« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

ガンバ戦を少し振り返ります。

ガンバ戦についていくつか。

ガンバ側の方々で審判がひどすぎたと言ってる方や、

Wikiの吉田寿光さんの欄に誰もが認めるひどい誤審をしたとの記載があったり。

そんなにひどかったでしょうかね?まあ所詮自分は鹿島側の人間ですから。

で、試合は開始早々から鹿島ペース。

相手がガンバだけにそんなに簡単にいくわけないだろうなと思ったら、やはり途中からは

互角の均衡した試合展開に。自分の中で、前半の決定機は鹿島の野沢がマルキを

狙ったクロスだけかと。

で、誤審の槍玉その①、ペドロのシュミレーション。

確かに中田の足がペドロを引っ掛けてるように見えますが、ダイブがあるのも事実でしょう。

あとはPKが妥当なのか、シュミレーションが妥当なのかの判断は個人でどうぞ。

少なくとも、あれがPKになると、相当数のPKが・・・・・。

後半は開始早々からガンバが持ち直し、押される展開。

が、ペドロからがっちりカットした小笠原からのスルーで興梠先制。

中沢は興梠には歯が立たなかった感じの展開。岡ちゃん見ました?

興梠の個性を理解してあげないと、いつまでたっても力を引き出して上げれませんよ。

その直後、交代したダニーロがうまく足を伸ばしたボールがマルキ・興梠と渡り、

再びマルキが持ち込みシュート。キーパーがうまく弾きましたが、

運悪く天才野沢の足元にこぼれてしまい2点目。

キーパータイミングをはずされましたが、手出せば少しくらいかすれませんかね?

これで安泰かと思いきや、すぐにペドロから二川に渡り2-1に。

しかし、これは鹿島のDFが4人対応しており、ソガにはノーチャンスも、

鹿島らしいしっかりした守備は出来ていたので、評価できる失点かと。

ガンバは1点返してこれからというときに、すぐに3点目を取らせては鹿島には勝てません。

ダニーロの粘りから野沢に渡り、興梠への流れは速すぎて、あれは日本のDFでは

対応できるチームないんじゃないでしょうか。

で、今度は問題の誤審槍玉②、ルーカス退場。

これも厳しいといってもいいジャッジですが、1枚目の小笠原へのファールは明らかな

イエローであり、その1枚ある状況で手を出して空中戦に挑んではいけません。

これはルーカスが不注意だったと言うべきでしょう。

厳しいかもしれませんが、判定自体にしっかり妥当性があります。

これで勝負は決まりました。野沢のリフティングは余計。

鹿島としては交代出場の田代・ダニーロが点を決めたのは◎。

田代のゴールはダニーロと二人で完璧にDFを切り裂いたすばらしい流れで、

ダニーロのゴールはNHKの解説者曰く、何処に出しても決定的という状況。

キーパーもDFもどうしようもない流れでしたけどね。

スカパーの映像ではわかりませんでしたが、野沢のニアにいた増田が、

まずボールを要求し、その後自分ではなくダニーロへパスするよう指示しています。

増田もゴールからかなり遠ざかってますから、点差も考えて本当は

自分が打ちたかっただろうに、きちっとチームプレーに徹するところがいいです。

マルキが途中で退いたことを怒っているガンバファンがいましたが、

故障して試合続行が厳しいと判断された選手が、交代枠を使えないがために

交代ではなく自分の意思で退いたことを非難される理由がわかりません。

もちろん鹿島とガンバの間に昨日ほどの力の差がないのは誰の目にも明らかで、

先制点がガンバに入っていれば逆も大いにありえました。

ただ、昨日の試合に関しては、ガンバの監督・選手全員が認めているように

完全に鹿島の圧勝、ガンバの力負けでしょう。

あの試合を審判に壊されたとかいうようでは、鹿島にはまだまだ勝てませんよ。

しかし、勘違いしてはいけない、天皇杯で同じ結果が得られると思ったら大間違い。

浦和がリーグを引っ張れなくなった今、間違いなくリーグは鹿島とガンバが中心。

気を引き締めてV3へ、そして2連ぶりのダブルへ突き進みましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

完勝!

しかし、まだ何も成し遂げていない。
金沢ショックは2年越しに倍替えし。
行こう、埼玉の地へ。勝のは俺達だ!
試合中、川崎戦の速報見るのは構いませんが、
情報を遮断してる周りの多くの人に
聞こえてしまうように言うの辞めてください。
試合終了時のドキドキ大幅減。
柏は今からか、頑張れ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

今年もやります、くだらない確率論。明日優勝?3強の順位は?

今年もくだらない確率論をやります。

これはただ単にtotoの投票率から弾き出した数字であり、

科学的根拠はありません。toto投票者の数字から出しただけの、意味を持たない数字です。

ですので、暇つぶしの読み物的にお考えください。

今回採用のデータはこれです。

鹿島の勝ち:44.03% 引き分け:25.42% 負け:30.55%

川崎の勝ち:67.49% 引き分け:16.26% 負け:16.25%

まず、明日、鹿島が優勝する確率です。

これは単純に鹿島○かつ川崎△か●なので、

44.03%×32.51%(16.26+16.25%)なので、14.31%。

明日鹿島の優勝が決まる確率は1/7程度です。

次に33節終了段階の順位です。得失点差が並んだら川崎・G大阪・鹿島の順は

固いので、大量得点や大量失点でひっくり返るという想定は一切なしです。

①鹿島・川崎・G大阪の順の確率。

これは鹿島○の場合と(川崎不問)鹿島△かつ川崎△か●のときなので、

44.03%+25.42×(16.26+16.25%)=52.29%です。

②鹿島・G大阪・川崎の順はありえません。

(G大阪△では川崎が上、G大阪○なら鹿島が下になるため)

③川崎・鹿島・G大阪の順の確率。

川崎○かつ鹿島△が条件なので、

67.49%×25.42%=17.16%

④川崎・G大阪・鹿島の順

川崎○かつ鹿島●が条件なので、

67.49%×30.55%=20.62%

⑤G大阪・川崎・鹿島の順

G大阪が鹿島の上に行くときは必ず鹿島●であり、その時の勝ち点はともに60。

川崎は58.59.61が明日可能勝ち点なので、これは不可能。

⑥G大阪・鹿島・川崎の順

G大阪○かつ川崎△か●なので、

30.55×16.25+16.26)=9.93%。

以上より、明日終了時、首位にいる確率は

鹿島:52.29%(14.31%は優勝まで決定)

川崎:37.88%

G大阪:9.93%  となります。

繰り返しますが、これは何の意味も持たないくだらない確率論です。

ちょっとおもしろいと思った方、毎年最終節前にやってますので、

2007年11月や2008年11月のエントリーでも読んでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

首位返り咲き!

鬼門は鬼門。大分頑張ったね。
これで次節にホームで優勝決定の可能性。
もうドラマはいらない。カシマで決めよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

主審は扇谷。

次節新井場は出場停止か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

史上初!完全試合?山形戦。

鹿島が強すぎたのか、山形が弱すぎたのか?

結果は2-0、被シュート0はリーグ史上初の快挙!

しかし、勝って兜の緒を締めるとはよく言うもので、内容は少し不満。

圧倒的に試合を試合し、チャンスメイクもしながら2得点どまりは・・・・。

川崎に得失点差で追いつけない今となっては、確実に勝つことだけが至上命題ですが。

試合内容はいくつか箇条書きのみで。

・小笠原の突破は凄かったです。そこから興梠へのスルー、流れは完璧。

・相手の選手がマルキと競った際、負傷し退場。怪我にマルキは無関係。

・ダニーロ、試合中にリラックスしすぎ。決定機でバー直撃は神様のお叱り?

・後半開始に興梠GJ!のPK獲得。200試合出場のマルキが志願のキック?

・もう1回興梠がPA進入で興梠がファール。素人の自分にはよくわかりませんが、

 どうやら興梠へのファールと見るほうが妥当とも言える判定だったようです。

・中田のボランチはかなり効きますね。満男・浩二のダブルボランチは反則に近いような。

・しかし!79年組み依存がより強まったと考えると、近い将来へは不安材料。

と、いったところでしょうか。

千葉が善戦するも、ロスタイムに力尽きたのが残念。しかし、大分も新潟も柏も、

千葉以上に善戦が期待できそうなので、とにかく鹿島は勝ち続けましょ。

天皇杯・神戸:内田、岩政、興梠

リーグ・京都:マルキ、岩政    とフルメンバーで闘えない日々が続きますが、

残された2冠目指して頑張りましょ。

ホームで強い京都に、後半戦アウェイで無勝の鹿島、気は抜けません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »