2010年4月 7日 (水)

興梠は疲れさせられただけ、日本代表戦。

弱すぎて、面白くなさすぎて、退屈すぎる代表戦。

ほとんど興味もなく、見ないつもりでしたが、興梠スタメンの報道で、急遽観戦。

しかしやはり弱い、弱すぎる。岡田がCBを育てなかったツケはここでも顕著に現れ、

結局第3CBは不在でW杯を迎えることが決定。

さらに、今日の試合は、状況を考えて、サブの選手の使い方を見極めたかったらしい。

と、なると、スーパーサブ枠を争っている興梠がスタメンの段階で人数あわせが決定。

案の定前半だけで退き、その瞬間自分が試合を見る理由もなくなりました。

適材適所、この言葉の意味を理解できない人には監督業は向かない、

そう改めて認識しただけの試合でした。

3連覇したチーム、しかもほとんど外国籍選手に頼ることなく3連覇したチームから、

代表は1人しか輩出されずに南アフリカが終わるようです。もったいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

よそ様のことですが、フッキで思うこと。

滅多に鹿島以外のエントリーは書かないのですが、ちょっと思ったことを。

どうやらフッキは東京Vに移籍で決定のようです。しかし、東京Vも5億って、お金ありますね。

J1に残留できるなら5億はきっと高くはない買い物なのでしょう。

さて、この件で、実は一番気になっているのは「フランシスマール」です。

去年、川崎に移籍しました。川崎は外国人選手獲得がうまく、

2位のチームがいい外国人を取ったら怖くなるなあ、なんて、

選手自身を見る前から思っていました。

ところが、PSMで全治半年の怪我をしてしまい、結局復帰後も満足に

試合に出れることなく、契約満了で退団となりました。

そして、今回、開幕直前に、東京Vが外国人枠が余っていたからだとおもいますが、

フランシスマールをテストの後獲得しました。

で、今回、東京Vがフッキを獲得したって事は、外国人選手が4人になる=1人は確実に

ベンチ外になる、ってことです。で、現在レアンドロ・ディエゴの2選手はスタメン、

フランシスマールは出場機会すら与えられていません。

ってとは、もれなく、フランシスマールは今年も東京Vにいる限り、

満足に試合に出れるシーズンを送ることは出来ない、ってことになります。

チャンスの与えられない助っ人は不憫でならないのですが、どうなりますでしょうか。

鹿島的には外国人枠が余ってっても、今のところ必要性はないし、

未対戦の川崎から対戦済みの東京Vへの移籍はラッキーなんですけどね。

フッキの東京V移籍、メディア情報も錯綜しているので、100%確実とまではいえません。

早ければ今日にも正式発表がありえるそうですが、どうなるでしょうか。

長々とよそ様のことを書きましたが、鹿島はしっかり調子の上がらない新潟を叩きましょう。

相性の決して良くないビッグスワンですが、今の鹿島には無関係でしょ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)