« スタジアムの一体感!奇跡のゴールで優勝へ大きく大きく前進。 | トップページ | 最後のくだらない確率論。優勝チームはここだ! »

2008年11月30日 (日)

2008、J1第33節、VS磐田@2008カシマ最終戦

試合前から真っ赤に染まった1階席。ゴール裏からは2階席も使って

デカ旗総動員。勝利への期待がとても高まる試合。

立ち上がりは鹿島ペース。最初のチャンスは前半3分。

野沢がワイドに新井場へ展開、中で本山が落としたところに興梠、

さらにマルキへのパス、一度弾かれるもセカンドボールを青木が拾い、

今度は右サイドの篤人へ。これが野沢に渡り、中へのクロス。

再び弾かれたボールを青木が拾い、自分で打つも磐田のブロック。

一度最終ラインに戻るも、再度右サイドで内田・興梠・内田で抜けるも、

中でマルキには合わず。そのこぼれがセンターラインから再び左へ。

新井場が持ち込み、シュートを打つも枠には飛ばず。

いきなり得点のにおいを感じれるシーンでした。決定機ではなかったですけど。

その後はどちらにも大きなチャンス・ピンチはなく、鹿島ペースで試合は続き、

鹿島に決定機が訪れたのは29分。中盤で中後が本山へのナイスフィード、

本山がサイドでためた後、自分で切り込み、興梠のいい動きもあり、

野沢への決定的なスルーパス。これが残念ながら枠には行かず。

チャンスになったわけではないけど、37分、

ハーフラインで伊野波がインターセプトした後、左サイド駆け上がる。

伊野波が駆け上がるシーンは久々に見た気がします。

前半38分、磐田のスルーに前田が反応。内田がひざまずいたのは

オフサイドトラップミスでしょうか?内田が動かなかったのが気になります。

これはソガがしっかりブロックをし、決定機にはさせず。

次に鹿島に決定機が訪れたのは42分。ソガのゴールキックが

相手PAへ。これを興梠がうまく落とし、ドフリーの野沢に。

これをうまくトラップしたまでは良かったものの、シュートは僅かに左へ外れる。

前半2回あったビッグチャンス、九石でもそうでしたが、やはりゴール前で

決定機に顔を出せるのは野沢の持ち味。

しかし、上がってこない調子を象徴するようにシュートは枠には行かず。

本来野沢のシュートは鹿島1・2を争ううまさ。やはり調子がよくないんでしょう。

ロスタイム入って中から青木がフィード。これをしっかり興梠が走りこみ、

キーパーと1対1になれるも、シュートコース・サポートはなく、川口が難なく対応。

これで前半は終了。危なかったのは上記前田と、一度センタリングが

ジウシーニョに通ってしまったシーンだけでしょうか。

このシーンも、CB2人の間にボールが落ちてしまって、

ジウシーニョにもボールが急に来た感があったので、強くはヒットせず。

で後半。またしても開始早々にビッグチャンス。

野沢のCKが弾かれ、再び野沢へ。野沢が相手一人をうまく交わし、

中へ折り返す。マルキと岩政が中にはいたけど、あと一歩合わせられず。

その直後、鹿島のDFラインから前線に出たボール。

右サイドでうまく興梠が相手DFをかわし中へ。マルキに通るも、

何故か磐田は7人くらいもPA内にいて、さすがにマルキもボールロス。

こぼれ球に野沢がプレッシャーをかけ、中途半端なクリアになったのを本山が

拾い、シュート。残念ながらブロックにあい、またもや得点できず。

直後、今度は磐田のチャンス?ソガへのバックパス。

ソガが前田を交わそうと、軽くフェイントを入れたら、芝に足が取られ?

若干ピンチに。サイドに蹴りだし事なきを得ましたが、

そもそも相手ボールになるシーンではなかっただけにヒヤリ。

で後半15分、早くも交代。野沢→田代。この時間帯で。MF→FWの交代は、

オリベイラというか、今までの鹿島の中でも異例の気がします。

試合後監督のコメントや選手のコメントを見ていたら、どうやら20分で元々3トップにする

つもりだったようですが、現地ではやはり野沢の出来が問題?と思ってました。

この交代があまり効果的ではなかったのか?それとも磐田が前半に比べれば

若干前目の意識が強くなったからか、ここからは主導権は磐田に。

決定的なピンチが訪れることはないものの、セカンドボールが拾えなくなり、

攻撃も鹿島らしい形を中々作れず。ここまでに3点くらい入っていてもおかしくない程

チャンスは作れていただけに、スコアレスの状況が重くのしかかる。

21分、内田がうまくサイドから中に切り込むも、パスは通らず。

パス自体はオフサイド?かもしれませんが、決定機になりえる場面でした。

24分、再び鹿島に決定的なチャンスが訪れる。

FKを田代が落とし、右の興梠へ展開。うまくスピードでDFを振り切り中へ折り返し。

田代の頭には僅かにあわず(マルキともぽじしょんかぶってましたが)、

こぼれ球が再び右サイドの興梠へ。またもや田代にはあわずも、

セカンドボールが青木へ。これをうまく中で空いていた中後へ。

中後がしっかりシュートコースを作ってシュートを打つも、キーパー正面。

確かにコースは限定されていたけど、もう少し厳しいところに打てれば、

もしくは左のスペースに走っていったフリーの青木へ出せれば面白かった。

この辺りから内田の足がかなり止まってました。攻撃では力を振り絞るも、

守備に戻るときは走らず。膝の調子も決して万全ではないんでしょう。

結局スコアレスだったせいもあり、最後まで出場しましたが、

どちらかというと途中で変えて欲しかった。

まあ足が止まったのは内田に限った話ではなく、

チーム全体が前半から気持ちが入りすぎてバテたからでしょうか。

76分、本山→マルシーニョ。

これで中盤、野沢も本山もいなくなったわけで、鹿島得意の中盤で細かいパスから

うまく抜け出すという形は作れなくなりました。

79分、中後がインターセプトから田代へ。

田代がうまく楔の形にしたんですが、そこには誰も居らず。

このくらいの時間帯になると、磐田も最低でも勝ち点1が欲しいという意思が明確になり、

さらに足が止まった鹿島、中盤で鹿島らしいゲームメイクをするのが

メンバー的に厳しくなった状況では、なかなかチャンスを作れず。

中盤がでゲームを作れなくとも、セットプレーのチャンスはあるわけで、

38分、中後のFKを田代があわせるも、枠には飛ばず。

直後、中後→増田の交代があり、鹿島も守備よりは攻撃ありきの形になります。

39分、磐田のロングフィードに中山隊長がダッシュ。危ない場面ではなかったですが、

中山もベテランの味、どこまでも勝ちにこだわる姿勢を見せます。

40分、再びFKのチャンス。キッカーが既に二人ともいない鹿島で、蹴るのは増田。

これも合わず。そもそもオフサイドなので、あわなくて良かったともいえますが。

実はこのFKの時、岩政が増田に寄って行ってなにやら話をしています。

これがきっと最後に生きたんでしょう。

同じくさらに42分、興梠が突破してシュートを打つも枠に行かず。

どっちにしてもオフサイドではありましたが。

磐田も勝ち点1を取る戦いにしては若干中途半端で、カウンターになれば

前だけではなく、中盤もしっかり上がっており、チャンスさえあれば

しっかり勝ち点3を狙うという戦いでした。

44分、やや遠めど真ん中からFKのチャンス。増田が選択したのは直接。

しかし枠には飛ばず。ごめんなさい、スタジアムでは

「お前にそんな能力ないだろ!」と叫んでしまいました。

最後にやり遂げた大仕事で、気持ちは「ごめんなさい」になりました。

ロスタイムは4分。

こうなると完全に勝ちたい鹿島の攻めと、負けたくない磐田の守り勝負になります。

そのなかで決定機が訪れます。

46分右サイドセンターラインで得たFKを左サイドへフィード、

田代が落としたところに興梠。ボールが混戦の中、

磐田DFの手にあたったようにも見えるがそのままインプレー。

田代の元にこぼれた球を、マルシへ折り返すも、マルシは強くヒットできず。

この決定的チャンスを決めれず、かなり引き分け濃厚な雰囲気になった中、

まだチャンスは作れます。

92分、そこから岩政?!という場所からのフィードに、田代があわせるも、

無人の枠には行かず。相手もDF3人でかきだそうとしていたので、

もう少し強く当たってなければどっちにしても決まらなかったでしょうけど。

そして93分、マルキが中であわせられなかったボールをうまくマイボールにし、

サイドでファールを貰ってFKのチャンス。

蹴る段階で94分になっていたわけで、正真正銘のラストチャンス。

スタジアムが目の前でのラストチャンスに期待する、一体感。

サイドスタンドのみならずメインでもバックスタンドでも大きなコール。

これを増田が磐田が守備をしっかり整えるきる前に蹴り、岩政があわせ、

念願の得点、1-0!当然、ゴール後に時間が残ってるわけもなく、

1-0の勝利で、優勝のかかった最終戦に首位で望むこととなりました。

上空に出ていた虹が意味するものは一体。祝福と捉えてよいのでしょうけど。

監督の気持ちは、鹿島ファン誰もが同じだと思いますが、

勘違いしてはいけないのは、鹿島は試合に勝っただけで、

優勝したわけではないんです。気持ちを再び切り替えて、最終決戦、

北の台地に乗り込みましょう。

名古屋も勝ったので鹿島に負けは許されません!

最下位とはいえ、しっかり相手に敬意を払い、優勝しましょう!

|

« スタジアムの一体感!奇跡のゴールで優勝へ大きく大きく前進。 | トップページ | 最後のくだらない確率論。優勝チームはここだ! »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/25786539

この記事へのトラックバック一覧です: 2008、J1第33節、VS磐田@2008カシマ最終戦:

« スタジアムの一体感!奇跡のゴールで優勝へ大きく大きく前進。 | トップページ | 最後のくだらない確率論。優勝チームはここだ! »