« 2008、J1第33節、VS磐田@2008カシマ最終戦 | トップページ | 札幌から帰宅。お土産は2連覇! »

2008年12月 3日 (水)

最後のくだらない確率論。優勝チームはここだ!

別に好評なわけではないですが、懲りずにやってるくだらない確率論。

早ければ、明日の夕方にも札幌に向けて旅立つため、

試合前最後の更新予定です。さらに、帰宅は日曜の夕方になるので、

その日のうちに感動を伝えられない、残せないのは若干残念です。

ちなみに、当方所有のデッキはコピーワンス時代のDVDデッキ。

去年の劇的優勝も、未だにダビングできずにHDDのなかです。

なぜなら、DVD録画では画質を落とさずにはコピーできないため。

なので、思い切ってBlu-rayを買って来ました。

これで永久保存版鹿島優勝シーンがBlu-rayで残せます。

e2では予想通り一番画質の綺麗な800chで放送でしたからね。

前置きが長くなりましたが、恒例のくだらない確率論です。

今回は最終節特別版として、鹿島の優勝確率ではなく、

最終的な優勝チームの確率を出します。

データはいつも通り、今現在のtoto投票率で決定します。いきましょう。

①名古屋優勝の条件=鹿島敗戦かつ名古屋勝利のみです。

②川崎優勝の条件=鹿島敗戦かつ名古屋引分以下かつ川崎勝利かつ得失点差問題

③鹿島優勝の条件=①と②以外の場合すべてとなります。

まず①は鹿島敗戦×名古屋勝利=0.113×0.4225=0.04774 よって4.7%になります。

問題は②です。現在の鹿島と川崎の得失点差は鹿島が4上です。

川崎の方が総得点は多いので、川崎は得失点差を4以上縮める必要があります。

今季鹿島敗戦時の得点差は1点差が5回、2点差が2回です。

川崎勝利時の得点差は1点差が7回、2点差が4回、3点差が4回、4点差が2回です。

鹿島敗戦かつ川崎勝利の際、得失点差で4以上付く確率は

鹿島1点差敗戦かつ川崎3点差以上勝利=5/7×6/17=30/119

鹿島2点差敗戦かつ川崎2点差以上勝利=2/7×10/17=20/119

これを足すと、鹿島敗戦かつ川崎勝利時、

得失点差で逆転できる確率は50/119となります。

これをふまえて②の確率は鹿島敗戦×名古屋引分以下×川崎勝利×50/119=

0.113×0.5775×0.7406×50÷119=0.0203で2.0%になります。

よって鹿島優勝の確率は93.3%、名古屋優勝4.7%川崎優勝2.0%となります。

某有名バンドの歌詞に「信じることの出来そうなくらいのかわいい嘘は、

なるべく信じることにしたんだ」というのがありましたが、

鹿島ファンの方は思い切って信じちゃいましょう!

忘れてはいけないのは、このくだらない確率論では鹿島が去年優勝する確率は

15%しかなかったのに、優勝したことです。おごりや慢心があったらやられます。

こころして最終決戦、札幌or鹿島のPVorTV観戦に挑みましょう。

では札幌参戦組みの皆さん、少し気が早いですが現地でお会いしましょう。

|

« 2008、J1第33節、VS磐田@2008カシマ最終戦 | トップページ | 札幌から帰宅。お土産は2連覇! »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/25882910

この記事へのトラックバック一覧です: 最後のくだらない確率論。優勝チームはここだ!:

« 2008、J1第33節、VS磐田@2008カシマ最終戦 | トップページ | 札幌から帰宅。お土産は2連覇! »