« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

これから神戸戦

他の方に今日は神戸戦、明日は神戸戦っていうのがあったので、このタイトルで。

暫定ながら、ついにレッズが首位に立ってしまいました。

シーズンが終わった段階で「今年は一度も首位には立てなかった」と言わせるためにも、

今日は必ず勝たねばなりません!

ガンバ戦は諸事情によりゴール裏2階席観戦、ACL中国・大宮戦は続けてのTV観戦。

なんか久々にいつもの感じで生観戦できるって気分です。

エルゴラッソを、マッチプレビュー見るために買ったら、全く載ってませんでした。

どうやら月曜発売の方に第9節として全部載ってしまったんでしょうかね。130円損しました。

しかし、他からの情報によると、マルキ復帰・黄金の中盤復活・ジョーカーダニーロ健在

となりそうとのこと。それなら最近の得点力不足は一気に解決しそうです。

鹿島が大の苦手とする大久保が調子よさそうなのが気になりますが、DFは固いので

大丈夫でしょう。マルキが点を取って、スカッと快勝すれば、

9節終了時点での首位は鹿島、得点王はマルキと、開幕からの定位置に戻ります。

連戦は続きますが、しっかり応援しましょう。ではカシマで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

大宮戦

重症か?内容は完敗だったような・・・。

チャンスの数からすると1-5でもおかしくないような。

う~ん、どうしたものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

首位再浮上のチャンス!

G大阪戦やACL北京戦など、大きなイベントがあったにもかかわらず、更新せず。

理由は引越しによるゴタゴタと、インターネットの一時不通。もう大丈夫です。

さて、今日の試合で、ついに名古屋が歩を止めました。

これで鹿島は3節ぶりに首位奪還するチャンスです!

3試合連続無得点や、マルキ離脱中(負傷者多数)など、不安要素はありますが、

きっと4試合ぶりにスカッとした勝利を見せてくれるでしょう。

明日は仕事が自宅待機なので、残念ながら大宮には行けません。

テレビの前で勝利の瞬間を見届けたいと思います。

話は変わって、今日の京都VS浦和戦。

一部しか見てませんが、まず森岡へのイエローはしっかりボールに行っていただけに

「?」な内容。その後、田原が退場。阿部への報復と見たらしいのですが、

リスタートは京都から。解説者も「もっと早く笛を吹いてさえいれば違った展開になったのでは」

とのこと。至極ごもっとも。浦和よりな判定に見えたのはきのせいでしょうか。

その2点以外ははっきり見てないので、何ともいえませんけどね。

この試合、ついに高原が2得点決めました。目を覚まさないでくれればいいんですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

日本代表候補発表

今日、日本代表候補が発表になりました。

が、鹿島からは0じゃん?と思っていたら、ACL組の鹿島・大阪は合宿免除でした。

浦和からはこの間に活躍が認められ?都築・永井が復帰したようで。

候補合宿なんて、チーム的に呼ばれるメリットがないので、勝手にどうぞって感じですが。

本代表には、満男さん復帰するんでしょうか?ひとつのポイントですね。

大型CBが欲しいということで、若干岩政にも期待してるんですけどね。

しかし、高原の招集は本当に必要でしょうか?今の高原なら完全に不要だと思うんですが。

さて、話は変わって、アウェイのチケ、しっかり用意しましたか?

大宮戦は仕事のため不参加なので、本日川崎戦のみ購入しました。

ぴあ・CNプレイガイド・ローソンと、プレイガイドによってはアウェイ自由席でさえも

完売してるところがあるので、用意はお早めに。

GW期間なので、もたもたしてると売り切れたちゃうよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

反響が大きいので。でもエントリーはこれが最後。

先日の件、反響があまりにも大きいので、最後にもう一度だけエントリー。

浦和さんのblogにもリンクがあるようで、そのページからもかなりの方がいらしてます。

まず、自分としては、今回の件に関しては、全ての人に謝るべきである、という考え。

まずは浦和の全ての関係者、そして鹿島の関係者に。

自分も知らなかったとはいえ、掲げる手伝いをしてしまったのは事実。

一端を担ったてしまたのは恥ずべき行為であるとは思う。

この1件に関しては、100%カシマサポ側に非がある。

そこまでは認めたうえで、反論もする。

まず、浦和さんからのコメントや、浦和さんBlogを見た限り、カシマサポ全員が同罪というのは果たしてそうだろうか?

ゼロックスの件といい、自浄作用が全く働いていないのは事実かもしれない。

しかし、ゴール裏をしっかりまとめているインファイトと、今回の1件を起こしたインファイトは

必ずしもイコールではない。それは浦和さんは認めないかもしれないが、事実。

ゴール裏で起こった事は、一様にカシマサポのせいというなら、

浦和さんが例えば最終節でペットボトルが投げ込まれたのは、浦和サポの総意と言っているのと

大差ないと思うのですが。その後しっかり処分が行われた点においては確かに違うが、

一部の人間の行動=サポ全員の意思と捕らえて点では大差ないのではないだろうか。

他にも浦和さんも発炎筒だの、色々なところで大きな問題を起こしてきたはずで、

よそのスタジアムでルールを無視する行為が必ず今でも年1,2回は起こってる。

例えば去年のカシマで、全国ネットでクルクルパーが放送されたり、

禁止行為であるスタンド内喫煙をしたりと、やってることに大差はない。

それを全部浦和サポ総意の行動と言われているのと同じなのである。

自分は決してそれが浦和サポ総意とは思っていない。

よくまとまらない文だが、最後に要旨をまとめると、

「先日の1件は、内容を知らなかったとはいえ、加担してしまっていたのは事実であり、

その内容は非常に恥ずべき行為であり、不快感を与えてしまった浦和サポや

双方のチーム関係者には心から謝罪したいと思います。

ただ、鹿島サポも大多数の人は何が起こっているかを知らずにやってしまっていたのが

事実であり、決して本意ではなかったので、その辺だけは了承していただきたい。」

ということです。自分は鹿島が勝つところが見たいだけで、浦和サポを煽りたいわけではない。

なので、サポ同士のいがみ合いに加担するつもりはありません。

ですので、例えば上の不快感を与えた部分を「いいや、笑わせてもらったからいいよ」、

とかそういう反応には今回の件に関しては反応しませんのでよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

ゴール裏、事の顛末?

各方面で話題になっている昨日の出来事をまとめてみます。

鹿島側ゴール裏で、何かメッセージ掲載(掲げている鹿サポも大半は内容知らず)

               ↓

メッセージはスペル間違い等で読めるものではなく、浦和側からは「やり直せ!」コールと失笑

               ↓

選手入場前には文字一度撤収

               ↓

ハーフタイムで再掲示。インファイトの方々は「しっかり上げろ!」と剣幕。

               ↓

レッズサポはすでに飽きてしまっていて無反応

               ↓

意味も分からずに掲示を手伝わされていた鹿サポも、状況を知って憤慨。

というのがおおまかな事の流れ。既に掲示文字内容、実際のグダグダ感は色々なblogで

出尽くした感があるので割愛。そもそも鹿島ファンが画像を持っているはずがない。

(まあ指定席観戦者もいるので、一概にはいえませんが)

で、今日見て回ったBlogでは

鹿島側は知らずに手伝わされてがっかり、あきれた等など。ゼロックスの件も含めて

しっかり処罰等の対応をするべきという意見や、もうゴール裏では観戦したくない、

鹿島サポとしても非常に恥ずかしい思いをした、というのがほとんど。

浦和ファンもまず今回の行動事態は非常に恥ずべき行為であり、選手を鼓舞する

行為ではないことが疑問。だから鹿島サポは低俗なんだという反応と、

理解のある方は、一部の人間の勝手な行動に付き合わされた残り大多数の鹿サポが

可哀想という意見。ほとんどは以上で集約されますね。

で、私個人の意見ですが、まず、実行者はゼロックスの件も合わせて、

鹿島・浦和双方のチーム、双方のサポ、Jリーグ全てが納得の行く処分をして

公表することではないでしょうか。

せっかく朝早くから並んで、わくわくしながら試合開始を待って試合を見たのに、

そんなくだらない愚考に付き合わされたこっちの身にもなって欲しい。

ガンバ戦は、初めて生でサッカーを見る人二人をゴール裏に連れて行く予定であったのに、

考え直さなくてはいけなくなった。ゴール裏のサポ減少は場合によっては

入場料収入の減収につながり、チーム弱体化にならないとも限らないことを自覚して欲しい。

去年の鹿島での応援でも思ったことですが、浦和相手だと、意識が強すぎて、

応援がいつも違う感じになったり、必要以上の紙吹雪になって、

鹿島の選手にさえ迷惑をかけたりと、何もいいことが起こらない。

サポが期待するのは、チームの勝利のみであり、それは相手がどことかは関係ない。

ましてや、戦っているのは相手チームであり、相手サポではない。

お金は熱戦への観戦料であり、わざわざサポのいがみ合いには1円たりとも払っていない。

夏には再び、今度はカシマでレッズ戦があります。そこでは選手を鼓舞するのに不要な行為、

勝利を願うのに不要な行為は一切慎んでもらいたい。浦和ファンの反応を見る限り、

浦和が仕返し的な何かをする雰囲気は今のところなさそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

埼玉からの帰宅

朝早く出て、帰宅は8時過ぎ。少し買い物などをして、家で落ち着いたのはこの時間。

映像の類は一切再確認してませんし、やべっちも見る気しないです。

疲れたし、別に映像で確認したいようなこともない。

まず、最初に、ゴール裏で掲げた文字。当然自分たちには何と書いてるのかは分からない。

ハーフタイムにも再度掲げたので、気になってインファイトの人に聞いて見た。

掲げてる文字の内容を聞いてがっかり。子供じゃあるまいし、何の意味があるのだろうか。

ゴール裏の人が、気持ちよく観戦できなくなるようなことは一切やめてもらえないものだろうか。

正直、企画・実行した人たちの考えを疑う。しかも、あれではゴール裏の総意と捕らえられる。

内容が内容だけに、今後変な問題に発展しないことを祈ります。

きっと勝ったことに気持ちよくした浦和ファンも鹿島Blog徘徊をするのだろう。

あくまでも一部の人間が勝手にやった行動であり、鹿島サポの総意ではないので、

どうか丸く治めてもらいたい。鹿島での復讐とかはない大人の対応をお願いします。

さて、試合。かるくまとめます。きがむけば明日再度エントリー。

まず、試合内容としては勝てるはずだった。いままではこういう試合を落とさなかったから

14連勝。まあ記録はいつか途切れるもの、切れたことは気にしない。

リーグ戦は負けてもまだ取り返しが付くので(というか、まだ貯金があるくらい)、

怪我人に関してはG大阪よりも北京に標準をあわせて欲しい。最後に交代したイバも心配。

前半、高原のうちは負ける気しなかったけど、やっぱり前半で交代。

内田のレベルが高いんだろうけど、伊野波ではやはり不満。

上がりが遅いし、有効的な攻撃にならない。鹿島のスタメンを張るには厳しいレベル。

ダニーロは要所要所では効いたけど、後半はやっぱり少しバテタか。

大岩さんのバックパスは自分で止めを刺したボーンヘッド。

あれでせめて引き分けに!の空気もぶち壊された。

現地では気づかなかったけど、ちょっと見たよそのblogではイバが

負傷交替の可能性があるそうな。

2失点目は鹿島らしくないベンチワークが原因と思っていたのだけれど、事情があるようだ。

しかし、珍しくうちの監督交代が後手に回りました。まあ終盤引き分けこそあれど、

負けた状態で突入するのは去年の9月以来ですからね。

生で敗戦を見届けたのは去年6月の東京戦以来でした。

(去年の金沢ガンバはテレビ、名古屋は数日後に録画観戦。)

あ、ゼロックスは自分の中では引き分け的な処理をしているので、カウントしていません。

次はG大阪戦。首位からは陥落してしまいましたが、新潟相手に引き分ける相手に

連敗するわけには行かないので、ちょっと休んだら切り替えていきましょう。

勝てば首位奪取のチャンスです。得失点差を考えると、3位以下への転落はまずなさそうです。

ってわけで今日はこの辺で。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

明日は浦和戦じゃ!

明日は浦和戦。気になるいくつかのこと。

①審判:新井場の天敵はどうやら今日大分にいたようで。少なくとも、彼の顔は見ないで済む。

リーグも注目度を分かってるだろうから、もしかしてジャスティス?

この間の、意味不明大久保退場が気になります。

②天気:予報が晴れ→雨という最悪変換に。よく知らないんですが、サイスタは雨が辛いようで。

去年の33節、指定席で見てしまったことを後悔したので、今回は初のサイスタゴル裏です。

今現在、Yahoo予報では1mmにも満たない小雨がほぼ1日中で、気温も10度。

昼前から並ぶ予定ですが、かなりきつそうですね。しかし、試合になればそんなの関係なし!

スタメンは内田→伊野波で落ち着きそうです。野沢が無理でもダニーロいるから心配しません。

会場は1時だそうで。早く寝よう。朝は早い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

マジか?最悪だ。篤人骨折かよ・・・

軽症を信じていたのに・・・・。

第3腰椎横突起骨折だそうな。復帰には数週間かかるそうな。

4月の山場、あと3試合ありますが、欠場は決定です。

いや、うろたえてはいけない、鹿島にはいいメンバーがいる。

去年1年間は走り続け、今年も走り続けないはずだった篤人。

きっと休め、と強制指令が下ったんです。

ゆっくり休んでもらいましょう。リーグ戦は長丁場。ACLもノックアウトステージは夏以降。

今は多少の休憩は許されます。前向きに捕らえましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

ACL3連勝!予選突破へ前進。

ダニーロのゴールで1-0でACL3連勝!予選突破へ前進。

ただ、ACLは勝ち点が並んだ場合、優先されるのは当該チーム同士の直接対決。

なので、今得失点差12は意味がないのです。

次の中国戦で1点差以内の負けが許される状況になっただけで、2点差の負けはすなわち

予選敗退濃厚を意味します。次もまだまだ負けられない戦いが続きます。

さて、鹿島ですが、日曜日には序盤戦の大一番、レッズ戦を迎えます。

しかし、内田・野沢・小笠原と中心選手が3人も状態不良です。かなり心配。

現地観戦時は、ついに鹿島もターンオーバー導入か?なんて思ったんですが、

TV情報では野沢は右足首の怪我だそうで。去年のレッズ戦ゴールがあるだけに・・・・。

代役として、ダニーロも充分計算できますが、不安・・・・。

途中交代した内田の怪我も、小笠原の左足も、気になることだらけ。

まあ今日は勝った事をよしとしましょう。明日になれば情報も増えるでしょう。

最後に、今シーズン初めて曽ヶ端が活躍しましたね。PKはGJ!

ただ、日本の審判だったら、やはりやり直しになってそうな動きだったような・・・・。

ヒーローインタビュー後、ゴール裏に上るのを期待してたんですけどね。

キーパーがヒーローになるって、年1回あるかないかのチャンスだから、期待したんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

千葉戦の写真。 とちょっとした決意。

僅かですが、千葉戦時に撮影した写真をアップ。

まずは両チームのサポーターたち。鹿島は最近観客数アップの影響もあり、

ゴール裏1階は両サイドまでびっしりです。対する千葉も、近いだけあってなかなかの数です。

Dsc00812_r Dsc00813_r

何かしてくれそうな期待感があるダニーロ。あとは円陣。

ちなみに、ダニーロのバックチャージに毎回毎回どきどきしてるのは自分だけでしょうか。

出場時間に対してイエローはかなり多いほうだと思うんですが。

Dsc00814_r Dsc00815_r

試合中は写真を取るのを忘れてしまうので、後は試合後。

といっても、FW揃い踏みの記念すべき瞬間は抑えておきました。

しかも、不可解?PKの前。この写真が取れた時間は5分もなかったのではないでしょうか。

(興梠の後、点が入るまでは7分くらいありますが、スコアが表示されてる時間は短い)

Dsc00816_r

Dsc00817_r Dsc00818_r

あとは試合後、せっかくの大勝に水を差された感のあるPKで喜び半減。

でも鹿島が強さを見せ付けて勝ったのは間違いなく事実です。

さて、ちょっとした決意。昨日、とある番組で心臓移植を海外でした

少年のことが取り上げられてました。そういえば、田代が応援してる人もいたなと。

で、その方の救う会のサイトを見てみました。

大分募金が進んでいるようですが、もう2000万円ちょっと足りないようです。

なので、自分も少しですが、できる範囲で協力をしようと思いました。

なので、「田代がゴールを決めるたびに募金する」という自分ルールを作りました。

ちょっとした遊び心ですが、今後田代が公式戦でゴールを決めるたびに、

わずかですが募金に協力しようと思います。ちょっとした決意でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

2008、J1第5節、VS千葉@カシマ

去年、同時期に大宮戦をしたとき、観客数は10000人を切っていたように思います。

それが昨日は17000人。開幕2試合がどっちも20000人オーバーであったことを考えると、

優勝&開幕ダッシュの集客力は凄いですね。

さて、試合ですが、心配された満男さんは問題なく元気なところをアピール。

今後の連戦を考えたら、この強行出場が吉か凶かは難しいところですが、

監督がGOと判断したのなら、きっと大丈夫なんでしょう。

その辺も信頼できる監督ってのもいいですね。酷使による長期離脱だけは防いで欲しいので。

さて、試合ですが、新潟戦同様、前半20分も立たないうちに、田代のゴールで勝利は決まりました。

後はスコアだけの問題ですが、FW祭りで全員1得点の4得点!

オフィシャルでは「PKから1点返されたもののフォワード全員がゴールを決め、鹿島は4-0と快勝」

とありますが、勿論1点返されているので4-1で圧勝でした。

千葉には決定機らしい決定機はなく、当然の結果ですね。

守備的な部分では本山のほうがいいのかもしれませんが、攻撃面で見ると、

少なくともダニーロが明らかに劣るということはないと思います。

去年のスタメン時代のときのように、ファンが冷ややかな反応をすることもなくなった?

ダニーロ・マルキラインは、ゴールにこそ直結しませんでしたが、いいパス何本も出てましたね。

試合終了間際には興梠が野沢からのアシストで今季初ゴール!

FW4人全員が結果を残すことで、確実に競争力が上がり、チーム力も上がります。

少数精鋭とはまさにこのこと、頼もしい限りです。

興梠が決める前には、出場からわずか2分で佐々木もゴール。

今シーズンは途中出場すれば必ず得点する好調ぶり。

去年見られた突破、というのは今年はまだ少ないですけど、ACLといい、

昨日のゴールといい、嗅覚が素晴らしいですね。札幌戦のゴールは技ありですけど。

昨日のゴールはダニーロの完璧な落しから生まれたものなので、

ダニーロコールもして欲しかったです。佐々木の後ろには大岩さんも居りましたが、

大岩さんよりも若くて途中出場の竜太のほうがチームは勢いに乗れるので、

それはよしってところですね。

さあ、ここからはフリークスにもあった、今シーズンを決めかねない4連戦です。

ACLを見れば予選突破の可否が決まり、リーグを見ればなんだかんだで4位5位にまで

上がってきた浦和・G大阪が相手です。

去年、4月の浦和戦、8月のG大阪戦と、どちらも上り調子だったチームが、

苦杯を飲まされた相手。この連戦で叩いてしまえば、一気にさらなる加速が出来ます。

鹿島が樹立したリーグ16連勝(延長含む)に並べる(90分勝利のみ)チャンスです。

日程・相手とも厳しい日々が続きますが、1戦ずつ着実に行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

開幕4連勝!内田復活!田代初ゴール!

1日遅れのエントリー、今更感がありますが、いつものことなので気にしません。

さて、試合内容としては、3連敗中のチームだけあって、昨日の試合はまあ結果通りかな、と。

新潟も中々いい形があって、田代でもいれば怖いなってシーンがあるにはありましたけどね。

ここのところ元気がないといわれた鹿島の代表コンビ、特に内田ですが、

岩政の活が効いたのか、持ち前の攻撃参加が随所に見られるいい試合でした。

そしてその内田から田代へのいいクロスがあり、田代もリーグ戦初ゴール!

鹿島ファン的には前半のあの早い時間で、勝ちは決定したわけです。田代のゴールですから。

後半もまずは鹿島ペース。ゴールが2点3点した小笠原のミドルはさすがですね。

入ったのは運が良かったですけど、あのエリアで彼にフリーで打たせたらいけませんよ。

ゴールは小笠原→試合中にO.G.に訂正→試合後鹿島の抗議で小笠原のゴールに再修正。

抗議してむるもんですね。去年の台風の大分戦、大分が抗議すれば3点目は・・・・・。

本山の退場は、どっちも大きく間違った判定ではないと思います。

1枚目は確かにボールに行ってるので、ファール判定自体は微妙に思いますが、

その後のあの抗議の仕方ではイエローも致し方ないかなと。

2枚目のイエローは、ファール自体がスカパーでは映像として捕らえられていないのですが、

ぎりぎり見えた範囲では確かに後ろから行ってるようにも見えました。

まああの短時間で2枚も出さなくていいだろうというのと、

出すときに審判が笑っていたのはどうかと思います。

去年唯一の全試合出場、本山は5節にして早くも出場停止となってしまいました。

1人少なくなってからは、若干押し込まれる時間が長くなったように思いますが、

まあ安定した鹿島の守備は崩れることなく、2-0で無事に終了しました。

最後のマルキは見ていてわざとそこに蹴った?と思いたくなるような感じがしたんですが、

まあ当然気のせいでしょう。結構外した後はがくりしてましたから。

これで順調に勝ち点を伸ばし、4連勝!どこかのblogで開幕連勝は優勝できない

ジンクスがあると書いてありましたが、私が見たものは鹿島の開幕4連勝は過去5度で、

ステージ優勝含めると3度は優勝しています。優勝確率は60%?

さあ、土曜日はこれまた調子の上がらない千葉戦。しっかり叩いて5連勝、首位固めを。

さて、本山の出場停止ですが、土曜はどういう布陣になるでしょう。

本命:本山→ダニーロの変更のみ。

対抗:本山→小笠原、小笠原→中後の変更。

大穴:本山→増田の変更のみ。

ダニーロは好調なので、スタメンで使うか、あえて切り札としてベンチに置くかですね。

対抗は2箇所もいじってしまうので、逆に大穴より確率は低いかも知れませんが。

しかし、数パターン考えられるというのは、選手層の厚い証明でしょうかね。

千葉戦の後はACL北京国安(日本)、浦和(AWAY)、大阪(HOME)、ACL北京国安(中国)

と序盤にして今年の最大の山場が待ってます。1戦1戦を確実に行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

よそ様のことですが、フッキで思うこと。

滅多に鹿島以外のエントリーは書かないのですが、ちょっと思ったことを。

どうやらフッキは東京Vに移籍で決定のようです。しかし、東京Vも5億って、お金ありますね。

J1に残留できるなら5億はきっと高くはない買い物なのでしょう。

さて、この件で、実は一番気になっているのは「フランシスマール」です。

去年、川崎に移籍しました。川崎は外国人選手獲得がうまく、

2位のチームがいい外国人を取ったら怖くなるなあ、なんて、

選手自身を見る前から思っていました。

ところが、PSMで全治半年の怪我をしてしまい、結局復帰後も満足に

試合に出れることなく、契約満了で退団となりました。

そして、今回、開幕直前に、東京Vが外国人枠が余っていたからだとおもいますが、

フランシスマールをテストの後獲得しました。

で、今回、東京Vがフッキを獲得したって事は、外国人選手が4人になる=1人は確実に

ベンチ外になる、ってことです。で、現在レアンドロ・ディエゴの2選手はスタメン、

フランシスマールは出場機会すら与えられていません。

ってとは、もれなく、フランシスマールは今年も東京Vにいる限り、

満足に試合に出れるシーズンを送ることは出来ない、ってことになります。

チャンスの与えられない助っ人は不憫でならないのですが、どうなりますでしょうか。

鹿島的には外国人枠が余ってっても、今のところ必要性はないし、

未対戦の川崎から対戦済みの東京Vへの移籍はラッキーなんですけどね。

フッキの東京V移籍、メディア情報も錯綜しているので、100%確実とまではいえません。

早ければ今日にも正式発表がありえるそうですが、どうなるでしょうか。

長々とよそ様のことを書きましたが、鹿島はしっかり調子の上がらない新潟を叩きましょう。

相性の決して良くないビッグスワンですが、今の鹿島には無関係でしょ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »