« 立ち止まる暇はない。ホームで勝とうACL。 | トップページ | とりあえず、山形よりは上に行きました。しかし、審判ひどいな。 »

2009年3月18日 (水)

2009ACL。まずは1勝!大迫初ゴール!

悪い流れを断ち切る2-0の勝利。引き気味の相手からもぎ取った勝ち点3。

そして何より大迫の大活躍。たくさんのものをえて、次は春の5連戦最終戦、

Jリーグ第3節ホーム広島戦、このまま再び勢いに乗りましょう。

パク初出場フル出場、大迫初出場初先発1得点1アシスト、小笠原フル出場

いいところはたくさんありましたが、買った時こそかぶとの緒を締めましょう。

と、いうわけでダメなところも列挙。

相変わらず、  先制  →  守りにウェイトをおいて戦う  →

取り返しに前ががりになった隙をついて追加点

の図式は全く変わらず。(鹿島が先制しても先制されても)

引き気味の相手に対して攻撃に閉塞感が・・・。なぜだろうか。

前半もDFラインでのパス回しの多いこと、多いこと。

そこから伊野波が前線にフィードというシーンが幾度となく繰り返され。

しかも、意外と精度が悪く、そんなにつながらない。

前線に田代がいるわけではないので、効果的なボールにはならず。

そもそも、鹿島は中盤を省略するサッカーはしないはずですが。

パクの上がりもちょっと物足りなかったですね。

守る相手に対して、攻撃のアイディアが欲しいです。

今のままでは、鹿島の勝敗は先制点ですべてが決まってしまいます。

中盤は現在人材が豊富なので、多少ならそこまでの痛手にはならないものの、

ダニーロの負傷が気になります。短期ならまだしも、長期の離脱は困ります。

しかし、中国さんは相変わらず危険なファールが多いです。

後半23分に退場者が出たことは全く分かりませんでした。

帰宅後のVTR確認では、そもそもファールの事実も確認できず。

今日の主審、何度か見たことありますが、どうなんでしょう。まあこれもアジアの戦い。

とりあえず、2節終了段階で、鹿島以外の日本チームは無敗、首位状態。

鹿島だけ2位ですが(ACLは勝ち点並ぶと直接対決の内容で順位決定のため)、

さきはまだまだ長いので立て直せたところで1つずつしっかりいきましょう。

|

« 立ち止まる暇はない。ホームで勝とうACL。 | トップページ | とりあえず、山形よりは上に行きました。しかし、審判ひどいな。 »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/28683214

この記事へのトラックバック一覧です: 2009ACL。まずは1勝!大迫初ゴール!:

« 立ち止まる暇はない。ホームで勝とうACL。 | トップページ | とりあえず、山形よりは上に行きました。しかし、審判ひどいな。 »