« 第87回天皇杯、決勝、VS広島@国立① | トップページ | ファボンの移籍消滅? »

2008年1月 4日 (金)

移籍情報など諸々

天皇杯優勝後、いろいろな情報がありました。乗り遅れた感は否めませんが、あえて触れておきます。

まず柳沢。やはり移籍濃厚とのこと。移籍先は京都。秋田に持っていかれた感じでしょうか。

鹿島には、いるだけで十分、途中からの出場でも流れを変えられるベテランの存在が、

常に大きいものとしてあったのですが、来期はいなくなってしまいます。

まあ時代の流れというべきでしょうか。天皇杯試合後、スパイクまで投げ入れた

柳沢の姿を見て、覚悟していたサポは多かったはずです。

まあ決定報が出るまで、望みは捨てませんが、かなり厳しいといわざるをえないですね。

続いて、残留報。いまだに3外国人全てが正式報道がありませんが、

一応昨年1月9日にオフィシャルで発表のあった契約期間が満了したにもかかわらず、

契約満了のお知らせが出ないという段階で、更新したものと思っていいのでしょう。

ダニーロのゴール、生で勿論しびれたんですが、家帰って今尚繰り返し見ています。

あのダニーロの嬉しそうな顔や、ダニーロにダッシュで駆け寄る大岩など選手の背中を見て、

ダニーロも鹿島にしっかり受け入れられてるのかなと思いました。

残留は私としては歓迎の立場なので、これからもゴールを重ねて欲しいと思います。

左足の強烈なボレー、みんなが待ってましたよ。

心配なのはファボン。今シーズンが不甲斐なかった(後半戦は怪我が原因)事実や、

ブラジル名門のサントスのオファーで音信不通。総合的に見て、厳しそうです。

CBさらにはディフェンスラインに、めどの立つ補強のなかった鹿島ですが、

唯一無二であった篤人には笠井というバックアップが付き、

CB候補としてはFC東京から伊野波(レンタルらしい。

鹿島がレンタルで国内から日本人を獲得したことありましたっけ?)や、

中田浩(早ければ1月。遅くても6月復帰確実。ただし、6月ではACL出れません。)

が加入しそうなので、補強としては十分でしょう。

最も心配なディフェンスラインにめどが立てば、来期は充実したシーズンを送れそうです。

今のところ

FW:マルキーニョス、田代、興梠、佐々木

MF:本山、野沢、ダニーロ、船山、増田、遠藤

   小笠原、青木、中後、鈴木(新)        +小谷野、大道

DF:内田、岩政、大岩、新井場、石神、中田(新)、笠井(新)、伊野波(新)+當間、後藤

GK:曽ヶ端、小沢、杉山               +川俣(新)

これが来期の陣容でしょうか。一応25人枠を考えて、25人以外はプラスにしてみました。

FWにもう1枚ほしい気もしますが、怪我がなく、興梠、佐々木が経験をつむにはいいのかも。

天皇杯優勝を受けて、オフィシャルで記念Tシャツの発売始まりましたね。

袖にはしっかり金星の付いたヤタガラスがいますよ。

限定500枚ってあったから、1月1日の23時にしっかり買ったのに、

今なお売り切れないところを見ると、500枚限定は嘘だったようです。

通販で買うとポイントたまらないので、限定でないならクラハで買いたかったんですが、

2枚勝ってもせいぜい3000ポイント弱なので、今回は涙を呑みましょう。

記念グッズを買いそびれるほうがよっぽどいやですからね。

そういえば、なにかの新聞(今日のエルゴラかな?)に、ダニーロ(30)って記載があったような。

まだ彼は28歳ではなかったかなあ?どうでもいいですけど。

|

« 第87回天皇杯、決勝、VS広島@国立① | トップページ | ファボンの移籍消滅? »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/9719819

この記事へのトラックバック一覧です: 移籍情報など諸々:

« 第87回天皇杯、決勝、VS広島@国立① | トップページ | ファボンの移籍消滅? »