« 混戦に付き合わず、抜け出すチャンス! | トップページ | 2つの報道で思うこと。 »

2008年11月 9日 (日)

2008、J1第31節、VS新潟@カシマ

2週続けて抜け出せるチャンスで、勝利を物に出来ず。

首位こそ守ってはいますが、なんか消化不良な感があります。

この2試合、どこもかしこも足踏みをしたものだから、浦和が勝ち点差1に迫り、

東京にも優勝の可能性が出てきてしまった次第です。

さて、試合ですが、前半10分くらいまでの間にマルキ、ダニーロ、マルキと

得点のにおいを感じるシーンが数度。しかし、この後試合は膠着。

新潟がまず守りという作戦を取ったからか、鹿島の後ろが安定していたからか、

どちらにせよ危ないシーンは皆無。

新井場や中後、伊野波がインターセプトでいいプレーを見せるものの、

カット後のパスで相手に簡単に渡してしまうという、

自分のナイスプレーを帳消しにしてしまうミスが続出。

青木も前半ゴール前のいいインターセプトを見せるもその後相手に簡単に渡してしまう

プレーもあり、なんかもいったいないような。

後半も、ビッグチャンスは32分の興梠が抜けてキーパーと

1対1になった1回だけでしょうか。危ないシーンはほぼ無かったですね。

内容では勝っていたけど、引き気味の相手を崩せないのは相変わらずですね。

最後増田がこぼれ玉に反応してシュートを打つも脇に外れましたが、

これは例え枠に行ったとしても、増田とゴールマウスの間に新潟選手が5人以上はいて、

コースはどこにも開いてなかったので、増田のゴールになる可能性は皆無でした。

跳ね返りのボールの行方までは計算していませんけどね。

ロスタイム寸前、青木のパスに野沢が反応できなかったシーン、

右にフリーでいた内田がドリンクボトルを蹴り上げたシーンが、

選手の気持ちを良くあらわしていたのではないでしょうか。

リーグもいよいよ佳境になり、優勝争いをするチームと、無風ゾーンのチーム、

さらには降格争いをするチームの3つに分かれています。

降格争いをしているチームが、優勝争いをしているチームと、

しかもAWAYで対戦するのであれば、負けない戦いを念頭に勝負することがあるのは

仕方のないことです。新潟にすれば勝ち点は1でも勝ちに等しいわけで、

そうなると次のホーム磐田戦も同様の展開になるかもしれません。

そこを打破するためのアイディアを考えないといけないんでしょうね。

ダニーロは最悪、半月版損傷で全治2ヶ月とのことで、

これまた最悪の場合、今日が日本でのラストゲーム・・・・。いや、そんなことはない。

ダニーロ離脱の場合、マルシではなく、野沢に奮起してもらわねばなりません。

天皇杯、大分戦と負けられない戦いは続きます。

来年も金のヤタガラスをつける為、今年残り全勝しましょう。

全勝すれば優勝できるのは鹿島と大分にしか許されていないんですから。

そうそう、鹿島の中2階部分の全周電光掲示板。

試合中NIKEの閃光が走るやつは気になるので辞めてもらいたいと

思ったのは自分だけでしょうか。

|

« 混戦に付き合わず、抜け出すチャンス! | トップページ | 2つの報道で思うこと。 »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/25178911

この記事へのトラックバック一覧です: 2008、J1第31節、VS新潟@カシマ:

« 混戦に付き合わず、抜け出すチャンス! | トップページ | 2つの報道で思うこと。 »