« AWAY磐田戦、レッズ戦チケ発売 | トップページ | 首位奪還のチャンス。 »

2008年7月 5日 (土)

2008、J1第15節、VS磐田@エコパ(TV観戦)前半45分

テレビを見ながら、気になったことを箇条書きにする、という書き方で書いています。

スタメンに大岩が復帰しました。ダニーロはやはり欠場ですが。

前半4分中盤から逆サイドへ新井場への展開からアーリークロス。田代がつぶれ

ダメかと思ったら小笠原が詰めててきっちり押し込み先制、1-0。

前半14分磐田の波状攻撃、右サイドのスペースを駒野に付かれ、センタリング。

ソガが弾くも、セカンドボールを拾われシュート。万事休すと思いきや、ゴールラインで

篤人が書き出し、磐田の得点ならず。

21分、村井に篤人が抜かれるも、その後自分でしっかりカバーし、ゴールキックに。

そのゴールキックから鹿島のチャンス。本山がミドルを狙うも、成岡のナイスカバーに

あってCK。そのCKは岩政スカ、田代に当たるも、田代は飛び終わった後で、当たっただけでおしまい。

ここまでの印象は、磐田のサイド攻撃に揺さぶり続けられてる感じ。

中でなんとか凌ぎ切っていますが、今のままだと守りきるのは難しい感じ。

30分本山からパスを受けた田代がうまくシュートコースを空けるも、

ミドル気味のシュートは枠を捉えず。

31分相手陣内深いところから新井場のスローイン、中では競り勝てなかったものの、

ルーズボールを拾った野沢が右サイドでフリーだった篤人へ渡り篤人のミドル。

これは惜しくも枠を捉えず。

34分篤人のミスからのスローインも、中盤ですばやくカットしてカウンターへ。

本山がゴール裏へ持ち込み、新井場が本山を追い越す動き。

本山をケアしていた相手15番が新井場に気を取られ、PA内で本山にシュートコースが。

あ!シュートコース開いた、と思った次の瞬間、ゴールはゴールネットへ、2-0.

得点後、相手ペースな時間が長い中、ワンチャンスを物にして追加点。

名古屋戦の再現を見ている感じです。

その後は大きなチャンス・ピンチもなく前半終了。

前半でちょっと野沢の動きが気になります。ダニーロがいれば、野沢はここでOUTでしょうか。

さすがに前半2-0で折り返したので、鹿島の守備力を考えたらまず負けはなく、

勝ちもかなり固いと思いますが、どうでしょうか。では後半戦へ。

と思ったのですが、書いてる中に仕事への呼び出しがかかってしまいました。

なので、後半はリアルタイムでは見れません。続きはどうしましょ。

|

« AWAY磐田戦、レッズ戦チケ発売 | トップページ | 首位奪還のチャンス。 »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/22093354

この記事へのトラックバック一覧です: 2008、J1第15節、VS磐田@エコパ(TV観戦)前半45分:

« AWAY磐田戦、レッズ戦チケ発売 | トップページ | 首位奪還のチャンス。 »