« 首位固めの絶好機!明日はFC東京戦。 | トップページ | 混戦に付き合わず、抜け出すチャンス! »

2008年10月26日 (日)

敗戦。しかし、何も失ってはいない!

首位固めの絶好機だったわけですが、結果は敗北。

初のACL出場に燃えるFC東京に完全にやられる形になりました。

確かに、かなり再度の攻防で負け、セカンドボールも収まらず、

結果は妥当な感じですかね。ダニーロも前半で交代が妥当だったような・・・。

本山に打撲が無ければ?と思ってしまいます。さて、もう少し詳しく試合の感想を。

まず前半。ほぼFC東京ペース。マルキのミドルが唯一のチャンスというくらいで、

終始東京にペースを握られ、セカンドボールも全く鹿島側には収まらず。

まあ辛くも0-0で折り返したような感じでした。

後半どう修正してくるのかと思いきや、まず開始早々ダニーロとマルシを交代。

これが功を奏し、開始10分は鹿島ペース。

この時間帯で先制出来なかったのが勝負の分かれ目。

まだ鹿島ペース気味だった時間帯に、CKからの失点。

その後、マルシの初アシスト?を興梠が押し込み同点。

この段階でカシマの再現を期待したわけですが、追加点を奪ったのは東京。

サイドを崩され、まあ致し方ないような失点が2つ。さすがに1-3となっては勝負あり。

ただ、鹿島ファンなら、誰もが感じたであろう、大きな収穫がこの試合にはありました。

そう、有三の復活です!得点シーンもそうですが、その後もPA内で、

今まで見せたことの無いような足裁きを数回見せてくれました。

田代の得点=勝利の構図は今日で終わったわけですが、先日のサテライト戦で

田代のゴールがあって、試合自体は1-1引き分けというのがあるので、

まあ全勝記録とか、どうでも良い記録は終わったわけです。

そんな記録よりも、やはり田代の復活、これだけでも鹿島には大きな収穫です。

残り4試合はカシマで大敗癖のある新潟、最近5年鹿島に勝ててない磐田とカシマで、

目標が何もない札幌とAWAYで試合があり、石油ドームの試合を

贔屓目に引き分けと考えても、鹿島の最終勝ち点は63。

この成績で鹿島が優勝できないのは、唯一2位のグランパスが4連勝した場合のみです。

今日負けはしましたが、鹿島は何も失っていませんし、まだ首位、これが事実です。

天皇杯があるので次は2週間後。一息入れて、ラストスパートへ備えましょう。

|

« 首位固めの絶好機!明日はFC東京戦。 | トップページ | 混戦に付き合わず、抜け出すチャンス! »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
今回の敗戦痛かったですね・・。たろろんさんのおっしゃるように、本山が抜けてバランスが崩れたように思います。特に右サイドを内田が一人でカボレ・長友を見ながら攻撃もするという、とんでもない事態になってましたから。マルシーニョはアシストの場面だけよかったですが、やっぱり守備が出来ないのは厳しいです。

田代に復活の気配がありますね^^
現状、興梠が好調なのでまだ出番はなさそうですが、残り試合の切り札になってくれれば、と思います。

勝ち点の計算は最低ラインそんなことろですよねえ。アウェー大分で勝つのは難しいかと。となるとおっしゃるように名古屋の4連勝が怖い。そういう意味でもFC東京戦は引き分けたかったですが。

とにかく残り4試合、トーナメントだと思って頑張って欲しいですね。

投稿: ぐで | 2008年10月27日 (月) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/24766735

この記事へのトラックバック一覧です: 敗戦。しかし、何も失ってはいない!:

« 首位固めの絶好機!明日はFC東京戦。 | トップページ | 混戦に付き合わず、抜け出すチャンス! »