« 2つの報道で思うこと。 | トップページ | くだらない確率論 ~32節終了時、首位キープの確率~ »

2008年11月16日 (日)

さようなら、金のヤタガラス。

まさかJ1最終節でカシマの08シーズンが終わるとは思っても見ませんでした。

試合ですが、簡単にまとめると、

先制点、ソガが止めれなかった理由が自分の席からは分からず。

あれは止めてほしかった。

増田の同点弾は祝!今シーズン公式戦初得点。

後半開始早々、本山のPKを誘うドリブルは良かったけど、

イエローは西部と、その前のアドバンテージを見た

清水のファールにも出るべきだと思う。

で、そこから鹿島は3点目を取りえるシーン多数。

マルキもそうだし、興梠もそう。野沢にいたっては2回はあったが決めれず。

逆に、増田は山本のミドルのときはもっとつめるべきだった。

詰めるでもなく、ただ間合いをみていただけで、結果的に

山本はプレッシャーを感じることなくシュートが打ててしまった。

軌道的にはもちろんシュートをほめるべきですが、守備がお粗末。

増田はゴールを含め、多くのシュートを放ち、攻撃面では大きなアピールを見せたが、

その攻撃も決してサイドバックとしての攻撃とは違っていた気がする。

逆に、守備も上がりも中途半端すぎて、やはり本職でない増田がこの位置にいると、

増田が出来ることは今日の内容が限界の気がする。

かといって内田の替えが聞かない現状では致し方ないのですが。

野沢もせっかくのスタメンも、数的有利な場面でスピードアップできず、

残念ながら攻撃を停滞させてしまっていた部分多数。

さらに言うと、あの調子いいときの芸術的なトラップが決まってさえいれば、

かなりの確率でゴールチャンスだったというシーンが2回以上。

野沢の復活は鹿島にとって田代の復活と並んで最重要事項。

一日も早く調子を取り戻してくれることを祈ります。

で、他に気になったのは、バックラインから前線への、意図を感じられない

放り込みが多すぎ。特に岩政や伊野波。

全然見方のいるところに球が行かないし、そもそもダニーロも田代もいない鹿島で、

ロングボール多用が有効な手段とは思えず。

交代がもう少し早く、遠藤が出てたらどうなっていたでしょうかね。

で延長に入ると、どっちも形云々よりも得点への執念で戦っていた感じ。

ただ、鹿島の失点がどちらも前後半の終了直前だったのが悔やまれる。

鹿島がほぼ4-3-3の形をし、2-3の劣勢から同点へ追いついたのは良かったけど、

そこから残り時間を鹿島らしいサッカーで勝負するには、

マルシ・中後・青木の中盤では厳しすぎたような。

結果は3-4で敗戦。再度立ちふさがった清水によって、

もうどうにもこうにもリーグ戦以外は今シーズンのタイトルはなくなってしまいました。

気持ちは感じれる試合でした。気持ち切り替えて、あと3つ、しっかり勝って、

終わりよければなんとやらにしましょう。

あと3つ、たっった3つ勝つだけで、気持ちよくシーズンを終えれるんです。

前を向きましょう。修正する時間はあります。

9つ勝てとは言ってません。3つです!

|

« 2つの報道で思うこと。 | トップページ | くだらない確率論 ~32節終了時、首位キープの確率~ »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

その3っ、勝つのがなかなかどして
難しい・・・・

投稿: 突然,失礼します。 | 2008年11月17日 (月) 08時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/25369438

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら、金のヤタガラス。:

« 2つの報道で思うこと。 | トップページ | くだらない確率論 ~32節終了時、首位キープの確率~ »