« チーム始動、新加入選手紹介。あれ?ヤタガラスは? | トップページ | アントラーズ福袋2008 いまさらですけどね。 »

2009年2月 2日 (月)

秋田引退試合。

久々にカシマでサッカー観戦。いよいよシーズンが始まるなと、わくわく。

で、試合ですが、まあ内容うんぬんを言う試合ではないので。

たぶん多くの方が驚いたのは、以下の2点ではないかと。

①サプライズ参加?アメリカ帰りの隆行がいるではないですかぁ~。

②この試合で主審が岡ちゃん?

しかし、実に豪華メンバー。DFラインがナラ、秋田、奥野、相馬ですよ。

これは鹿島史上最強のDFラインといっても過言ではないでしょう。

磐田もN-Boxを思い出すには十分な名波・藤田・福西に、前線は中山・高原。

高原が去った後、磐田は鹿島に公式戦無勝なわけですが、

このメンバーが相手だと、つねに互角の熱い戦いをしていたわけです。

試合も一応秋田の部分について触れておくと、

前半秋田のセンタリングをマジーニョがヘディングするも、キーパー正面。

前後半1回ずつ、秋田のシュートがキーパーに阻まれるシーンも。

鹿島が点を決めれない中で、磐田は前半の高原のボレーなどで、

(この技術は流石でしたよ、敵ながら)2点リード。

ここからは秋田得点決めろモードに突入し、秋田はCFになり、攻撃も鹿島が

サイドでボールを持たせてもらいつつ、秋田の得点を待つ展開に。

お決まりのサービスPKが鹿島に与えられ、これを佐藤洋平がナイスセーブ!

してしまうも、こぼれだまが秋田の元へ。誰もボールには反応せず

秋田が流し込んでまず1得点(試合そのものは2-2同点)。

そして、隆行からの足元へのパスを再び秋田が押し込んで2得点目。

こうなると、会場の雰囲気は、いつ秋田があの形で得点を決めるのか?となり、

深井に何度もパスが通るも、秋田には合わないセンタリングが何本かあった後、

その瞬間は訪れました。深井からのセンタリングに秋田が「ヘッド」でしっかりあわせ、

ハットトリック。試合は4-2、15000人以上の大観衆を集め無事に終了しました。

秋田以外では長谷川がやはり鹿島ファンに愛されているなというのが

再認識できた日でもありました。正直クロとのツインタワーも見たかったんですけどね。

これで、いよいよ鹿島の2009シーズンが本格的に動き出します。

ファンも着々とシーズンインの準備をしましょう。

|

« チーム始動、新加入選手紹介。あれ?ヤタガラスは? | トップページ | アントラーズ福袋2008 いまさらですけどね。 »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/27687550

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田引退試合。:

« チーム始動、新加入選手紹介。あれ?ヤタガラスは? | トップページ | アントラーズ福袋2008 いまさらですけどね。 »