« さようなら、金のヤタガラス。 | トップページ | いざ、大分へ! »

2008年11月21日 (金)

くだらない確率論 ~32節終了時、首位キープの確率~

今年もまたやってしまいます。くだらない確率論。

確率論と謳っていますが、なんてことはない、ただのtoto投票率から、

世間が鹿島がどうなると思っているかを、客観的に判断してるだけです。

何の根拠もない確率なので、へぇ~と読んでもらえれば結構です。

さて、32節、鹿島は大分との直接対決になります。

①鹿島勝利の場合=無条件首位キープで、

toto上鹿島勝利は39.31%です。

②大分勝利の場合=鹿島敗戦の場合=大分に逆転=無条件首位陥落

toto上この確率は33.99%です。

③鹿島引き分けの場合=勝ち点55。

今勝ち点52の名古屋がチームは勝利で55に並びますが、得失点差で逆転は可能性なし

と判断。よって名古屋には抜かれません。

そうすると、現在53の浦和が勝利した場合のみ、鹿島を抜くことが出来ることになります。

浦和勝利の確率は59.21%なので、鹿島引き分けの確率(26.7%)と掛け合わせると

0.5921×0.267=0.1581なので、浦和勝利かつ鹿島引き分けの確率は15.81%。

②の33.99%とこの15.81%の合計49.8%が鹿島首位陥落の確率になります。

世論は鹿島が首位を守るかどうかは完全に五部五部と思ってるって事ですね。

ま、こんな確率無視して、しっかり優勝しましょう。

|

« さようなら、金のヤタガラス。 | トップページ | いざ、大分へ! »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/25520665

この記事へのトラックバック一覧です: くだらない確率論 ~32節終了時、首位キープの確率~:

« さようなら、金のヤタガラス。 | トップページ | いざ、大分へ! »