« 第87回天皇杯、準々決勝、VSHonda FC@仙台、テレビ観戦 | トップページ | 縁起のいい話、今年は天皇杯優勝! »

2007年12月23日 (日)

仙台戦後の雑感

blogを開設している人間として、色々なBlogを巡回するわけで。

その中で、最も目に付いたのが、試合中のヤナギコールについて。

もちろん、テレビで試合中にヤナギコール(試合出る前に)があったような気はしていました。

でも、現地組でない自分は、周りの音声より、試合が気になるため、

ふ~んって感じで済ませていました。

しかし、今日blog回りをしたら、若干ヤナギコールを強制する雰囲気があったような。

そして、残念ながら、非出場時のヤナギコールを肯定する意見には

出会わなかったような感じでした。

インファイト関係の方のblogでは、ゴール裏ではコールリーダーに従って欲しいとの記事も。

現地にいなかった自分には、それをコメントする権利はきっとないんでしょうけど・・・・。

29日、国立へは勿論行くので、その時にどう感じるかは分かりません。

でも、自分が思ったのは「試合に出ている人を精一杯応援するべきである。でないと、

現段階で試合に出ているメンバーや、そのメンバーを送り出している監督に失礼である」

かな。まあ、これも他のblogでどなたかが書かれていた記事に共感したものですけど。

コールリーダーも、今試合に出ている人間を鼓舞するための応援を強いるのは理解できますが、

出ていない人の応援を強いるのはどうでしょうね。

試合後、今日のコールリーダーは良かったって書き込みをみることもしばしばあります。

ゴール裏へ集まる人間の思い、試合を見に行く人間の思い、一番強いのは

鹿島が試合に勝つことであって、それが第一。残念ながら、試合が始まってしまえば、

柳沢の去就問題は二の次なんですよ。29日は、是非、ゴール裏が一つにまとまって、

去年の、同日・同時刻に閉ざされた元旦への扉をこじ開けられるようにしてください。

もう一人の去就問題、増田ですが、今鹿島を出ると後悔するぞといわれ、

今また悩んでいるようです。その言葉で悩むってのも凄いと思いました。

他に移籍関係では、C大阪の羽憲に続いて、山形の石川もレンタル延長になりそうらしい。

ブラジルで長いキャリアを持つ21歳笠井が鹿島入団決定的らしいとのことですが、

まだまだ最終ラインの戦力が、来年の長丁場を考えると足りませんよね。

中田が帰ってこれば、青木のユーティリティーさも考えると、最低限の人数は

足りるのかもしれませんけど、不安要素は消えませんねえ。

ファボンも最近チームには帯同してないみたいで、残留するかも不透明。

優勝した後に、前年より選手層が薄くなるなんて悲劇は起きませんように。

話は変わりますが、ちょっと縁起のいいデータに気づきました。

それはまた日を改めて、(準決勝前までに)書きます。

|

« 第87回天皇杯、準々決勝、VSHonda FC@仙台、テレビ観戦 | トップページ | 縁起のいい話、今年は天皇杯優勝! »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

ファボンは、ブラジルに帰ったみたいですよ・・・

投稿: メタボ | 2007年12月24日 (月) 12時06分

メタボさん、コメントありがとうございます。
ファボンが帰国したであろうことは、アウォーズや報告会不在で予想はついてます。
ただ、問題は、来年も鹿島にいることが前提の帰国なのか、就職活動を兼ねた帰国なのかです。
CBは本職としては今は大岩、岩政しかめどが立っていないので、ちょっと不安です。

投稿: たろろん | 2007年12月24日 (月) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/9541644

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台戦後の雑感:

« 第87回天皇杯、準々決勝、VSHonda FC@仙台、テレビ観戦 | トップページ | 縁起のいい話、今年は天皇杯優勝! »