« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

開幕3連勝!ダ・ダ・ダニーロ! 

待ちに待った新ユニフォーム。悪天候なのでおろすか迷った挙句、

どうしても欲しかった新ユニ、滅多に付かない金のヤタガラス、誘惑に負けておろしました。

が、しかし、結局天候の悪化には勝てず、結局ポンチョの中敷に。

土曜まで完全お披露目はまったになりました。ソシオさんがお持ちの新ユニ型ポンチョが

とてもうらやましいこのごろです。

さて、肝心な試合ですが、すでにエントリーが遅すぎて、よそ様と同じことになりますが、

今の鹿島のよさ、強さを象徴している感じですね。

悪いなら悪いなりに、しっかり勝ちきることが出来る。

前半の先制ゴール、マルキと満男のポジションチェンジはお見事。

マルキのあの軌道のシュートは滅多にお目にかかれないような。

遠めで見てたため、どういう経過でゴールインしたのか分からず。

確かに雨であの軌道だとGKは厳しいですね。

そうそう、気になったのはスローインを急がせる相手の7番。

しっかりボールがエリア外に行く前からボールボーイに早くよこせと催促するため、

結果的にフィールド内にボールが2個になったり、なりそうになったり。

横浜と違って鹿島はトラックがないので、その辺はご注意を。

さて、試合は中々激しいボールの奪い合いも、決定的なチャンスには至らず、

前半は1-0で終了。さて後半。

今度はマリノスがトップギアに。連勝中&今シーズン黒星なしの実力を如何なく発揮。

少しずつ押し込まれた後、13番のミドル炸裂。ゴールはレッズ戦だけでいいのに・・・。

現地での感想は「曽ヶ端、それくらい防いでくれよ~」だったんですが、

どうやら雨でバウンドして勢いの変わったシュートで、小宮山がうまかったというのと、

内田の守備がスカスカで、もっと厳しく行けば防げたはず、というのが正解みたいです。

正直、去年のようなクロスブロックとか、守備での活躍は減ってますけど、

動きの悪さまではそんなに気になりませんでした。きっと自分の目が腐っているのと、

内田だけに世間の評価が厳しい、求められてるものが大きいというのが原因かな。

さて、その後、鹿島は絶好のチャンス、PKを得ます。

スカパーの映像では微妙すぎて判断できませんでしたが、やべっちの映像では

明らかに外でした。しかし、ゼロックスから続く負の流れ、断ち切れることなく、

無常にも満男のシュートは枠外に。去年の東京戦・野沢から、

ホーム側ではPK決まったの見てません。(夏の千葉戦は水曜開催で行けず)

まあ元々PKじゃなかったので、律儀にお返ししたってことにしましょう。

その後、心臓の止まりかかる山瀬のミドルもあり、正直連勝ストップを覚悟。

まあ不敗は続くからよしかな、なんてネガってたら、今鹿島で最も旬な男が大仕事!

そう、世界1を知る男が、サッカー発展途上の東洋で、ベンチ暮らしに文句も言わず、

黙々と練習をこなし、チームに溶け込む努力をした結果を出す瞬間。

リーグ戦初ゴール(去年から数えて29試合目)です。昨日の試合はこれだけで

来た甲斐が大有りってもんです。天皇杯の弾丸シュート、ACLの技ありシュート、

そしてこの低空無回転シュート。持てる力をどんどん発揮してくれてます。

こうなると、今の鹿島が負けるはずもなく、連勝対決を制したのでした。

会場ではよく聞こえず、ダニーロの肉声は家に帰ってからテレビで確認。

通訳さんが「みんな厳し試合はないの分かってる」って言ってましたが、

ダニーロは「みんな厳しくない試合はないの分かってる」って言ったんですよね?

言葉も分からないのに、わざわざゴール裏に上ったダニーロ、すげえよ。

どうしていいかも分からず、若干困ったようにも見えましたが、これで正真正銘

ファミリーの仲間入りですよ、ダニーロさん。

色々なところでダニーロのスタメン復帰について言われていますが、

もうダニーロがスタメンでがっかりする人はいにでしょう。次もそしてこれからも頼みますよ。

さて、2日置いたら次は新潟戦。去年は元ファミリーに不覚を取ってドローでしたが、

今回は唯一の全勝首位と唯一全敗最下位の戦。勿論負けは許されません。

去年34節は33節現在1位が18位に不覚を取る波乱がありましたが、

今の鹿島にそれはありえません!出遅れた優勝候補3チーム(浦和・大阪・川崎)が

揃って初勝利を上げ、追撃体制に入りそうですが、そんなの気にせず、

早々と首位固めに入ってしまいましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

ACLも首位キープ!2連勝!!

平日開催にもかかわらず、仕事まで休んで生の、アジアの戦いを、見てまいりました。

去年からずっと応援しているダニーロ、試合前にはクラハによって、ダニーログッズを購入。

これが功を奏したか?はたまた・・・・。

さて、試合ですが、何点取られようと相手のDFラインに常に4人から5人いるのは変わらず。

前半はあまりにも精度の悪いパスの連続に、サポーターもいらいらモード。

そういえば、前半、応援らしい応援はほとんどなかったのはなぜでしょうか。

前半の唯一の見所は、本山の芸術的シュート。見事なトラップからの反転シュートでした。

田代が目指す形に近いのかしら?

後半は開始早々、本山が個人技に近い形で追加点。

2-0になると相手の集中力も切れたか?後はゴールラッシュ。

新井場のバー直撃シュートや、FKからのミドルなど、攻撃に関してはキレキレです。

そういえば、日刊にゴールを狙うと書かれた青木も、前半早い時間に訪れた

ビッグチャンスをモノに出来ませんでした。

途中2トップ両方替えがありましたが、佐々木はほとんど何も出来なかった感じ。

興梠はうまく抜け出してシュートも、枠に弾かれる場面がありましたが、

FWとしてのセンスが光りました。いやあ、興梠のゴールは見たかった。

そういえば、あの執拗なまでのCK時の田代コールは何だったのでしょう?

試合を締めくくったのは、鹿島の切り札としての価値を急激に高めつつあるダニーロ。

左利きの彼が、右足ではなった芸術シュート。

ダニーロは打った瞬間、すでに左手にはガッツポーズが。

目出度くゴールネットを揺らした後はちゃんとその手が挙がります。

打った瞬間ゴールを確信できるような、納得のいくイメージ通りのシュートだったようです。

このゴールを見て、試合前に買ったダニーログッズに、サインを貰おうと決めました。

いつになるかは未定ですけどね。

さて、これで鹿島は他のチームがナビ2連戦を行っている間、しばしの休憩です。

調子の戻らない田代、今年一番過密スケジュールな内田の疲労は心配ですが、

しっかり休める人は休んで、3節の横浜戦に備えましょう。

G大阪は韓国のチームにACLで勝ったで、調子が戻るかもしれません。

しかし、川崎・浦和の足踏みはまだ続いています。一気に鹿島は走っちゃいましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

あまり報道されない記念ゴール

まずは、東京V戦で撮った、数少ない写真をアップ。

Dsc00791_r Dsc00792_r

試合中は全く撮らなかったため、試合後しかありません。

しっかり勝ちきった証のスコアボードと、選手整列です。

Dsc00793_r Dsc00794_r

お次は試合後の挨拶。今日のヒーロー、ダニーロ。

Dsc00795_r Dsc00796_r

最後はMVPのマルキーニョス2連発。で、マルキーニョスですが、やはり古巣相手には強いです。

千葉・横浜・清水・東京Vと、過去在籍チーム4チーム、全てでゴール率0.50以上。

2試合に1点以上は全チームが決められています。

で、このマルキーニョスですが、どうやらJ通算12500ゴールを達成していたようです。

(すいません、1点目か2点目かまではわかりませんでした。)

さて、今日はACL第2戦。ACLのホーム開幕試合でもあります。

この試合のために休みを取ったので、雨でも勿論行きます。

さすがにピンバッジは手に入らなさそうですが、それは諦めます。

興梠の復活や、再びのゴールラッシュなど、楽しみは沢山。

代表合流を控えた内田・田代も気になります。では後ほど、シカスタで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

開幕ダッシュ!奪首!

どこぞのチームはいきなりの監督解任。そういえば、去年は鹿島がそれに近かったなあ。

でも、選手からはっきりとした不満は聞こえなかったなぁ。

むしろ、監督が後に振り返って、最初は自分のやり方を信用してもらえなかったって振り返ってましたね。

さて、アウェイの東京V戦、むかしは大きな壁、ライバルであったチーム。

前半戦は、おおきな見せ場もなく、0-0で膠着。

昨日の都築の再現のようなシーンがありましたが、曽ヶ端の自作自演にて事なきを得ました。

さて、後半ですが、田代が決定的シーンを外すなど、これは0-0で終了?の雰囲気。

後半25分にはディエゴが細かいパス交換からうまく抜け出し、決定的な場面。

これがポストに弾かれ、直後にダニーロ投入。これが勝負の分かれ目でした。

会場では気づきませんでしたが、どうやら興梠がスタンバイ。

しかし、その間にダニーロのスルーからマルキが念願の先制点!

ここで選手交代は攻めから守りへ方針が代わり、中後投入。その後さらに伊野波も投入。

試合は少しバテた東京V相手に、何度かいい形を作るも、追加点までには至らず。

しかし、終了間際、これまたダニーロの細かいステップから内田にいいパスが。

何故かゴール前に走りこんでいた伊野波が作ったスペースへマルキが走りこみ、

内田からいいパスがマルキの元へ。後は落ち着いてゴールへ流し込み、2-0。

勝負ありでした。今日のヒーローは、短い時間で決定的な仕事をしたダニーロでしょう。

今年はしっかり体を作り、サンパウロの10番が、本来の輝きを取り戻しつつあります。

携帯サイトの試合後コメントでは「先発には強くこだわってない。与えられたチャンスの

中で、チームの勝利に貢献するだけ」とありました。格好いいぞ、ダニーロ。

余剰戦力を使いこなすことなくチームを去った某監督と比較しても、

ハーフタイムでの冷静な分析による修正力、状況に応じた的確な選手交代、

うちの監督は本当に凄いよ。

これで2節終了時点でも首位堅守!横浜・大分と3チームしかしない開幕連勝です。

しかも、今シーズン無失点は鹿島だけ。いいですねぇ。このまま一気に行きましょう。

ACL、日本代表戦を挟んで、3節は早くも頂上決戦?ホーム横浜戦です。

シーチケ購入者が新ユニフォームに衣更えするので、一気に新ユニ応援が増えますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開幕戦線異常あり

4強といわれた今年のリーグ戦、序盤から波乱続きです。

4強のうち、鹿島以外は2試合を終えていますが、2チームが1分1敗で、1チームは2敗。

どこもある程度メンバーが入れ替わってるので、まだフィットしていないというとこでしょうか。

ただ、やはり自力のあるチームはきっと上がってくるので、うかうかはしてられません。

メンバーの変わっていない鹿島はチャンスなので、2005年ばりのスタートダッシュを決めましょう。

ACLも9得点の爆勝。G大阪が同じタイのチームにホームで引き分けてしまったのとは大違い。

ACLの唯一の心残りは、青木のゴール!が残念ながらすでにマルキのゴールだったことですね。

では味スタで。すっきり勝って首位返り咲きを果たしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

快勝!PK失敗は新井場が救う!

ついに2008、Jリーグ開幕。家本問題はおいておきましょう。

前半は、コーナーキックの際には11人全員がペナルティーエリア内に入るような、

がちがちな守備の札幌に苦しみました。

G大阪が引き分けたり、浦和が負けたりで、上位陣は総ずっこけもありか?

と若干戦々恐々としながら迎えた、後半戦。

家帰ってVTR確認した限りではPKではなさそうな野沢が得たPK、

キッカーが満男なので、安心かと思いきや、どんぴしゃのタイミングでストップ。

ゴール裏を所狭しと埋めていた札幌ファンが俄然盛り上がるなか、

相手の勢いをまず止めたのが、新井場のヘディング。

実は、CKからのボールがワンタッチでゴールになることがほとんどない鹿島、

しかも、背の順でCB2人がいない分繰り上がってたまたまゴール前にいただけの新井場、

珍しいことが2つも重なった、多分2度と見られないであろうゴールでした。

その後、今度は逆にレッドでもおかしくないようなマルキの突破から得たPK,

今度は俺が蹴るとばかりにマルキがセット。が、なんと今度は枠外。

原さんはスカパーで「今日の鹿島はPK決まらない」って言ってました。

まだまだ札幌にチャンスがあると思われた失敗の後、再び救ったのは新井場。

豪快に振りぬいた左足が、ほぼ無回転シュートとなり、2-0に。

新井場って、左足であんなシュート打てるんですね。

後は札幌はもう攻撃の形もあまり作れず、サンドバック状態。

マルキの技ありシュートで、PK失敗の名誉挽回・汚名返上。

さらに終了間際には佐々木が復活を告げる4得点目。

京都では柳沢が終了間際にフリーを枠外に外していましたが、

佐々木が「俺がいるから補強は不要!」ってアピールしてくれました。

FWの駒は少ないですが、レベルの高い競争があるので、質的には充分そうです。

さあこれで開幕圧勝!明日の川崎戦次第ですが、

1節終了時点で、去年最終節まで立つことの出来なかった首位になれそうです。

水曜には早くも始まるアジアの戦いに、いい弾みがつきました。

さて、きょうの突っ込みです。

まず、今日クラハでシーズンDVD勝って来ました。帰りの道中、鑑賞しながら来ましたが、

リーグ戦を見てて気づいた、間違いを。

①16節の柏戦で、「今シーズン発の連勝を」と。

発勝利(6節・横浜FC)の後はすぐ7節(清水戦)も勝ってますけど・・・・。

②32節の柏戦で、「初出場の船山」と。

初先発ですが、初出場ではありません。オフィシャルなのに・・・・。

もう一つ。

③もう訂正されましたが、札幌戦のオフィシャルのマッチレビューで

試合後の監督コメントがゼロックスのもの。コピペですか・・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

開幕までもう少し!

いよいよ、開幕まで残り3日です。

ゼロックス国立の入場時、totoの購入補助券があるのは知ってましたが、

当日・現地限定だったのは帰宅後知りました。

今はキャリーオーバーあるのに、勿体無いことをしました。

まあ試合開始前はそれほど余裕を持っての入場ではなく、

帰りに買う気にはなれなかったと思うので、知ってても結果は一緒かも。

さて、色々なところで問題視された「家本の笛」問題ですが、

残念ながら、やはり大岩のカード取り消しはないようです。

家本は前回鹿島での大誤審に続いて、これでかなり社会的な制裁を受けたことでしょう。

そういえば、乱入軍団に対してはどういう処置だったのでしょうか。

さて、開幕へ向けて、嬉しい情報が入りました。

そう、興梠の実践復帰です。全体練習に合流したとのことなので、開幕戦はベンチ入りか。

開幕戦では河村隆一が国歌斉唱をするそうな。

河村隆一が見たいだけの人はお断りですが、河村隆一が好きな鹿島ファンで、

チケットまだ未購入の方は是非お越しください。3日前の段階でまだ18000枚しか売れてませんので。

さて、では開幕メンバーを予想してみましょう。

まず、スタメンは

曽ヶ端・内田・中後・伊野波・新井場・青木・小笠原・本山・野沢・田代・マルキ

これは誰にでも分かることなので、サブ組を。

まず、小沢・ダニーロ・増田は決定。DFがいないことを考えると、笠井か石神は入るでしょう。

MFは船山・遠藤・大道、FWは佐々木・興梠がいます。ベンチに入れる可能性があるのはここまでかな。

で、残りの4枠は石神、大道、興梠、佐々木かな。興梠か佐々木どちらかの場合は船山。

まとめると小沢・石神・大道・増田・ダニーロ・佐々木・興梠と予想。

ベンチ入り予想という、あまり意味のない予想でした。開幕が待ち遠しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

ゼロックス感想②

Yahooのトピックにこんなものが出ましたね。

鹿島vs.広島 審判の笛で波紋

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080301-00000089-jij-spo

PK戦にまでもつれたゼロックス・スーパーカップで、試合中に2人、試合終了後に1人が退場を命じられ、両チームで計9人が警告を受けた。PK戦でもやり直しがあるなど、審判の笛が勝負の行方を大きく左右した。
 敗れた鹿島の鈴木満強化部長は判定に不服を唱え、Jリーグに意見書とビデオを提出する意向を示した。広島の選手からも、警告の基準に問題があったとの声が上がった。
 鬼武健二チェアマンは「審判は反省しているはず。リーグ開幕までに準備をやり直してほしい。こういう試合でJ2が優勝したのは、いいことではない」と話した。 

この記事、一番の問題は広島が勝った事実を問題視した発言ではないかと。

政治家だったら間違いなく進退問題に発展すると思うんですけどね。

さて、試合ですが、前半、早々と数的不利になりながら、試合はしっかりコントロールできてた。

岩政の1枚目のイエローカードはよく分かりませんが、2枚目のキーパーチャージは

軽率な行動であったと反省するべきでしょう。もったいない退場でした。

後半は、早々と2点奪取。その間にオフサイドで1点あるなど、開始早々は鹿島ペース。

追加点が取れそうな展開で、結局取れなかった事実が、この試合の敗因でしょう。

青木のPK献上ファールは間違いなく誤審。マッチコミッショナーもチェアマンもきっと

発言内容からは誤審を認めているんでしょう。

去年調子のいいときの鹿島ならしっかり守れていたはずなのに、

追加点を奪われてしまったのはリーグ戦開幕への課題でしょうか。

まあ2点取ったのはよし、PK献上は事故。1失点は一瞬の隙で充分生まれうるものなので、

まあ1失点は許容範囲とするべきでしょう。

気になったのは、失点がどちらも交代直後に起こっているということでしょうかね。

PKは良く分かりませんが、曽ヶ端が5人中3人を止めてたのは凄い。

でも、どうやら曽ヶ端には動いてしまう癖があるようで、判定としては妥当なようです。

まあ曽ヶ端が試合終了後、ボールを蹴り出すほど納得がいかないのもわからないでもない。

帰るまで分かりませんでしたが、どうやら試合後、大岩も退場になってるようで。

気持ちは分かるが、もったいない退場ですね。

岩政はイエロー2枚の退場なので、確実に停止は1試合ですが、

大岩は2枚目ではなく、純粋なレッドなので、何試合停止になるかが心配。

これで開幕戦は、中後と伊野波の急造CBコンビですかね。札幌相手で良かった。

去年のカードだったら(川崎戦)・・・・。平塚戦以来の悪夢もありえたかも。

そして、最後、気持ちは分かるが、グランドに乱入した方々、激しく反省してください。

フリークスに今こそセーフティーゾーン撤廃を!ってあったけど、

この行為で当分取り外せないことが決定したし、如何なる理由があっても

サポーターとして許される行為ではない。

せっかくリーグチャンピオンとして迎えるシーズンで、観客動員増が期待できるはずなのに、

チームを支えるはずのサポーターが足かせになってはいけない。

同じチームを応援するサポとして、判定よりも、あんな大人数の暴徒が

スタンドから降りて、警備員の制止を振り切ってグランドに踏み入ってしまったのが残念。

気を取り直して、今度の土曜、王者のプライドを、鹿島で見せつけましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

ゼロックス感想①

がぁ~、不吉なデータなんか書かなければ良かった。

(気になる人は3月1日の朝10時のエントリーを見てくださいな)

正直、岩政の退場時はどうなるかと思った。

後半開始15分で、こりゃ圧勝だなって思った。それならMVPは新井場って思った。

(相手を退場に追い込む見事なプレーで)

しかし、残念ながら結果は敗戦。でもいいさ、これは事実。

公式戦連勝記録なんていつかは止まる。そんなの気にしない。

悪いけど、ゼロックスはプレシーズンマッチみたいなもの。

開幕へ向けて、いい準備段階になったはず。来週の負けは許されない。

試合そのものについては明日のエントリーで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々のゼロックス!

もう国立へ行かねば。久々のゼロックス、今年初の公式タイトルを取りに!

今、元旦のダニーロシュートを復習しました。あとは勝つのみ!

ゼロックスにまつわる、若干不吉なデータを。

2001年と2007年は前年度に天皇杯とリーグの勝者が同じため、

天皇杯決勝と同一カードになっており、どちらも天皇杯準優勝チームが雪辱を果たしています。

そして、ゼロックスを繰り上げ出場チームに敗れたチームは、その悔しさをばねに、

その年(今年なら2008シーズン)で必ずタイトルを獲得しています。

(20001は鹿島がリーグ制覇、2007は浦和がACL制覇)

3度目の正直、真のチャンピオンがゼロックス制覇を!

2度あることは3度ある、今年もチャンピオンが更なるタイトル奪取!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »