« とりあえず首位奪還。 | トップページ | 28節終了。首位キープ。 »

2008年10月 5日 (日)

引き分けに終わったG大阪戦。

昨日はテレビで観戦。今年は次の京都戦が鹿島開催試合初の不参加で、

それ以降残り5試合は全試合観戦予定です。大分も札幌も行きます。

さて、試合ですが、まあ両チーム調子がいいだけあって、いいゲームだったような。

もちろん鹿島は勝ち点3が欲しかったですが、是が非でも欲しかったのはもちろん大阪の方。

AWAYで調子の上がってきたG大阪相手にドローも全然問題ないでしょう。

まだ浦和・名古屋の試合は残っていますが、鹿島の順位は下がっても2位までです。

この引き分けで、優勝戦線からG大阪はほぼ消えたわけです。

試合には、久々に野沢が登場しました。復活はもう少しかかりますかね。

で、この試合、最も問題だったシーンはあのラグビー(レスリング)タックルです。

あれがイエローなのは明らかな誤審であり、囲みだ!の一言で

審判だけが保護されるのはおかしな話です。

ただ、あの場面、退場覚悟で中沢も引っ張ったわけで、悪質なファールではありますが、

中沢の行動もある意味のプロだったってことでしょう。

で、ファールでも佐々木をしっかり止めて一度プレーをきられた以上、

超決定機は消えたわけです。あれが退場なら鹿島が勝ち点3だったか?といえば、

たらればの話ですが、きっと違ったでしょう。

ま、自分の考えとしては、最低限の勝ち点1を獲得したのでよし、ってところです。

しかし、今年、開幕前には鹿島・浦和・大阪・川崎の4強といわれてシーズンが開けました。

川崎はフッキ騒動がありましたが、まあ数年は実際この4チームがリーグを引っ張っててます。

で、今年、鹿島はこの4強同士のリーグ戦は4分2敗という結果になりました。

他に現在調子の良い名古屋・大分・東京相手には3勝1敗としっかり勝てているので

今の順位に居れるんですが、逆に言えば本当に強いチーム相手にしっかり勝てないから

混戦を抜け出せないともいえます。マルキもここ2年でこの3強とリーグ戦で6試合、

ナビスコで2試合、天皇杯で1試合の9試合戦っていますが、奪った得点は

鹿島開催の川崎で今年去年1ずつの2です。浦和・G大阪には相性が悪いんですね。

しかし、もう3強との対決はありません。所詮名古屋が勝ったとしても勝ち点差はたったの2。

連覇へ、マルキへ、視界は決して悪くありません。2週間しっかり休んで

Last6へ挑みましょう。(順に京都H、東京A、新潟H、大分A、磐田H、札幌A)

|

« とりあえず首位奪還。 | トップページ | 28節終了。首位キープ。 »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/24276745

この記事へのトラックバック一覧です: 引き分けに終わったG大阪戦。:

« とりあえず首位奪還。 | トップページ | 28節終了。首位キープ。 »