« 第87回天皇杯、準決勝、川崎@国立 | トップページ | さあ行こう! »

2007年12月30日 (日)

ヤタガラスの解釈

昨日、天皇杯を一緒に観戦した友人も、自分と同じ解釈をしていましたが、

天皇杯優勝=袖にヤタガラス(Jリーグマークの代わり)だと思っていました。

でも、実はそれは間違いで、ヤタガラスはリーグチャンピオンと、

天皇杯優勝チームにつけることが許されています。

それは鹿島が今シーズン優勝した後で知ったのですが、確かに鹿島は過去、

天皇杯に限れば2回しか制覇していないのに、よくヤタガラスがついていた気がします。

リーグ4回、天皇杯2回、同時が1回なので、97年シーズンから2002年シーズンまで、

6年間のうち5年間はヤタガラス付きのユニだったんですね。

区別はヤタガラスの上にあるマークで、J制覇はJ,天皇杯制覇はEが付きます。

過去、2001年シーズン鹿島と2007シーズン浦和は、前年度両方制覇しています。

その時はどうなるのかというと、金色の星に変わります。

これがユニフォームのヤタガラスの解釈です。自分も今日知りました。

過去2チームしか達成していない偉業まであと1つ!2回目は当然鹿島が初!

|

« 第87回天皇杯、準決勝、川崎@国立 | トップページ | さあ行こう! »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/9632111

この記事へのトラックバック一覧です: ヤタガラスの解釈:

« 第87回天皇杯、準決勝、川崎@国立 | トップページ | さあ行こう! »