« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月29日 (水)

とりあえずリーグ通算1000ゴール。

鹿島の試合が始まる前に、G大阪とF東京以外は試合が終わっていたため、

勝てば首位奪還が分かっていた試合。今日か、今日かといわれ続け、

1ゴール目が1000ゴールと言うのもわかっていた試合。

試合は開始1分でいきなりクライマックス。あっさり先制点!

これで岩政は通算21ゴールで秋田のゴール数も超えました。

その後も前半はいい形を作れ、圧勝のにおいも若干あるものの、

追加点にはいたらず。前半途中でマルキ負傷退場もあり、

後半は有効な攻撃もほとんど仕掛けられず、しっかり守っていたので

あまり失点しそうな気配こそ無かったものの、なんとか勝った試合。

しかし、攻撃陣、強力FW陣と言われながら、1試合平均得点は遂に1.5未満。

見ていてわくわくするような攻撃が影を潜めてしまってます。どうしたんでしょう。

去年過密日程の中で一度狂った歯車はかみ合わないまま4分3敗で

勝てないまま中断期間を迎えたのは記憶に新しいところ。

そう考えたら、今年は少なくともずるずるいかずに1つ勝てたのは大きいです。

内容よりも最重要なのは結果であり、その意味では勝ち点3、

無失点は評価できますが、やはり攻撃の部分に目を向けると不満が残ります。

過密日程はまだまだ続くわけで、見ていて多少フラストレーションが

たまるような内容でも、勝ったのなら良しとして、今は我慢するときなんでしょう。

とりあえずの週2試合連戦はまだ3試合あります。もう少し頑張っていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

残念な結果の山形戦。

行ってきましたよ、山形戦。

しかし、なんですか?あの寒さは。気温7度。しかも雨。

完全に春になっている関東からは厳しい遠征でした。

しかし、非常に見づらいスタジアムですね。

等々力や味スタ、横浜は2階席があるので、逃げ道はあるんですが、

山形のあの距離・角度では試合全く見えません。ゴールシーンは両方よく分からず。

チケット完売の割にはバクスタ鹿島側は空席がかなり目立っていたし、

鹿島側ゴール裏なのに明らかに山形ファンな高校生沢山いるし。

山形さんも浦和が来る前に考えたほうがよいと思います。

多分浦和さんは鹿島よりも大勢くると思うので、

山形ファンが入り込む余地はなくなると思いますが。

で、試合ですが、またACLとの両立の難しさを実感した試合でした。

前節は鹿島のみがACL組で勝利、今節も名古屋のみが勝利。

厳しい戦いは続きます。

しかし、悔しいのは。小笠原がいないと何も出来ないとメディアにかかれること。

優勝は小笠原がいなくなった後の底力で取ったものだし、

小笠原がいなくても十分勝てるチームと証明したのに・・・。

鹿島で代役の効かないのは1に内田、2にマルキ、3に小笠原ですかね。

内田 ≧ マルキ >> 小笠原 くらいかなと。

その内田・マルキが不調すぎると、さすがに小笠原不在もいたいのかも。

ダニーロがいて、本山をボランチに下げられればまた違う展開もありそうですが、

守備が第一の青木・パクを並べるボランチは厳しそうです。

試合は鹿島には大きなチャンスはあまり訪れず、PKは明らかに誤審。

この拾い物のPKをマルキがかろうじて決めるものの、

試合終了間際のマルキのシュート以外後はわくわくする場面なし。

前半40分過ぎあたりからは、相手FWがフリーでヘディングシュートする場面が目立つ。

後半もほぼ終始山形ペースで、フリーにしてしまう場面が続いていた中で

あの同点弾は必然かと。興梠が怪我で交代したようですが、交代で出てくる大迫には

全く恐怖は無く、あの展開なら佐々木投入のほうが良かったようにも思え。

連戦で、全試合が思い通りに行くわけはないわけで、勝てなかったのは残念ながらも

負けなかったことは少なくとも評価するべきでしょう。

去年のようにここからずるずる行ってしまわないことが大事で、

AWAYで引き分けは及第点と考え、次に向かいましょう。

ガンバを3-1で叩きのめし、調子に乗る神戸と次はホームで対戦。

今回は神戸より1日インターバルが長いので、しっかり準備をし、

通算1000得点を達成しつつ気持ちよく勝ちましょう。

3連覇の道のりが平坦でないことは初めからわかっていたことで、

7試合終わって勝ち点14は問題なしですから。

まあ浦和さんが首位に立ってしまったのは嫌ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

ACLグループステージ、今後の展望。

残り2試合となったACL、今後の展望を考えて見ます。さて、今後のACL展望です。

第5節で上海がSAFに勝つのは間違いさそうなので、そういう前提で話を進めます。

(『直接対決で 鹿島>水原』 という表記は、もしこれがノックアウトステージのように

直接対決だったと仮定した場合、直接対決の2試合分では鹿島の勝ち、の意です。)

そうすると、5試合終わった段階で上海は3勝2敗になります。

①鹿島勝利かつ得失点差3以上の場合(直接対決では 鹿島>水原の場合)

鹿島が水原よりほぼ上位が決定 するのでR16進出決定。

トップ通過かどうかは最終戦の上海戦で、1失点差以内負けが条件。

万が一上海に大差で負けた場合、逆転予選敗退の可能性あり。

②鹿島勝利かつ得失点差2以下の場合(直接対決で水原>鹿島の場合)

最終戦決戦へ。ほぼ水原より下位が決定。

ⅰ)最終戦で上海に2失点以上負け(直接対決で 上海>鹿島)で予選敗退。

ⅱ)上海戦で1失点差以内負け(鹿島 > 上海)でR16進出。(2位通過)

ⅲ)鹿島引き分け or 鹿島勝利 でR16進出(1位通過)

③鹿島引き分け or 鹿島負け

最終戦決戦へ。ほぼ水原より下位が決定。(鹿島負けの場合は完全に決定)

ⅰ)最終戦で上海に負けで予選敗退。得失点差は無関係。

ⅱ)上海戦で引き分け以上でR16進出。(2位通過)

④鹿島4-1で勝利 これが最もレアなパターン。

ⅰ)上海戦で0-2で敗戦・・・上海=水原=鹿島だが、

総得点が水原8、鹿島7、上海5のため、①水原②鹿島③上海となり

R16進出(2位通過)となる。のため、SAF戦も含めた得失点差勝負

ⅱ)鹿島引き分け以上でR16へ首位通過

ⅲ)鹿島>上海 の形で敗戦(0-1や1-3など) でR16進出。

  ただし、首位通過かどうかはSAF戦も含めた得失点差勝負

ⅳ)上海>鹿島 の形で敗戦(要は3点差以上負け)

  勝ち点、直接対決上は水原=鹿島=上海も、

  得失点差で必ず①上海 ②水原 ③鹿島 となるので予選敗退決定

となります。何度も声を大にして言い続けている、SAF戦での大量得点は、

今度の水原戦で4-1のスコアで勝利したのみ活用される可能性があります。

どこかがSAF戦で取りこぼした場合にしか活用されることはありません。

ごちゃごちゃ書きましたが、鹿島に求められているのはもちろん第一に勝利!

4点差以上の大勝がベストではあるけど・・・といったところです。

第5節終了段階で再度解説する予定です。

追記:ご指摘を受けて②の条件を訂正しました。

追記②:自分で読み返しておかしいのに気づき、5月4日に訂正しました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ACLグループステージ、第4節終了。

5時丁度には仕事を切り上げられず、少し遅れて5時20分頃出発。

スタジアム近辺に着いたのが7時頃で、駐車して席に着いたのが7時15分頃。

無事に全5ゴール見られました。この試合は勝利のみが条件だったので、詳細は割愛。

久々スタメンの新井場・興梠の気合の入り方がよかったですね。

去年のACでもなぜかやたらと多い田代コールには疑問でしたが、

今日のマルキコールもかなり疑問。

大迫のゴール時も、マルキガアシストした訳でもないのに、

ゴール後に起ったのはマルキコール。

試合中も小さな「テテテンテテ」と小太鼓?の音の出ること出ること。

マルキに得点を決めて欲しいと思うファンの願いは分かりますが、・・・・。

特にゴール直後くらい得点者、アシスト者をコールしてください。

後半、楽になったら船山・遠藤あたりにもチャンスが

与えられるものと期待していましたが・・・。

特に、本山が出てきたのにはがっかり。勿論も本山は好きです。

が、せっかくターンオーバーしたのに、本山を出したら意味が無いような。

しかも、点差がついた後で、得失点差は考慮する必要が無かっただけに、

船山や遠藤にチャンスが無かったのは残念です。

佐々木は今日は消え気味でしたかね。増田の右サイドも久々にみました。

まあ右サイド時の増田の持ち味は出ていたように思えます。

あと、今日の審判ですが、そんなにひどかったでしょうか?

かなり公平なジャッジに見えたんですが、鹿島がファールを取られるたびに

大きなブーイングが聞こえてきましたが、判定はかなり妥当に見えました。

これで、今後の展望が見えてきたので、次回はそれを解説します?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

ACL第4戦。必要は勝利のみ!大量得点は不要です。

明日はACL第4戦、R16へ進むため、勝利以外は許されない試合です。

明日鹿島が勝利すれば、SAFが鹿島より順位下へ行くことが決定します。

(残り2試合で鹿島の勝ち点9、SAF0のため。)

そうすると、同じ勝ち点にならないチームとの得失点差は無意味になります。

(同じ勝ち点では当該チームの結果が最優先のため。)

ですので、明日、いくらメディアが大量得点が必要といっていても、

実際に必要なのは勝ち点3のみで、スコアは1-0でも8-0でも全く一緒です。

無理に大量得点を狙わず、堅実に勝ちつつ、戦力の温存を考えるべきだと思います。

新井場がスタメン予想のようですが、不調の内田がお休み?パクがお休み?

パクをボランチにあげ、左サイドに新井場?青木の場所に中田浩?

などなど、メンバーパターンが複数考えられるので、楽しみはつきません。

G大阪と川崎の決勝進出は決まりました。

明日で鹿島の決勝進出は絶対に決まりませんが、勝つべきところでしっかり勝って

第5・6戦の3つ巴の戦いに備えましょう。

明日は5時で仕事を上がらせてもらって(上がれる保障なし)、

そこから急いで鹿島へ向かう予定です。もし出発が遅れるようであれば、

おとなしく自宅でTV観戦します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ACL,

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

とりえあず首位キープ。

今日は確かに横浜もよかったですね。

最近不遇を味わっている山瀬ですが、やはり怖い存在ですね。

大きな決定機は前半は山瀬兵藤のポスト直撃シュート、

後半は新井場→マルキのしゅーとだけだった感じでした。

興梠は投入直後の突破や、小笠原のロングをうまく落としてマルキへ、など、

かなりよかったんではないでしょうか。先発復帰も近いでしょうかね。

内田の後半の足の止まり具合は気になります。オーバーワークでは・・・・。

今日から7連戦ですが、中盤はとりあえず水曜に青木、土曜に小笠原が

強制ターンオーバーが決定していますが、もっとうまく選手を回していかないと

厳しいように思います。先週の試合、ACL組は鹿島しか勝利が無かったところからも。

中田・ダニーロが復帰したら大きくターンオーバーしてもいいんではないでしょうかね。

よくあることなので仕方ないのですが、最後のマルキ、後ろの興梠に任せていれば

と思ってしまいます。まあたらればですが。

とりあえず、まだ6節終了してはいませんが、終了段階で首位をキープすることは

決定しました。連戦でハードな日程が続きますが1つついきましょ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

ただいま~

戻ってきましたよ。え?味スタから帰ってきたのかって?

違います、順位表のてっぺんにですよ。

新潟だ、山形だと、見慣れない名前が頑張ってましたが、

まずは無事に鹿島が定位置に戻りましたよ。

で、試合。まずは何よりも大迫のリーグ初ゴール。

数時間後に浦和の原口も決めていただけに、大迫が先でよかった。

マルキのゴールもビューテホー!と思ったら、どうやら相手に当たってたんですね。

現地観戦では全く分かりませんでしたよ。

で、試合は早々と2点先制。大量得点か?と期待したんですけど・・・・。

試合は前半30分頃からほぼFC東京ペース。

相手のミドルがポストに嫌われたり、ソガの複数回にわたるビッグセーブで

なんとか逃げ切った感じ。試合内容としては不満が残りますが、

連戦であの気温、勝ち点3をしっかり勝ち取ったという事実は評価できます。

しかも、名古屋、川崎、G大阪と、ACLチームは鹿島以外全チーム敗北ですからね。

これで1週間ゆっくり調整時間があって、多分シーズンを通して最も厳しい

ほぼ週2ペースで7連戦が待ってます。

厳しい試合でもものに出来るのいいことで、このまま首位で走り抜けちゃいましょ。

今日の試合でも数多く見られましたが、(特に後半ロスタイムの伊野派、

相手が来てるのにボール見ちゃダメでしょ。決まっててもおかしく無かったですよ)

ミスによる自滅だけはなしでっせ。

しかし、FC東京戦時の味スタ、エリアを徐々に広げるの止めてもらえませんかね?

後から来た人のほうがいい席にすわれてしまうって、不公平だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

ACL2勝1敗、2位で折り返し!最後のOGは順位決定にほぼ影響なし。

前半は、試合視聴開始が遅れたので、5分程度遅れで追っかけ再生。

得点のたびにメールが来るんですが、来た段階では自分の見ている画像では

まだ得点シーンになっていないので、メールは見れず。

ただ得点するであろう事だけは分かるので、見てるほうはかなりドキドキ。

特に前半終了間際の内田の2得点目。

得点場面が来るのは分かっていても、鹿島の得点なのか失点なのか分からず、

CKからの失点じゃないか、笛が吹かれたときPKにならないかかなりドキドキでした。

試合のほうは、まあ相手が相手だったので、内容は割愛。

ただ、ソガがばっちりPKを止めたのはお見事。頼れますね。

さて、今日上海 2-1 水原 となりました。

解説で勝ち点が並んだら得失点差と連呼していましたが、違います!

間違えないでください、同じ勝ち点なら同じ勝ち点同士の当該成績で順位が決まります。

ですので、同じ勝ち点ならSAF戦の結果は反映されません。

よってSAF戦は勝ちさえすれば得失点差はどうでもいんです。

最後のOGが大きいと連呼していましたが、これも何の足しにもなりません。

3-1でも4-1でも同じです。

ですので、2試合目が終わった段階では鹿島の順位は3位ではなく、2位です。

鹿島のオフィシャルでも3位になっていましたが、レギュレーション上では2位です。

さらに、今日までの結果、一見すると

①水原 +4 、② 鹿島  +2(総得点7)、③上海 +2(総得点6)ですが、

正しくはSAF戦の結果を抜いて考えるので、3チーム間の成績で

①水原 +2(総得点5)、②鹿島 -1(総得点3)、③上海 -1(総得点2)で

順位が決定しています。

ACLを今回のグループ内で勝ちあがるためには、水原と上海戦はとにかく

よりよい成績で勝つこと、特に水原と勝ち点で並んだ場合にR16をホームで行うために

3点差以上でホームで勝つことと、SAFには1点差でいいから勝つことです。

リーグ戦と同様、最後にものを言うのは得失点差の雰囲気がありますが、

ACLは当該チーム同士の成績が最も物を言います。

これを見て今までしらなかっひと、是非覚えて帰ってください。

最後でぬか喜びやいらない悲しみを知ってしまわないように。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

2試合続けての劇的勝利!京都戦。

去年唯一生で観戦することの無かった相手が京都戦。

やっと紫のヤナギを見れると思いきや、怪我だそうで。最近怪我多いねえ。

で、若干ウォームアップ中から内田のトラップがうまくいっていないのと、

内田のクロスに合わせてシュートを打つ佐々木の精度の高さが目に付いてました。

で、試合。どういうわけか、鹿島に来ると皆さん引き分けを狙うんですね。

そんな試合内容を反映して、前半は得点のにおいも失点のにおいもあまりせず。

後半はまさかの内田のパスミスから

佐藤 → 豊田 → 伊野波ブロック → こぼれ球をディエゴ という形で綺麗に失点。

この直後、京都はFW林→DF増嶋へ交代。

どうやらスカパーの解説では京都得点前から決まっていたようなのがびっくり。

完全にスコアレスドローでよいという考えだったんですね。

ここからは鹿島もパワープレー。しかし得点にはいたらず。

後半25分には面白い交代が。伊野波と新井場を交代。これによりポジションが

青木:ボランチからCB、新井場:CBとの交代だけど左SBに、

パク:左SBからボランチへ。この交代が試合を動かします。

中央で縦横無尽に走るようになったパク、捕まえ切れなかった佐藤が決死のファール。

これで当然のように退場。ここから約10分の時間、もちろん自力のあるチームなら

しっかり耐えられたんでしょうが、そこはやはり1枚上の鹿島。

ゴール前を固めつつも、しっかり対応しきれていなかった京都の隙をついて

いくつもチャンスを作った後、佐々木の今シーズン初出場にして初ゴール。

完全に逃げ切りを目論んでいた京都の作戦はこれで完全に崩れ、

守りきる力が無ければ攻める力も持ち合わせていない京都に、なすすべは無く、

必然のように興梠の決勝ゴール。このゴールも1回目のCKをなんとか切ったものの、

2回目のCKを守りきれず、といった感じ。

1回目のCKではなぜか終始岩政がフリーという、常識ではありえないような京都の対応。

2回目のCKもこぼれ球をシュートまで持っていった野沢をほめるべきで、

飛んだコースもよくGKは触るのが精一杯。そのはじいた先に鹿島が

FW3人いたのに対し、京都のDF1人ではそりゃ対応するのはむりでっせ。

途中フラストレーションがたまったり、やばいとも思った試合でしたが、

終わって見れば非常に気持ちのいい試合でした。

監督の交代策は今日も非常に的確で、さらに相変わらずレベルの高いFW争いは

見ていて毎日ドキドキです。次は興梠がスタメンに復帰するのか、大迫が守るのか、

興味は尽きません。さてACLではどうなりますやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »