« 来年度のACL。 | トップページ | 船山!7連勝!逆転Vへのシナリオ。 »

2007年11月15日 (木)

来年度のACL出場チーム、各条件を元に解説 ~浦和とG大阪は決定~

ACLの出場条件と、出場チームについて書きます。

鹿島ファンとして、通称罰ゲーム、ACL出場に凄く賛成!というスタンスではありません。

でも、国際舞台を経験できるのはいいことだし、ナビ予選免除はちょっと嬉しいかも。

ただ、今季の川崎の二の舞にはならないで欲しいですが。

さて、日本チームの、来年のACL出場チームです。まず、大前提が

・日本チーム予選参加枠は2つ。

・ACLで浦和が優勝した場合、浦和は決勝トーナメントから出場するため、2枠には含まない。

この前提により、まず浦和が決勝トーナメントから、他2チームが予選からの出場が決定。

さて、この2枠の決定方法ですが、優先順位が下記のように6番まで決まってます。

①今季のACL優勝クラブ(浦和)

②今季のJ1優勝クラブ

③前年度天皇杯・優勝クラブ(浦和)

④今季のJ1・2位クラブ

⑤前年度天皇杯・準優勝クラブ(G大阪)

⑥今季のJ1・3位クラブ    です。

まず①で浦和が決定し、③はすでに意味を持たない条件となっています。

で、②は浦和・G大阪・鹿島が、④と⑥は浦和・G大阪・鹿島・清水が該当する可能性があります。

(a)②を浦和が優勝で満たした場合

まず④の条件でG大阪か鹿島か清水が決定 し、⑤でG大阪に決定。

④がG大阪であった場合のみ、⑥で鹿島か清水に決定。

すなわち、鹿島か清水が④か⑥の条件を満たすため、

来年の出場は浦和とG大阪と鹿島と清水のうち、リーグ戦順位が上のチームとなります。

(b)②をG大阪が優勝で満たした場合

①~③と⑤の条件が浦和とG大阪を満たすことになるので、④か⑥の条件を鹿島か清水が満たす。

すなわち、(a)同様、鹿島と清水のリーグ戦順位が上のチームが最後の1枠を得ることになる。

(c)②を鹿島が満たした場合

④の条件をG大阪が満たせば浦和・鹿島・G大阪で決定。

ここで肝となるポイントがありまして、鹿島が優勝の場合、清水は必ず浦和よりも順が下が決定しているため、

(c)の場合、清水が④を満たすことはありません。ですので、G大阪が④を満たさない場合、

これはもうリーグ順位が鹿島・浦和・G大阪か清水・清水かG大阪の時以外起こりえないので、その際は

例え清水がリーグ3位でも、条件⑤により、G大阪がACL出場となります。

以上より、今日の結果を受けて来年度のACLは浦和が決勝トーナメントから、

G大阪と、鹿島・清水のうち、リーグ順位が高かったほうが予選に出場となります。

出来るだけわかりやすく解説したつもりですが、いかがでしょうか。

|

« 来年度のACL。 | トップページ | 船山!7連勝!逆転Vへのシナリオ。 »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/8920122

この記事へのトラックバック一覧です: 来年度のACL出場チーム、各条件を元に解説 ~浦和とG大阪は決定~:

« 来年度のACL。 | トップページ | 船山!7連勝!逆転Vへのシナリオ。 »