« 忘れ物を取りに行こう! | トップページ | ヤタガラスの解釈 »

2007年12月29日 (土)

第87回天皇杯、準決勝、川崎@国立

国立で見たとき、鹿島のほうが客が多いと思いきや、家でテレビで復習したら

鹿島も川崎も大差なし。まあサポの数を競ってるわけではないのでいいですけど。

で、試合ですが、非常に面白い試合でした。

甲府戦、Honda戦と、何か物足りなさを感じる試合でしたが、相手が強豪と呼べる川崎だからか、

攻守の切り替えの早い、とてもスリリングな試合だったからか、非常に面白いゲームでした。

国立にオフィシャルショップが出展されてて、優勝記念シャツが売ってたのにはびっくり。

まさか元旦には福袋も?

さて、試合ですが、今日は曽ヶ端につきますね。テレビで解説者も言ってましたが、

彼が3点くらい防いでくれました。本当に危なかったのは後半ジュニーニョがトーキックで

外したシーンくらいですかね?あとは曽ヶ端の守備範囲からすれば、必然の結果でしょう。

前半、本山が見せた真骨頂、変態ドリブルで相手DF2人をあっさりかわしたシーンに興奮したんですが、

家に帰ってVで確認しても、どこかわからず。前半なんですけど、25分かしら?

会場で見るのとVで見るのでは感じ方が違うので、仕方ないんですかね。

このシーンや、後半の得点シーンなど、今日の本山は、珍しく攻撃で目立ってましたね。

これが本来の本山の姿なんでしょうけど、前で仕事をされると相当怖いですね。

逆に小笠原の守備が光る試合でもありました。小笠原への信頼が、本山を前に押し上げてるんですね。

さて、いよいよ、5年ぶりに元旦を国立で迎えられます。

16時に、壇上へ、2チーム目としてあがるのは7年ぶりになるはず。

どうせG大阪が来るものと思ってたら、意外にもJ2降格の広島があがってきました。

しかし、天皇杯の広島は、チームとしてしっかり機能していて、実際に強いのは確か。

守備が安定していますが、元々ウェズレイのいないときは守備がしっかりしていて、

鹿島がナビ準々決勝で負けた時も、ウェズレイは不在でした。

決して楽に勝てる相手ではありませんが、鹿島はそれでも勝たなくてはいけない運命。

いつの間にかにチケットは完売しているので、当日は国立が真っ赤に染まるはず。

(昨日までに売れ残っていた自由席を試合後に買い占めたのはほとんどが鹿島ファンのはず)

今年1年は浦和の年と世間では言われていますが、リーグと天皇杯の2冠達成で、

鹿島の年であったと言わせてやりましょう。

今日新井場がイエローを貰ったときは一瞬あせりましたが、大丈夫、1枚目。

イバに是非、優勝の瞬間をピッチで迎えてもらいましょう。

相手は柏木が出れませんが、それを言い訳に出来ないくらい叩きのめしてやりましょう!

今日の国立は雨も上がり、気温の高い観戦しやすい1日でしたが、

元旦は晴れるものの、大寒波襲来?最高気温は8度予定です。

暑く応援すれば8度も平気だと思いますが、防寒対策はお忘れなく。

話は変わりますが、明日は福袋発売。開店と同時に買う勇気はないので、昼頃買いに行きます。

今回も当blogにて内容発表しますのでお楽しみに。

ちなみに、買うのは2万円×2か2万円と1万円予定です。

|

« 忘れ物を取りに行こう! | トップページ | ヤタガラスの解釈 »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/9626583

この記事へのトラックバック一覧です: 第87回天皇杯、準決勝、川崎@国立:

« 忘れ物を取りに行こう! | トップページ | ヤタガラスの解釈 »