« 最低限の結果は得たかな。 | トップページ | 2008、J1第12節、VS清水@日本平 »

2008年5月 9日 (金)

2008、ACL予選5節、KTB戦@カシマ

もう少しKTB戦を振り返りたいと思います。

まず、最低限勝ち点3が求められる試合。万が一にも引き分けは許されず。

見ていて、とにかく早い時間の先制点、さらには追加点が欲しい試合。

前半20分でそれらが達成され、試合としては非常に楽な試合。

セットプレーもやりたい放題、サイドをえぐればザルな中の守備で、終わってみれば

8得点の圧勝。とにかく今は結果が求められる中、ひとつのきっかけになればと切に願います。

さて、もっと具体的に。

まずは良かった点。

・先発FWにゴールが生まれた。

・野沢がゴール前でしっかり仕事をした。

・小笠原のセットプレー、精度がアップ!  の3点が挙げられるでしょうか。

悪かった点はもっともっと思い浮かびます。

・FW3人全て決定力なさ過ぎ。興梠も佐々木もいい時を知ってるだけに・・・。

・田代は悪すぎる。ゴールのシーンも、キーパーのいないところへ完璧なゴールが欲しかった。

・伊野波は・・・・。サイドでもダメ、CBでも及第点にはならず。

・この試合、一番の悪しき点は最後の失点。今のカシマの象徴。

って感じでしょうか。内田は清水戦で戻ってきてくれるでしょうか。

左の新井場は、ストレスなしに見てられるので安心。

右は笠井が比較的長時間出場しましたが、やはりまだまだ。

伊野波に比べて、攻撃への意識は高そうですが、連携等、これからの課題が山積み。

監督も、あえてためすという意味で、初めから出すつもりでいたようで。

本山と大岩の状態が気になります。大岩さんは大事を取っただけでしょうか。

そういえば、FWの連携も気になります。佐々木も興梠も自分が!の意識が強すぎて、

お互いをうまく使えていないように思います。

点差があったので、自分で行きたい気持ちは分かりますが、

個人プレーに走られてしまうと、守ってる側が怖さを感じないのでは?

あの点差で、途中出場ながら、ゴールを決めればしっかり大きく喜ぶダニーロは、

ある意味本当のプロですね。他の人は決めて当然といった感じで、

一瞬見ただけだと、ゴールかどうかの判断付かず。

昨日のような試合だと、どっちがいいのかは判断の分かれるところかも知れませんが、

自分は応援する側としては、ダニーロスタイルを好みます。

さて、勢いの付いたところで、リーグ戦も6試合ぶりの勝利と行きましょう。

相手もこれまたきっかけをつかめずに苦しんでいる清水です。

最近の相性のよさを見せ付けましょう!

あ、前に宣言した田代ゴール=純平君募金、実は宣言後田代のゴールは初です。

なので、宣言依頼始めてまた振り込みました。ま、ほんの気持ちですけど。

|

« 最低限の結果は得たかな。 | トップページ | 2008、J1第12節、VS清水@日本平 »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/20848643

この記事へのトラックバック一覧です: 2008、ACL予選5節、KTB戦@カシマ:

« 最低限の結果は得たかな。 | トップページ | 2008、J1第12節、VS清水@日本平 »