« 2010年4月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年5月16日 (日)

今年も快勝!AWAY名古屋&出直しの一戦。

前半はやや名古屋ペースも、終了間際に野沢が先制!

後半開始早々の失点で、まさかの逆転負けがよぎるも、そこからは鹿島の試合。

やはり本山はレベルが違いました。フェリペも遠藤も足元にも及びません。

興梠・マルキの揃い踏みなんていつ以来でしょう。

審判の判定がやや不安定。

最後のマルキが切れたところ、

ボールがタッチラインを割っていないのスローインになったのをはじめてみました。

鹿島のFKかCK以外に選択肢ないはずなんですが・・・・。不思議です。

今シーズン内田のいない試合は2戦2勝。内田依存症からは脱却できてますね。

最後に勇姿を見れなったのは残念ですが、大きくなってまた帰ってきてください。

気持ちよく中断期間に入れますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

またもやACL獲れず。

今年は行っていなかった平日鹿島。

ベスト8への瞬間を見届けに、今年初参戦。

しかし、結果は・・・・・。

みんな気負い過ぎているのか?らしくないプレーの連発。

後半2つチャンスがあるも、ガブリエルが決めきれず。

ややブレーキ気味だったガブリエルに代わって入った遠藤は

さらにブレーキだったような・・・・。

チャンスになりそうで結局シュートにいたらなったのを除くと、

浦項のチャンスはあの得点シーン1回のみか。

しかし、それだけでしっかり勝つのは、さすが前回覇者。

内容的には惜しくもない、完敗だったのかも。

これで日本勢まさかの全滅。逆に東アジアは韓国のみ4チーム残り。

この差はいったい何なのだろうか・・・・。ここ一番のメンタルなのか?

代表に象徴されるように、日本サッカーの後退なのか。

しかし、結果は結果。悩んでも仕方がない。

前を向こう。これで移動による疲労は全チームがイーブン。

このままでは、来年は挑戦さえ出来ない。

まずはリーグで4連覇、そして久々にナビスコ、さらには天皇杯、

一番欲しいものは失ったけど、失いたくないものはたくさん残っている。

立ち止まらず、次の「史上初」見つけに行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

G大阪戦。

GWにG大阪とあって、すごい人でしたね。

浦和さんよりGサポの人数が少ないことを考えると、

開幕戦より鹿島応援者は多かったのではないでしょうか。

試合前、野菜をもらえる試合なんですが、今回は着が遅れ、何ももらえず。

噂では内田・伊野波・本山がいた超豪華ブースがあったとか。そりゃ込みますね。

肝心の試合ですが、内容的には鹿島の試合だったように思います。

前半ロスタイムに岩政のゴールで勝負ありかと。

17分にマルキが抜け出したシーンは諸事情で席を外していた為見てません。

ルーカスのシュートは危なかったみたいですが、そもそも枠に行ってません。

後半は逆サイドでの展開だったため、よくわかりません。

一度ゴール前で押し込まれたときに、新井場か誰かが弾き出したシーンと

得点シーンくらいしか怖い場面はなったような。ソガが弾いた瞬間は喜びましたが、

残念、それでもボールは枠の中。

今年はセットプレーが大きな武器になってますね。

後半も1本ドンぴしゃのジョンスヘッドがありましたが、

確かに岩政とジョンスを止めるのは大変ですね。

気を抜くと抜け目ないところに浩二もいますし。

ただ、ジョンスはなんか中途半端というか、致命的なミスが1試合に複数回あるのが・・・。

守備の安定感ならやはり伊野波ですね。攻撃力では全く勝てませんけど。

野沢のFKは一瞬GKが逆に動いてしまい勝負あり。コースは決して厳しくないので、

GKがソガであれだと、あれは止めてほしいな~と思うところですね。

しかし、全北戦に続いて野沢の「どや!」顔には笑いました。

他に昨日ので目に付いたこと。

・新井場さん走りますね。G大阪だから?前半左サイドのカバーしたときは、

 いつもの癖で左に来てしまったのかと思ってしまいました。

・相手のCKやFKのセットプレー時、守備で一番効いていたのは満男に見えました。

 守備も攻撃も等しい能力でこなせる日本人はやはり彼だけです。

・内田不在の試合でG大阪に勝てたのは大きい。内田抜きの試合は勝率激低。

 ジウトンはあまり守備では役に立っていない気がしますが、ボール持たせて

 前を向かせると確かに面白いですね。

 スペースはしっかり浩二が埋めてましたが、CBに伊野波がいないとちょっと不安。

・大岩さん骨折してるのに出場してくれてありがとう。ボールに触ったかさえ分からない

 位の超短時間出場でしたが、すごくうれしくなりました。

・扇屋はやはり扇屋でした。新井場のスローイン時、

イエロー出したくてしょうがないのでは?と疑ってました。

・バクスタ側副審の判定には確かにイライラでしたが、マルキのイエローもったいない

・前半の小笠原イエロー時、この試合で小笠原退場 → 次節出場停止

 → 最後のアピールの場なし → 評価できないから代表に選べない

という図式を協会側が描いているのでは?と疑ってしまいました。

岡田以外の代表スタッフは満男が必要と理解できている有識者と信じたいですが。

これで9試合終わって勝ち点18.いいペースなんですが、これで4位ってのもねえ・・・。

先は長いです、次もしっかり勝って気持ちよくR16へ望みましょう。

そういえば、昨日のヴァモス、R16の案内がありましたが、

「1位通過を信じて掲載」とありました。ってことは、火曜の段階で浦項2位通過決定後、

水曜の鹿島の試合を待たずに刷ったってことですよね?その心意気ナイス!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年7月 »