« 仕事終了は6 時過ぎ。 | トップページ | 負けに等しい?清水戦。 »

2009年7月15日 (水)

Best4進出へ大きく前進!

久々に自宅テレビ観戦となった鹿島の試合。

前半はやや川崎ペースながら、決定的なチャンスを与えず、

鹿島も決定機を迎えることなく終了。

後半は比較的長い間鹿島のペース。

谷口のヘディング、中村のFKと2つが決定機も、得点は与えず。

逆に、鹿島は内田のロングスローからターゲットマンになるダニーロ、田代がいたため、

川崎DFがひきつけられ、その動きを予測していた小笠原のヘディングシュートで

遂にゴール!1-0で1st legを折り返しました。

思えば、ホームアンドアウェイの試合、2007年ナビスコAWAY広島(0-1)、

2007ナビスコAWAY大阪(0-1)、2008ナビスコHOME清水(0-0)、

2008ACLHOMEアデレード(1-1)とアドバンテージをとれませんでしたが、

今年はいけそうです。川崎の攻撃力を侮ると痛い目を見ますが、

1点差以内で鹿島の負けはなくなった事実は大きいです。

3年ぶりに国立へ!2002年以来のナビスコ制覇を!

しかし、今日の試合、審判流しすぎじゃないでしょうか。

判定は比較的一定していたように思えますけど。

後半、PA側で青木が倒されたシーンも、後半左サイドでダニーロが倒されたシーンも、

どちらもDFは選手にしか触っていませんし、

新井場はレナチーニョに蹴りいれられてます。

ゴール後の小笠原や、試合終了後担架で運ばれた伊野波など、

けが人出されてはかないません。

さて、問題の伊野波ですが、代役を考えたらどうなるでしょう。

大岩の復帰?中田浩二もしくは後藤圭太で代役?

青木を下げてボランチに中田浩二かパクで、パクなら左に新井場?

考えると、代役にはこまらなそうです。

充実した選手層、狙いましょう、9年ぶりのトリプルクラウンを。

|

« 仕事終了は6 時過ぎ。 | トップページ | 負けに等しい?清水戦。 »

「アントラーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199725/30559364

この記事へのトラックバック一覧です: Best4進出へ大きく前進!:

« 仕事終了は6 時過ぎ。 | トップページ | 負けに等しい?清水戦。 »