« あちゃ~、ヤナギにやられた~ | トップページ | 首位再浮上。しかし、誤審のお陰。 »

2008年7月21日 (月)

2008、J1第18節、VS横浜Fマリノス@日産

相変わらず見づらいですね、日産スタジアムは。

去年の横浜FC戦みたいに、2階席を開放してくれれば、もう少し見やすくなると思うんですが。

試合は2点とった後はなんとなく受身の試合だったような。

ボール支配率は35%程度のようですが、それでもまあしっかり守れていたって事ですね。

前半の左サイドからのクロスをゴール前で外してくれたり、

後半松田ののシュートがポストに嫌われたり、

(これは現地では分からず。帰宅後にTVで知りました)と、

決定力の無さに助けられた部分はありましたが。

マリノスは5勝3分10敗と、大きく負け越しているにもかかわらず、得失点差は-2。

前節までの5連敗は全て1点差負けなんですね。

今日の内容も、やはりなにかがおかしいなとおもうような内容でしたが、

決して弱いチームでもないことも分かりました。

是非ここからは調子を上げて、上位陣に噛み付いて欲しいものです。

さて、では鹿島側の視点で書きます。

先発は大岩→中田、野沢→ダニーロ、田代→興梠と、

オリベイラにしては珍しく大幅に変えてきました。

鹿島が2点取るまでは比較的鹿島ペースで、マルキのシュートは圧巻。

帰宅するまであんな35mもあるロングシュートは気づきませんでした。

そして23分のトリックFKからのダニーロシュート。あれは鹿島の武器になりますね。

名古屋戦のミドルや、You Tubeで皆が見たスーパーミドル、決してまぐれではありません!

興梠も、マルキからの絶妙スルーをうまく体を使って最後はドフリーになり、

落ち着いて右隅へシュート。田代バリにあるジャンプ力があることも分かり、

興梠の今後が益々楽しみになりました。

ただ、今日は全体的に、制空権を全く取れていなかった感じがします。

特にダニーロ→マルシーニョ以降は。

前線で一つのポイントになる田代の威力というのも大きいことを実感。

調子の上がらない田代、野沢、どちらもきっと浦和戦には出てくるんでしょう。

迷っている上にスタメン落ちの危機で、あせってさらなる不調に陥らないことを祈ります。

これからまだまだ続く過密スケジュール。選手全員の力が必ず必要になります。

暑い選手層の中で切磋琢磨しあって、さらなる飛躍を。

マルシーニョは、まだまだこれからの選手なので、温かく見守りましょう。

元セレソン、ダニーロほど順応に時間がかかっては困りますけどね。

今日一番の心配事だったのは、カード。マルキ・満男、ダニーロと、

誰一人欠かせない選手。後半35分頃には小笠原を交代させてくれって祈ってました。

イエローで次節出場停止は嫌なので。まあ杞憂に終わり、鹿島はカード0。

なので、次はフルメンバーで(内田は仕方ないです)浦和戦に挑めますね。

|

« あちゃ~、ヤナギにやられた~ | トップページ | 首位再浮上。しかし、誤審のお陰。 »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/22436730

この記事へのトラックバック一覧です: 2008、J1第18節、VS横浜Fマリノス@日産:

« あちゃ~、ヤナギにやられた~ | トップページ | 首位再浮上。しかし、誤審のお陰。 »