« 2009ACL。まずは1勝!大迫初ゴール! | トップページ | 2試合続けての劇的勝利!京都戦。 »

2009年3月22日 (日)

とりあえず、山形よりは上に行きました。しかし、審判ひどいな。

あわや引き分けと思われた試合、興梠が意地を見せて2-1で勝利を収めました。

大迫はかなり要所要所で技術の高さをみせ、意外とフィジカルも強いことが分かりました。

一昨年ルーキーで優勝の瞬間をピッチで味わいながらも、去年はリーグ戦出場0。

一時期レンタル移籍もささやかれた遠藤が、2年ぶりに、しかも同点の場面で

起用もされ、これでチーム内にまた新たな競争が生まれました。

しかし、多分多くの鹿島サポが嫌な予感をしていたと思うんですが、主審が扇屋。

実は、去年から気になっていたんですが、扇屋は鹿島戦、去年GWの川崎戦が最後。

なかなか鹿島戦には当たらなかった扇屋ですが、久々に君臨してしまいました。

まあこの試合に関してはどちらの線審もひどいものでしたが。

で、判定の気になったところを。

後半0分。スタジアムで、本山のシュート、勿論あんなもの判断できるわけありません。

帰宅後VTR確認・・・・入ってますやん。解説者もスローで入ってるように見えたってさ。

で、後半12分の小笠原の黄色。決して危ないプレーでもないし、小笠原自身も

ボール蹴った直後にストヤノフから目を離しているわけで、よけ切れずに接触しただけ。

これで黄色は出したくて出したとしか思えない。

さらに後半15分のPK。まず佐藤が激しくオフサイドにしか見えない。

画面では鹿島の左サイドが切れているので分からない部分もあるけど、

パクの位置からは佐藤がオンサイドだったとは到底思えず。

さらに、PKとなったファールも???の判定。

確かに試合中に見たときは致し方ないファールかと思いましたが、

VTRでしっかり確認すると、う~んといった感じ。

ただ、これはまあ内田が後ろから寄せてて、ボールに触らず佐藤をひっかけているので

まあ妥当といわれれば妥当。PKというのを考えると不当にも思えるけど。

あと細かな不満は山積みなので割愛。

そりゃオリベイラも判定に不満で会見拒否しますわね。

試合後の興梠の表情やコメントを見ると、鹿島のレギュラーは自分だという強い意志と、

その中で凄いプレッシャーと闘っていたんだろうなというのが分かります。

興梠がこれで吹っ切れれば、興梠もチームもまた次のステップにいけそうです。

|

« 2009ACL。まずは1勝!大迫初ゴール! | トップページ | 2試合続けての劇的勝利!京都戦。 »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/28753078

この記事へのトラックバック一覧です: とりあえず、山形よりは上に行きました。しかし、審判ひどいな。:

« 2009ACL。まずは1勝!大迫初ゴール! | トップページ | 2試合続けての劇的勝利!京都戦。 »