« 日本代表発表。興梠の名前が! | トップページ | ナビスコカップ展望。 »

2009年5月24日 (日)

首位独走で中断期間へ!

中断前の大一番、ガンバ大阪戦。序盤若干躓きながらも、盛り返してきたG大阪。

必ずやリーグ制覇には立ちはだかるであろうG大阪、

ここで叩いておけば、有利にリーグを進められるのは自明の理。

もちろん相手と対戦地を考えれば、決して引き分けでも

いけないわけではないと思いますが。勝利が最善は常に正しいわけですが。

で、試合開始。序盤はかなり鹿島ペース。

そんななか、16分にあっさり鹿島が先制。中田がしっかり得点感覚が鈍っていないことを

一発で証明してくれました。その後も少し鹿島のペースが続くも追加点には至らず。

そのからガンバが盛り返し、一度ガンバに移ったペースは鹿島に戻ることなく、

最後までガンバペースで進み、試合終了。

そんな難しい展開も、試合は1-0で鹿島の勝利。

前半遠藤が2つチャンスがあり、どちらも冷や冷や。特にフリーで抜けたときは

同点にされた、と覚悟しましたが、ソガの伸ばした手がしっかりボールをキャッチ。

もうひとつはDFのクリアが遠藤にこぼれてしまいましたが、視界にしっかりソガが入ると、

遠藤は無理にボールに足を出さず。遠藤って紳士だなって思ってしまいました。

あれが中国のチームだったらと思うと・・・・。

後半も攻めるガンバに守る鹿島の構図。むしろ前半より鮮明になった感じ。

そんななか、しっかり対応してしまう鹿島のDFもすごいって感じですね。

チョジェジンのループは、ガンバファンからすれば惜しいと思うんでしょうけど、

あれがボール1個分ちゃんと下に行って、枠に行くボールであればソガがキャッチできた

範囲になるので、結局あのシュートが得点にいたらなかったのは必然かと。

迫力あるガンバの攻撃、守り続けるのを見続けるのは心臓に悪いです。

後半、鹿島のチャンスはマルキが一人で持ち込んでシュートって場面3回くらいかな。

得点には至りませんでしたが、やっぱり頼りになります。

最終的には鹿島の守備、守ると決めたら安定感抜群だな、という結論になりました。

この試合の収穫は、中田の先発復帰と、ダニーロの戦列復帰。

興梠も大丈夫なはずなので、中断明けにはさらに勢いを加速させられそうです。

ところで、中田の復活は嬉しいのですが、試合の中ではまだまだ消えてる感じがします。

増田の存在感、日に日に薄くなってる感じがしてならないんですが、気のせい?

試合終盤、誰よりも走っているのがマルキってのは困ります。

田代も、前線でもっと走り回ってプレスをかけてもらわないと、後ろが楽になりません。

相変わらずファールアピールが多くて長いんですが、交代選手なのだから

マルキ以上に走り回ってください。

7月や9月以降には今以上の過密日程の可能性があります。

総力戦で闘わなくてはタイトルが取れません。まだまだ序盤が終わっただけ。

それでも、ACLと平行して頑張った選手たちには2週間のオフがあります。

ここでリフレッシュしながら、厳しい夏場の戦いに備えるべく、体力を蓄えましょう。

2位の浦和とは1試合少ないのに勝ち点差は4。

完全に頭ひとつ抜けましたが、2005年や2007年を見れば、

10でもセーフティーではありません。安心せず、次の戦いに備えましょう。

|

« 日本代表発表。興梠の名前が! | トップページ | ナビスコカップ展望。 »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/29774455

この記事へのトラックバック一覧です: 首位独走で中断期間へ!:

« 日本代表発表。興梠の名前が! | トップページ | ナビスコカップ展望。 »