« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月26日 (日)

敗戦。しかし、何も失ってはいない!

首位固めの絶好機だったわけですが、結果は敗北。

初のACL出場に燃えるFC東京に完全にやられる形になりました。

確かに、かなり再度の攻防で負け、セカンドボールも収まらず、

結果は妥当な感じですかね。ダニーロも前半で交代が妥当だったような・・・。

本山に打撲が無ければ?と思ってしまいます。さて、もう少し詳しく試合の感想を。

まず前半。ほぼFC東京ペース。マルキのミドルが唯一のチャンスというくらいで、

終始東京にペースを握られ、セカンドボールも全く鹿島側には収まらず。

まあ辛くも0-0で折り返したような感じでした。

後半どう修正してくるのかと思いきや、まず開始早々ダニーロとマルシを交代。

これが功を奏し、開始10分は鹿島ペース。

この時間帯で先制出来なかったのが勝負の分かれ目。

まだ鹿島ペース気味だった時間帯に、CKからの失点。

その後、マルシの初アシスト?を興梠が押し込み同点。

この段階でカシマの再現を期待したわけですが、追加点を奪ったのは東京。

サイドを崩され、まあ致し方ないような失点が2つ。さすがに1-3となっては勝負あり。

ただ、鹿島ファンなら、誰もが感じたであろう、大きな収穫がこの試合にはありました。

そう、有三の復活です!得点シーンもそうですが、その後もPA内で、

今まで見せたことの無いような足裁きを数回見せてくれました。

田代の得点=勝利の構図は今日で終わったわけですが、先日のサテライト戦で

田代のゴールがあって、試合自体は1-1引き分けというのがあるので、

まあ全勝記録とか、どうでも良い記録は終わったわけです。

そんな記録よりも、やはり田代の復活、これだけでも鹿島には大きな収穫です。

残り4試合はカシマで大敗癖のある新潟、最近5年鹿島に勝ててない磐田とカシマで、

目標が何もない札幌とAWAYで試合があり、石油ドームの試合を

贔屓目に引き分けと考えても、鹿島の最終勝ち点は63。

この成績で鹿島が優勝できないのは、唯一2位のグランパスが4連勝した場合のみです。

今日負けはしましたが、鹿島は何も失っていませんし、まだ首位、これが事実です。

天皇杯があるので次は2週間後。一息入れて、ラストスパートへ備えましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

首位固めの絶好機!明日はFC東京戦。

久々のエントリーです。前回京都戦はほとんど見ていません。

録画確認をしたのが月曜の深夜で、しかもほぼ得点シーンのみ。

なので、エントリーは起こしませんでした。

さて、明日はFC東京戦なわけですが、それに先立ち、今日4試合行われました。

そのなかに、2位名古屋と3位大分の試合があったわけです。

結果はご存知の通り、名古屋はドロー、大分は敗戦と、

鹿島には願ってもない結果となりました。

名古屋戦を後半最後の30分見ていましたが、結構ひどいですね。

磐田ともども内容が悪すぎます。これで名古屋はここ5試合を4分1敗。

マギヌン不在は相当大きいようで、今日の試合を見る限り、名古屋が

最終的に鹿島を逆転する力があるようには見えませんでした。

大分は試合終了後のハイライトのみ見ましたが、結構チャンスはあったのに、

決めれなかった感じです。そもそも今の大分は、先制逃げ切り以外に勝つすべを持たないチーム、

30試合31得点の攻撃力ではさすがに優勝はきついでしょう。

そんなわけで、1試合少ない今の時点で、鹿島の30節終了時点の首位が決定しました。

スポーツニュースで暫定の順位表が出ると思いますが、

鹿島の首位は暫定ではないということです。

鹿島は明日勝てば、残り4試合で2位と勝ち点4差と、残り試合数で見れば

優勝へ向けて、大きく抜け出せると言えます。

相手もACL出場権へ目標を持ったチーム、決して楽な試合ではありませんが、

得点王確実マルキと日本代表FW興梠の2トップ、中盤のそこを支える中後・青木コンビの

活躍で、しっかり勝ってしまいましょう。

明日を含めここから4連勝すれば、33節ホームで優勝を決めることが出来ます。

1シーズン制移行以降、4年目にして初の最終節待たずに優勝を決めれるチャンスです。

最終節での劇的優勝もいいですが、やはりホームで優勝を見たいですよね。

そのためにはまずは明日。1つ1つしっかり行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

28節終了。首位キープ。

名古屋が勝利を収め、勝ち点差2の2位でLast6へ突入すると思ったのですが、

名古屋は勝つどころか、ロスタイムに追いつくのが精一杯のかろうじて引き分け。

鹿島が首位をキープして残り6試合になります。

さて、優勝の可能性は7チーム。その今後の対戦を見てみると

50:鹿島:京都、東京、新潟、大分、磐田、札幌

50:名古屋:横浜、磐田、柏、京都、札幌、大分

48:川崎:清水、札幌、大宮、大阪、神戸、V東京

48:大分東京、神戸、千葉、鹿島、柏、名古屋

47:浦和:神戸、新潟、札幌、清水、大阪、横浜

45:東京大分鹿島、大阪、神戸、新潟、千葉

44:大阪:磐田、清水、東京川崎浦和、新潟  となります。

相手が厳しいのは大分と大阪。逆に楽なのは名古屋と川崎、浦和になります。

日程では川崎と鹿島、東京がリーグ戦のみなので、楽ということになります。

これはあくまでも羅列でしかありませんので、それ以上は何も客観性はありません。

日程、相手的には名古屋・川崎に初制覇のチャンスが大きいことになります。

しかし、勿論優勝するのは鹿島ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引き分けに終わったG大阪戦。

昨日はテレビで観戦。今年は次の京都戦が鹿島開催試合初の不参加で、

それ以降残り5試合は全試合観戦予定です。大分も札幌も行きます。

さて、試合ですが、まあ両チーム調子がいいだけあって、いいゲームだったような。

もちろん鹿島は勝ち点3が欲しかったですが、是が非でも欲しかったのはもちろん大阪の方。

AWAYで調子の上がってきたG大阪相手にドローも全然問題ないでしょう。

まだ浦和・名古屋の試合は残っていますが、鹿島の順位は下がっても2位までです。

この引き分けで、優勝戦線からG大阪はほぼ消えたわけです。

試合には、久々に野沢が登場しました。復活はもう少しかかりますかね。

で、この試合、最も問題だったシーンはあのラグビー(レスリング)タックルです。

あれがイエローなのは明らかな誤審であり、囲みだ!の一言で

審判だけが保護されるのはおかしな話です。

ただ、あの場面、退場覚悟で中沢も引っ張ったわけで、悪質なファールではありますが、

中沢の行動もある意味のプロだったってことでしょう。

で、ファールでも佐々木をしっかり止めて一度プレーをきられた以上、

超決定機は消えたわけです。あれが退場なら鹿島が勝ち点3だったか?といえば、

たらればの話ですが、きっと違ったでしょう。

ま、自分の考えとしては、最低限の勝ち点1を獲得したのでよし、ってところです。

しかし、今年、開幕前には鹿島・浦和・大阪・川崎の4強といわれてシーズンが開けました。

川崎はフッキ騒動がありましたが、まあ数年は実際この4チームがリーグを引っ張っててます。

で、今年、鹿島はこの4強同士のリーグ戦は4分2敗という結果になりました。

他に現在調子の良い名古屋・大分・東京相手には3勝1敗としっかり勝てているので

今の順位に居れるんですが、逆に言えば本当に強いチーム相手にしっかり勝てないから

混戦を抜け出せないともいえます。マルキもここ2年でこの3強とリーグ戦で6試合、

ナビスコで2試合、天皇杯で1試合の9試合戦っていますが、奪った得点は

鹿島開催の川崎で今年去年1ずつの2です。浦和・G大阪には相性が悪いんですね。

しかし、もう3強との対決はありません。所詮名古屋が勝ったとしても勝ち点差はたったの2。

連覇へ、マルキへ、視界は決して悪くありません。2週間しっかり休んで

Last6へ挑みましょう。(順に京都H、東京A、新潟H、大分A、磐田H、札幌A)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

とりあえず首位奪還。

なかなか出来なかった完封試合が2試合続き、一時勝ち点差5つけられた

名古屋に追いつき首位奪還!マルキの得点王もほぼ確実になりました。

うかれるのはこのくらい。

相変わらず良い試合の後は試合内容が悪いように思うのは自分だけでしょうか?

見せ所はそれこそ得点に結びついた2つの中後経由のセットプレーのみ。

興梠もうまいドリブルで相手を交わしてはくれるものの、いざシュートという場面では

ほとんどなにもさせてもらえず。トラップミスなんかもあったり。

清水戦の2-0は完勝でしたが、今日の2-0は棚ボタというか、なんか消化不良。

後半は、チーム全体でマルキにハットを達成させようとしているかのように見えました。

特にダニーロ。試合展開が楽だったせいもあるんですが、いつものような

ダニーロ自らシュートといったような積極的なシーンが見たかったです。

時間が短いせいもあるんですが、交代の3人もピッチにいただけで、何もせず。

水曜夜、鹿島の寒い夜で、得たものは中後の輝き、マルキの得点、勝ち点3.

何よりも欲しかった勝ち点3をしっかり取っているので、

ネガティブなことばっかり言ってはいけないんでしょうけど。

しかし!試合内容が伴わなくとも勝利を収められるというのはチーム状態が良い証拠と

勝手に解釈します。ええ、鹿島が勝てばそれでいいんです。

次は10試合以上勝ち星がない状態から一気に復調、公式戦5連勝で

優勝戦線に再び顔を出したG大阪です。

これ以上リーグを面白くするのに付き合う必要もないでしょう。

連戦ですが幸運にも条件は一緒相手です。しっかり勝ちましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »