« 公式記録上は引き分け。 | トップページ | スタメンはベストメンバー »

2009年6月29日 (月)

少し遅くなりましたが大分戦。

キックオフが4時。ってことは試合終了は6時。

空路を使っても当日帰宅は無理と判明した瞬間、おうち観戦が決まりました。

で、前日までスケジュールがしっかり決まらない予定を入れたものだから、

キックオフには間に合うつもりが、前日連絡の結果、帰宅は6時過ぎると判明。

キックオフどころか、試合中には帰ってこれない有様。

試合途中で経過メールを見てしまうのは嫌だったので、4時前から

見終わった8時半携帯の電源はオフ。

おかげで母親には大分まで行ったと思われてしまいました。

長い前置きはここでおしまい。

最下位で11連敗中の相手とあって、とりこぼしは許されない試合。

水曜の試合のメンタル的にもフィジカル的にもダメージが心配でした。

前半は大分は完全に押さえ込むも、鹿島もなかなかチャンスを作れず。

マルキガPA内で個人技からおしいシュートをうったくらいでしょうか。

シュート打てども打てども目の前には大分のDFがいて、見た印象とは大きく違う

鹿島のシュートは前半3本。5本以上はあったように見えましたけど。

後半に入ると、大分が少し息を吹き返し、惜しいチャンスが数回あった後、

遂に先制点を奪われます。去年の大分だとこれで必勝パターンですが、

実は大分、今年はこの試合前までに先制した6試合が1勝5敗。

ほとんどの試合で先制しながら逆転負けなんですね。

ところが、鹿島に感情移入してみてると、そんなポジティブ要因は吹っ飛び、

正直終わったか?と思ってしまいました。が、

そんな不安を吹き飛ばす強いメンタルを持った男が鹿島にはいました。

ACL敗退が自分のせいなら、また自分の力でその舞台につれてってやる!って。

野沢の絶妙クロスも、難しいシュートになってしまいましたが、これをズドン!

決めた後のクールな満男の表情と言ったらもう。

その後、さらにあっさり追加点。岩政が野沢の枠を外れたシュートをうまくとめて

一度はDFに弾かれるものの、冷静に押し込んで2-1に。

その後、鹿島にも大分にもチャンスはあったものの、集中して守る鹿島が

そう簡単に崩されるわけもなく、2-1で勝利を収めました。

試合後の大分選手VSサポはちょっと見ていてかわいそうになりました。

また、増田がインタビューした時、オリベが鹿島に戻りたくなりましたか?

と聞いたのが面白かったです。

久々に出た新井場は楽しそうにやってましたね。パクがちょっと負傷を抱えながらの

出場のようなので、一度新井場をスタメンに戻すのも面白そうですね。

ACL組は残り3試合、他は残り2試合ですが、あと勝ち点2で

鹿島の前期首位折り返しが決まります。

7月1日の試合で鹿島が勝つか、川崎が引き分け以下です。

目標は3連覇であり、再度アジアの頂点を目指すことなので、前半戦首位通過には

誰も目を向けませんけどね。

次節は水曜に名古屋戦。復帰したマギヌンがあっさり退場したため、鹿島戦は欠場。

ピクシーも既にリーグ戦は白旗を揚げているので、一気に止めを刺しましょう。

立ち止まらず、残された全てのタイトルに向かって進みましょう。

|

« 公式記録上は引き分け。 | トップページ | スタメンはベストメンバー »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/30340605

この記事へのトラックバック一覧です: 少し遅くなりましたが大分戦。:

« 公式記録上は引き分け。 | トップページ | スタメンはベストメンバー »