昨日のエントリーでも書きましたが、自分が見たときは中後のスーパークリアがスロー再生されていました。

Dsc00379_r

試合終了後、ゴール裏にくるみ皆様。試合中は1枚も写真は取っていません。

Dsc00380_r

そしてみんなで勝利の挨拶を。マルキは向こうのほうでインタビュー中でした。

ちなみに、マルキは負傷後交代していますが、監督の話からするに、

「元々先週のうちに怪我があった。90分フル出場するつもりではなかった。予定より少し交代しただけ」

って思ってます。試合後、足をカバーする気配が無かったので、試合に出れないような怪我はないと思います。

Dsc00382_r

サンフレッチェはエスコートキッズのスポンサーがコカコーラ西日本プレゼンツでした。

なので、コーラ社がスポンサーなんでしょうね。Qooがピッチ内うろうろしてました。

他の方のblogで、癒しキャラ発見ってありましたが、これでしょうかね?

しかし、うちの鹿ファミリーはピッチには全く降りません。クラブの方針?

もう少しピッチにおろしてください。

Dsc00383_r

試合終了後、サポに挨拶をし、引き上げるマルキ。周りがフラグだらけで、こんな写真しか取れませんでした。

さて、雑感です。自分も昨日のエントリーで触れました。

そして多くの方のblog見ても分かるように、多くの飛行機利用のサポが空港で選手一団と遭遇しています。

自分の行動を正当化するわけではありませんが、選手に接触したのはエスカレーターで並んだ際の、

小澤選手に「ナイスセーブ」と声をかけ、握手したのみです。

しかし、一部のサポは喫茶店の外で色紙を持って待ち構えたり、トイレに行くのを待ったり、

はたまた飛行機搭乗前の待合室では、選手が嫌そうなオーラを出しているにもかかわらず、

ずっと話しかけたり、選手の移動に合わせて自分も移動したり、挙句には搭乗まで一緒だったり。

滅多にない機会なので、話がしたい、サインが欲しい、その気持ちが分からないでもありません。

でも、選手だった、試合や移動の後で疲れてて、少し休みたいと思うことはあると思います。

それを考えてあげるのも、サポーターの役目だとほ思うんですが、違いますか?

ほとんどのサポはせいぜいお疲れ様でしたと一声かける程度で終わってますが、

一部のストーカーまがいのサポの姿が目に付いた1日でした。

そういえば、岩政と田代の姿を見ませんでした。それぞれ福岡、山口と実家が近いので、

一家団欒を楽しんだんでしょうか。余計なお世話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »