« 2009年J1開幕。最高のスタートです。 | トップページ | 2009年ACL予選1節。VS水原三星@韓国前半。 »

2009年3月 8日 (日)

2009年第1節 VS浦和レッズ@カシマ

正直、開幕戦浦和は嫌でした。何故なら、開幕でこけたくないから。

浦和は落ち目ですが、腐っても浦和。しかも新生ということで、怖さはある。

PSMも絶好調であったという情報だけは流れてきている。

ただ、浦和が開幕はあまり毎年しっかりしあがっていない状態なのも事実。

交錯する思いはあれど、WBC対策で決められてしまったものは仕方ない。

もちろん鹿島としてはいつだろうとどこだろうと勝つしかないわけで、

そうと腹をくくればあとは楽しみなだけ。

今年はゴール裏の無意味な張り合いもなく、デカ旗ラッシュのときに

ネタ?の「やり直せ」コールが浦和側から起こった以外、試合前は何もなし。

で、試合。開始直後、すぐに分かったのは浦和の変貌。

ショートパス主体のサッカーに変貌。そして原口も確かに

浦和のスタメンを張るだけの器だなと思いました。しかし、そう思えたのは15分だけ。

あとはほぼ終始鹿島ペースの試合でした。

まず前半5分、野沢→興梠→野沢の形から、ゴール前でマルキガフリーに。

運悪くトラップが大きく、得点にはいたりませんでしたが、最初の決定的な場面。

13分、浦和がうまくぽんぽんボールをつないでポンテへ。

ここでボールに激しく絡むニュー野沢さんがポンテからボールを奪い前線へ。

この奪い合いで、自分の中では「野沢>ポンテ」の図式完成。

16分、珍しいシーン?空中で競り合ったあと、内田のスパイクが脱げてしまうも、

内田はそのまま試合続行。しかも、その後、裸足の足でクリアするものだから、

見ていてドキドキ。プレー中断したら、なんとトゥーリオが、わざわざ紐をはずして

内田の下へ。危うく高感度を上げてしまうところでした。

そして先制点は22分。ポンテのFKをソガがキャッチ。

その後高速フィード。もちろんこのフィードの前、既にマルキは前線にダッシュ。

開いた真ん中のスペースには野沢。さらに興梠・内田もエリア内に。

マルキには平川がついていましたが、あっさり交わされ、勝負あり。

野沢はXEROXと同じ形でゴールを決めましたね。

34分、浦和の数少ないチャンス、左サイドFKからトゥーリオに合わされ、ちょっとひやり。

岩政がついていましたが、田中さんのほうが上手だったようです。

40分、絶好の位置でのFKに野沢。追加点かと思われたが都築のファインセーブに。

コースはこれ以上ないところへ行ったんですが、スピードがちょと足りませんでした。

前半最後に最大のピンチ。ロスタイム、PA内で達也へパスが通ってしまい、

中でフリーの鈴木啓太へ折り返し。これも集中して守っていた岩政が

しっかり跳ね返し後半へ。浦和のチャンスはこの場面と、トゥーリオのヘディングくらいで、

後半は皆無だったと言えるのではないでしょうか。

後半はXEROXと同じで、無理に攻めず、チャンスがあれば追加点という感じでしょうか?

早めに追加点が決まったこともあるんでしょうけど。

そういえば、前半、伊野波のドライブシュートもありましたね。枠には行きませんでしたが、

しっかりミートしたいいシュートでした。

後半開始直後は再度浦和ペース。

2分、CKから細貝のヘディング。これは新井場がしっかり寄せており、枠には飛ばず。

さらに4分ソガのミスパスからポンテに直接ゴールを狙うも、少し外れる。

6分、田中の突破から少しヒヤッとするも、CB二人がしっかりついており、大事に至らず。

このCKのこぼれだまから、本日2度目の電撃カウンター炸裂。

ダニーロクリアが中盤のマルキの元へ。マルキがこれを野沢に預け前線へダッシュ。

野沢が右サイドの内田に回し、内田は中央で待っていたマルキへ。

マルキがPAまで持ち込み、鹿島も内田・興梠・青木・野沢とフォローが多くいる中で

自らのシュートを選択。これが都築の指先をかすめゴールネットへ。

都築も弾くくらいではフォローしていた選手に押し込まれていただろうなという場面。

11分、ハーフラインでポンテからダニーロがカット。

ここから1本のスルーで決定機を演出。残念ながらゴールにはなりませんでしたが、

今年もいざとなればマルキ・ダニーロの二人で得点を決めてくれそうです。

23分、ゴールから少し遠目のFKを珍しくマルキがけるも、

ダニーロにあたってしまいGKに。マルキのFKは無理がありそうですが。

28分、鹿島ベンチ前のFK,野沢が蹴ってゴール前興梠へ。

いい形ではありましたが、ゴール前興梠一人ではさすがに厳しいかと。

岩政が去年広島戦でヘディングを決めた時と同じくらいの位置からのFKでしたが、

岩政はあがらず。もう守備が最優先になったようで。

30分、野沢が50mくらいのロングフィードで前線の興梠へ。

興梠が少しためてダニーロへ戻し、センターのマルキへ。

マルキが後ろから来ていた野沢を確認、スルーして野沢がシュート。

GK正面へ行ってしまいましたが、きれいな攻撃の形でした。

その直後、浦和の攻撃には既に守りに入ったマルキの姿が。

浦和ベンチ前くらいからボールを出した野沢が最終的にシュートを撃っていたり、

その次のディフェンス時はマルキが最初にチェックしてたりと、

この攻守の速さは去年以上に磨きがかかっている感じでした。

39分、オフサイドぎりぎりに飛び出した内田から田代へパスが出るも通らず。

これがCKになり、さらにもう一度CKに。

増田のボールをダニーロがヒールで流し、田代への決定機。

残念ながらこれを決めれず。田代も試合後のコメントで悔しがっていましたが、

早く1本決めれば、田代も野沢同様復活してくれるでしょう。

その直後、待ちに待ったキャプテン小笠原の復帰。

エジミウソンへのチャージなど、怪我前と変わらぬ姿を見せてくれました。

岩政の粋な計らいでキャプテンマークまで付けましたしね。

浦和も完封負けを避けようと、攻めに転じたんでしょうが、鹿島の前では

攻撃も機能せず。試合は2-0で鹿島完勝となりました。

XEROX後、ある記事でリーグチャンピオンVS天皇杯王者の戦いではなく、

リーグチャンピオンVSリーグ8位の戦いだったとありました。

この戦いもリーグチャンピオンVSリーグ7位の戦いでした。

熟成されていないチームだから仕方ないといえばそれまでですが、

浦和はまだまだ攻守の切り替えが遅く、サイドで選手が孤立する場面が目立ちました。

この試合も鹿島のカウンターが面白いように決まっていたように、

セットプレーからのカウンター対策をする必要がありそうです。

中盤で鹿島のプレッシャーに負けてボールを失いすぎているようにも見えました。

34節で鹿島VS浦和が優勝決定戦になる可能性というのはまずないと思いますが、

生まれ変わった浦和と34節に戦うときは、競合になっていそうな感じは受けました。

急激に衰えている?高原は、日本代表で考えたときはすごく心配です。

秋田引退試合では輝いていたのに、昨日は本当にピッチにいたのでしょうか。

鹿島は収穫盛りだくさんでした。

増田が前目の仕事で、しっかりしかけて役目を果たしていたこと、

野沢の復活、さらにあれだけ必死にボールを追おうニュー野沢になっていたこと、

さらには小笠原が試合に出れるまでに回復したこと、

今年もキレキレの2トップ。

さらには安定した守備を見せるGKに4バック。楽しみな1年がまた始まります。

まず韓国でACLを戦い、国内に戻ると初の開幕戦勝利を収め、

強いホームで連勝を狙う新潟です。厳しい連戦が始まりますが、1つずつ着実に

勝ちに行きましょう。

|

« 2009年J1開幕。最高のスタートです。 | トップページ | 2009年ACL予選1節。VS水原三星@韓国前半。 »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/28524618

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年第1節 VS浦和レッズ@カシマ:

« 2009年J1開幕。最高のスタートです。 | トップページ | 2009年ACL予選1節。VS水原三星@韓国前半。 »