« とりあえず、山形よりは上に行きました。しかし、審判ひどいな。 | トップページ | ACL2勝1敗、2位で折り返し!最後のOGは順位決定にほぼ影響なし。 »

2009年4月 5日 (日)

2試合続けての劇的勝利!京都戦。

去年唯一生で観戦することの無かった相手が京都戦。

やっと紫のヤナギを見れると思いきや、怪我だそうで。最近怪我多いねえ。

で、若干ウォームアップ中から内田のトラップがうまくいっていないのと、

内田のクロスに合わせてシュートを打つ佐々木の精度の高さが目に付いてました。

で、試合。どういうわけか、鹿島に来ると皆さん引き分けを狙うんですね。

そんな試合内容を反映して、前半は得点のにおいも失点のにおいもあまりせず。

後半はまさかの内田のパスミスから

佐藤 → 豊田 → 伊野波ブロック → こぼれ球をディエゴ という形で綺麗に失点。

この直後、京都はFW林→DF増嶋へ交代。

どうやらスカパーの解説では京都得点前から決まっていたようなのがびっくり。

完全にスコアレスドローでよいという考えだったんですね。

ここからは鹿島もパワープレー。しかし得点にはいたらず。

後半25分には面白い交代が。伊野波と新井場を交代。これによりポジションが

青木:ボランチからCB、新井場:CBとの交代だけど左SBに、

パク:左SBからボランチへ。この交代が試合を動かします。

中央で縦横無尽に走るようになったパク、捕まえ切れなかった佐藤が決死のファール。

これで当然のように退場。ここから約10分の時間、もちろん自力のあるチームなら

しっかり耐えられたんでしょうが、そこはやはり1枚上の鹿島。

ゴール前を固めつつも、しっかり対応しきれていなかった京都の隙をついて

いくつもチャンスを作った後、佐々木の今シーズン初出場にして初ゴール。

完全に逃げ切りを目論んでいた京都の作戦はこれで完全に崩れ、

守りきる力が無ければ攻める力も持ち合わせていない京都に、なすすべは無く、

必然のように興梠の決勝ゴール。このゴールも1回目のCKをなんとか切ったものの、

2回目のCKを守りきれず、といった感じ。

1回目のCKではなぜか終始岩政がフリーという、常識ではありえないような京都の対応。

2回目のCKもこぼれ球をシュートまで持っていった野沢をほめるべきで、

飛んだコースもよくGKは触るのが精一杯。そのはじいた先に鹿島が

FW3人いたのに対し、京都のDF1人ではそりゃ対応するのはむりでっせ。

途中フラストレーションがたまったり、やばいとも思った試合でしたが、

終わって見れば非常に気持ちのいい試合でした。

監督の交代策は今日も非常に的確で、さらに相変わらずレベルの高いFW争いは

見ていて毎日ドキドキです。次は興梠がスタメンに復帰するのか、大迫が守るのか、

興味は尽きません。さてACLではどうなりますやら。

|

« とりあえず、山形よりは上に行きました。しかし、審判ひどいな。 | トップページ | ACL2勝1敗、2位で折り返し!最後のOGは順位決定にほぼ影響なし。 »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/28967580

この記事へのトラックバック一覧です: 2試合続けての劇的勝利!京都戦。:

« とりあえず、山形よりは上に行きました。しかし、審判ひどいな。 | トップページ | ACL2勝1敗、2位で折り返し!最後のOGは順位決定にほぼ影響なし。 »