« ACLグループステージ、今後の展望。 | トップページ | とりあえずリーグ通算1000ゴール。 »

2009年4月26日 (日)

残念な結果の山形戦。

行ってきましたよ、山形戦。

しかし、なんですか?あの寒さは。気温7度。しかも雨。

完全に春になっている関東からは厳しい遠征でした。

しかし、非常に見づらいスタジアムですね。

等々力や味スタ、横浜は2階席があるので、逃げ道はあるんですが、

山形のあの距離・角度では試合全く見えません。ゴールシーンは両方よく分からず。

チケット完売の割にはバクスタ鹿島側は空席がかなり目立っていたし、

鹿島側ゴール裏なのに明らかに山形ファンな高校生沢山いるし。

山形さんも浦和が来る前に考えたほうがよいと思います。

多分浦和さんは鹿島よりも大勢くると思うので、

山形ファンが入り込む余地はなくなると思いますが。

で、試合ですが、またACLとの両立の難しさを実感した試合でした。

前節は鹿島のみがACL組で勝利、今節も名古屋のみが勝利。

厳しい戦いは続きます。

しかし、悔しいのは。小笠原がいないと何も出来ないとメディアにかかれること。

優勝は小笠原がいなくなった後の底力で取ったものだし、

小笠原がいなくても十分勝てるチームと証明したのに・・・。

鹿島で代役の効かないのは1に内田、2にマルキ、3に小笠原ですかね。

内田 ≧ マルキ >> 小笠原 くらいかなと。

その内田・マルキが不調すぎると、さすがに小笠原不在もいたいのかも。

ダニーロがいて、本山をボランチに下げられればまた違う展開もありそうですが、

守備が第一の青木・パクを並べるボランチは厳しそうです。

試合は鹿島には大きなチャンスはあまり訪れず、PKは明らかに誤審。

この拾い物のPKをマルキがかろうじて決めるものの、

試合終了間際のマルキのシュート以外後はわくわくする場面なし。

前半40分過ぎあたりからは、相手FWがフリーでヘディングシュートする場面が目立つ。

後半もほぼ終始山形ペースで、フリーにしてしまう場面が続いていた中で

あの同点弾は必然かと。興梠が怪我で交代したようですが、交代で出てくる大迫には

全く恐怖は無く、あの展開なら佐々木投入のほうが良かったようにも思え。

連戦で、全試合が思い通りに行くわけはないわけで、勝てなかったのは残念ながらも

負けなかったことは少なくとも評価するべきでしょう。

去年のようにここからずるずる行ってしまわないことが大事で、

AWAYで引き分けは及第点と考え、次に向かいましょう。

ガンバを3-1で叩きのめし、調子に乗る神戸と次はホームで対戦。

今回は神戸より1日インターバルが長いので、しっかり準備をし、

通算1000得点を達成しつつ気持ちよく勝ちましょう。

3連覇の道のりが平坦でないことは初めからわかっていたことで、

7試合終わって勝ち点14は問題なしですから。

まあ浦和さんが首位に立ってしまったのは嫌ですけどね。

|

« ACLグループステージ、今後の展望。 | トップページ | とりあえずリーグ通算1000ゴール。 »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/29311733

この記事へのトラックバック一覧です: 残念な結果の山形戦。:

« ACLグループステージ、今後の展望。 | トップページ | とりあえずリーグ通算1000ゴール。 »