« 1試合少なくとも首位! | トップページ | ダニーロ合流! »

2009年5月10日 (日)

2009年第11節 VS清水エスパルス@カシマ

きついきつい7連戦も、とりあえず今日が最終日。

普段は1時間前くらいにしか行かないのに、今日はもらえる野菜を目当てに

12時過ぎに入場。1時間並んで2つのキャベツを手に入れました。

さて、どうでもいい前置きはこの程度で試合。

立ち上がりにあっさり先制。マルキが如何なく古巣キラーぶりを発揮。

このとき、興梠が綺麗なポストプレーを披露。

前半は清水にチャンスらしいチャンスは無く、1-0で終了。

前半28分の興梠が抜けたプレーは・・・・。あれこそまさに興梠の真骨頂なわけですが、

倒したGKにはお咎めなし。帰宅後VTR確認をしたら、興梠はボールに触ってますが、

相手GKは興梠にしか触っていないので、少なくともファールが妥当な判定かと。

解説者も言ってましたが、レッドが出てもおかしくないプレーだったように思いますけどね。

前回神戸戦の様に、まさか開始直後の先制点で1-0?と思いきや、

後半早々にうまくマルキが落としたボールに反応した本山が技ありループ。

一瞬オフサイド?とも思いましたが、これも帰宅後間違いなくオンサイドを確認しました。

現在J1で最も安定した守備を誇る鹿島、2点はある意味セーフティーリード。

後半さらにゴール前の混戦で、野沢に訪れた決定機は、残念ながら枠を捉えず。

これで得点が決まっていれば、完全に勝負ありだったんですけどね。

追加点取った後、そんなにたたないうちに1点返されたのは課題かもしれません。

今日の鹿島はかなりの暑さで、まあ後半足が止まってしまったのは仕方ないかと。

その中で、新井場はどんどん積極的に行っていましたが、増田は・・・・・。

要は完全に消えてる感じで、交代選手が今日の感じでは厳しいかと。

次は野沢が出れないわけで、OMFとしてチャンスなんですが、今日の内容であれば、

中田をDMFに置いて小笠原をOMFに持っていったほうが強いのでは?と思います。

まあ79年組みの下も育てないといけないので、増田にはもう少し頑張ってもらいたい。

去年は5連勝の後、一度嵌った負のスパイラルから抜け出せず、

7戦未勝利の結果、12試合で5勝3敗4分、勝ち点19で中断を迎えました。

今年は7連戦を5勝2分(ACLが2勝)と無敗で終え、

リーグも10試合終了段階で7勝1敗2分、勝ち点23です。

中断期間を迎えるまであとリーグ2試合とACL1試合。

今年は去年の失敗を糧に、かなり順調に来ています。

このまま1試合少ないのに首位!って状態で中断に突入しましょう。

ACL組は過密日程のご褒美?に、6月が軽くオフシーズンになりますからね。

|

« 1試合少なくとも首位! | トップページ | ダニーロ合流! »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/29555337

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年第11節 VS清水エスパルス@カシマ:

« 1試合少なくとも首位! | トップページ | ダニーロ合流! »