« げんを担いでみよう | トップページ | ACL決勝トーナメント決定。 »

2008年5月18日 (日)

2008、J1第13節、VS柏@カシマ

げんを担ぎましたが、ダメでした。

14連勝で忘れかけていた、勝ち点3を取ることの難しさ。

中断期間で思い出してもらいましょう。

しかし、スタメン、そう来ましたか。右は伊野波?内田?との議論の中、中後でしたか。

増田は紅白戦で1度スタメンの可能性を与えられるも、結局物に出来ず、

出てきたのは本山と野沢でした。

FW、まさか田代がスタメン落ちとはね。まあ最近の調子では致し方ないか。

さて、試合。序盤から結構カシマペース。ちゃんと走れてたし、中盤の連動もあったかなと。

少なくとも、日本平よりも得点のにおいのする試合でした。

前半、本山から野沢への決定的なスルー(興梠がカットしてしまい・・・・)は

最近の鹿島にはなかった中盤の連動で作り出したチャンスかなと。

しかし、終わってみれば、結局得点は1点のみ。

PKの呪縛から逃れられたか?ってだけでしたね。

ソガのあのファール、危険すぎます。あのタイミングでソガ出る必要あったのかな?

見ていて、逆サイド気味ですが、DF2人いたので、任せたほうが良かったように見えました。

実際、完全にソガの負けだったわけですから。あれは赤じゃなくて大きく助かりました。

青木が途中交代にはびっくりしましたが、多分伊野波も内田もいない水曜のACLに備え、

中後を90分使いたかったんだと思います。

試合終了後、ゴール裏から沸き起こった、選手挨拶時のアントラーズコール、

これが今のサポの気持ちなんでしょう。

選手が苦しんでいるのは分かっている、だから俺らは応援し続けるってね。

首位との鹿島の実質の勝ち点差はたったの4。7戦も足踏みしながら、たったこれだけの差。

残り20試合で4です。去年、中断時は3位であったけど、残り16試合で差は11。

中田浩二も帰ってきて、中断でマルキも戻ってくるし、代表に呼ばれない小笠原・田代も

復活してくれることでしょう。そもそも、鹿島が優勝する年は後半に強いんです。

まずACLを予選突破しましょう。岩政も言ってましたが、前半の最大の目標は

ACL予選突破です。前を向いて1歩ずつしっかりあがっていきましょう。

さて、浦和でまた大暴動が起こりましたね。

勝ったチームが円陣を組んで喜ぶ、確かにカシマでやられたら相当怒ると思いますが、

しかし、勝負の世界で、負けた浦和側に文句を言う権利はないと思います。

相変わらずトゥーリオも都築も柄が悪すぎる。

サポ同士の物の投げあいもいかがなものかと。スカパーでしっかり投げ合ってるの

写ってますからね。鹿島の愚考もありましたが、やはり浦和側も自分たちの愚考を

しっかり見直すべきでしょう。囲んで相手サポ帰れなくしてはね。

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=jleague&a=20080518-00000021-spn-spo

勝ち点減点の可能性もあるそうです。まあ罰金程度で、減点はないと思いますが、

もしそうなら大賛成です。まあそんなものなくても最後は鹿島が上に立ちますけど。

|

« げんを担いでみよう | トップページ | ACL決勝トーナメント決定。 »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/21012536

この記事へのトラックバック一覧です: 2008、J1第13節、VS柏@カシマ:

« げんを担いでみよう | トップページ | ACL決勝トーナメント決定。 »