« オズの魔法使い | トップページ | いよいよフィナーレ、J1・2007シーズン »

2007年11月30日 (金)

再度くだらない確率論。

さて、前回書いたくだらない確率論ですが、もう1度書いて見ます。

浦和敗戦の報を受けて世間の予想はどう変わったのでしょう。

データは第316回totoから拝借します。11月30日、18時22分現在、1751784人分の予想ではこうなります。

鹿島○(63.92%)かつ浦和△ or ●(6.96+12.98%=19.94%)=0.6392×0.1994=0.1274

ということで12.74%、約8人に1人は世間で鹿島が優勝すると思ってる計算になります。

前回より若干確率は下がりました。まあ所詮はくだらない確率論です。

前回、351396人中、鹿島優勝予想は351396×0.6122×0.2328=50081人。

ってことは鹿島優勝予想は50081人、浦和優勝予想は301315人。

今回は鹿島優勝予想が1751784×0.6392×0.1994=223276人。

ってことは鹿島優勝予想が223276人、浦和優勝予想は1528508人。

この間からの増加人数は鹿島優勝予想が173195人、浦和優勝予想が1227193人。

この2日間に限った鹿島優勝予想率は12.37%でした。

繰り返しますが、所詮はくだらないただの確率で、totoは一人で勝ち負けも予想できるので、

これは何も意味を持たない数字です。深く考えずに読み流してください。

鹿島は優勝するのではなく、34節を勝利で終わるだけですから。

|

« オズの魔法使い | トップページ | いよいよフィナーレ、J1・2007シーズン »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/9186204

この記事へのトラックバック一覧です: 再度くだらない確率論。:

« オズの魔法使い | トップページ | いよいよフィナーレ、J1・2007シーズン »